2016.08.28

59回目の地区体育祭を憂う

台風の影響で雨が心配される時期でしたが、思いのほか晴れ上がった天気のもと、59回目の相馬地区体育祭が行われました。
相馬村の時代は8月第1日曜日でしたが、合併後はねぷたに参加するようになったことで第3日曜日に変更となったのが、今年はその週末に東北ソフトボール大会で会場周辺が使用占拠されたことで、史上最も遅い開催となったわけです。
それだけであれば、少しりんごの収穫を遅らせてでも皆さん参加してくれたのでしょうが、それがちょうど中学校の文化祭とかち合ってしまっていて、中学生の出場はもちろんなく、保護者もそちらに行かなければならない役割の人もあって、例年になく寂しい体育祭でした。
thumb_IMG_3788_1024-2016-09-7-10-33.jpg

実は、今年先行して開催された地区ソフトボール大会も中学校の運動会とかち合っていて、体協の事務局長は平謝りに謝っていましたが、今回は地区16町会のうちこれまでの3町会から不参加が大幅に増えて、合同で参加したところを入れても10町会の参加にとどまり、本当にこのまま続けるべきかどうか考える危険水域に入っていると思います。

そもそも、地区体協の役員にしてもほとんどが還暦を過ぎた人ばかりで、若かりし頃からすでに30年近くは顔ぶれが変わっていないことで、小中との連携が薄れてしまっているのでしょうし、そういうお歴々に予定がかち合っていることを申し出るPTA世代が加わっていないのも問題です。
合併前は、「星の里マラソン」という家族で参加できるマラソン大会を主催するほど活発だった体協活動ですが、市の時代となって大会運営の補助金が削除されるとあっという間に大会がなくなるほど自主財源とやる気が欠けてしまっているにしても、他の地区とは違って合併前の名残で地区体協への補助金が続いているからこそ体育祭やソフトボール大会、そしてスキー大会が開催できているわけです。
これは、体協に限ったことではなく社協も同じことなのは前にふれたとおりですが、来年の記念となる60回大会を終えた時点で大会の継続と組織や補助金のあり方を見直すべきだと思っています。

思えば、私たちが10代だった頃の体育祭といえば、成人男子1500mで健脚を競ったり、最後は200×4=800mリレーで真剣勝負したりと、親睦以上に体育祭にふさわしい種目もあり、親睦の場面では昼から飲むのは当たり前で皆でホルモンをつついていたのが懐かしいですが、今ではそんな種目も煙の立つ場面もなく、昼には閉会式が行われて、反省会は町会に戻ってからという形になってしまいました。
小中学生からすれば、過疎とはいえ当時の人数が多かったこともあり、地区を代表して体育祭で走れるというのは誇りに思ったものですが、わが陸上クラブは出場したもののマラソン専門のクラブや野球チームは試合に行って不在というのも、体育祭のプライオリティが下がってしまっている現れです。
反省会でも、もっとみんなが参加してよかったと思える種目にしてほしいという声もありましたし、続けるにしても種目を再検討する必要があります。

ちなみに、わが昴町会は何とか人数をかき集めて棄権種目が少なかったことと女性陣の活躍で、準優勝というちょうどいい成績でしたので、楽しい反省会となりました。

2015.10.12

久々にラグビーに荒ぶる

戦前は、新国立競技場問題にからんで、そういえばラグビーのW杯もあるんだっけという感じだったのですが、名将エディー・ジョーンズが4年がかりで作り上げたチームは想像を超える強さで、24年ぶりの勝利を優勝候補・南アフリカから上げたのが奇跡とは呼べなくなるほどの快進撃をみせ、サモア・米国にも快勝し、3勝しながら決勝トーナメントに進出できない初めてのチームとなる「勲章」を得て、2015年のW杯を終えました。
1983年入学のワセダ生である私にとって、ラグビー伝統の早明・早慶戦はもちろん、大学選手権も準決勝決勝は必ず応援に行くほど好きだっただけに、今回の活躍とりわけ後輩・五郎丸選手の最後のインタビューでの涙にはもらい泣きしてしまうほど、のめりこんでしまいました。
本当に「JAPAN WAY」を掲げたエディーの残したものは大きいですし、選手の皆さんにもご苦労様ありがとうの思いでいっぱいです。

そのエディー・ジョーンズは今大会限りで退任することを表明しており、2019年のW杯は日本開催だけにぜひとも日本人監督で臨んでほしいと思いますが、最近では早実野球部の怪物・幸太郎選手の父の方が知られている清宮克幸ヤマハ発動機監督が名乗りを上げているだけに、個人的には実現してほしいと思っています。
ワセダの3年後輩になる清宮は、1年下に堀越・今泉・藤掛の1年トリオが入ったことで大学選手権優勝したチームを引っぱり、4年時には当時は大学と社会人の優勝チームの対戦で日本一を争った日本選手権で東芝府中を破って最後の大学から日本一のチームのキャプテン、その後低迷したチームを監督として復活させ、社会人チームでもサントリーそして現在のヤマハを日本一にした、日本を代表するラガーマンです。
顔や現役当時のプレーに似合わず理論的なチームづくりをすることでも知られていますが、清宮がサントリー退任後にチームを率いたのがエディーであり、その際チームを根本から見直したということですから、その意味では方針が水と油なのかも知れません。
それからすると、清宮の次のワセダ監督であり現在はU-20日本代表ヘッドコーチである中竹竜二の方がエディー流を引き継いでいくには適任なのだとインタビューからも受け取れます。
ただ、今回の戦術はあまりにサイドアタック一辺倒で10番=スタンドオフの存在感がまったくなく、得点した際にはやはりバックスのオープン攻撃が決め手だったことからしても、フィットネスの面では継承しても戦術としては往年のワセダそして日本代表の接近・展開・連続への回帰が見たいのがホンネだけに、個人的には清宮推しです。

いずれにしても、今までにないラグビーへの関心が高まったことで、日本でのW杯にはずみがつくことでしょうから、これからも私のラグビー熱も「荒ぶる」(ワセダラグビー部歌)一方になることでしょう。

2015.05.10

これでいいのか、スポーツ環境

小学校の陸上クラブのコーチをするようになって8年、4年前は人数も減って希望者がいなければやめるつもりだったところに4年生の女子2人からやりたいという申しこみがあって続けることになり、そこからメンバーが増える一方で今年も20名の子どもたちを預かることになっている以上、職を見つけるまでは役割を果たさなくてはなりません。

選挙とGWでなかなかトレができないままでしたが、今年初めての大会で改修を終えた運動公園陸上競技場に足を運びました。
外見がきれいになったのはわかりましたが、スタンドが大きくなったわけでもなくグラウンドが広くなったわけでもないばかりか、スタート用の機材の不具合で何度もやり直しになるようでは、全国規模の大会など誘致できるとは思えませんでした。
この改修では陸上競技場本体ばかりでなく、陸上関係者からすればサブトラック(サッカー・ラグビー関係者からすればフットボールグラウンド)の外周にフェンスが張りめぐらされて、これでは使いづらいなあと思っていましたら、当日はこんなスタンドもないところでブランデュー弘前のホームゲームが行われるということで、まったく使うわけにはいかない状況でした。
さらに、はるか夢球場でも試合があったせいで、駐車場では収まらなくなった自動車が次々と誘導されてきて、サブトラックどころか空きスペースでもウォーミングアップをさせることも難しい状況になってしまいました。
これだけでも競技に集中させるのが大変なのですが、ブランデューの試合開始が近づくにつれて音楽や鳴り物の音量が大きくなり、一番肝心なスタートに集中するのが困難な状況で、いくら小学生の大会とはいっても本当にかわいそうな決勝レースになってしまいました。(ちなみに、帰宅した時間帯に放映されていた陸上グランプリ大会では、スタート前に「シーッ」という音が放送されていたように、スタンドまで静かにして集中させる配慮がされていたくらいで、当然外からの音でじゃまされるなどということはあり得ません)
4月にも仙台への楽天戦観戦ツアーが行われるなど、プロ野球公式戦誘致が最優先で動いているようですが、スタンドの増築ばかりでなく駐車場の確保に問題があるのは以前からわかっていることですし、これだけ競技場が近接していては同時に大会を行うことは不可能というのが明白になった以上、まずはフットボールグラウンドを移転させてスペースを確保するところから検討すべきだと、改めて思いました。

これを議場でしっかりと論議できる立場であればと、後の祭りの思いが募ってしまいますが、ネットの場でも思ったことはしっかり発信して、市民の皆さんと考えることは続けていかなくてはと思っています。
議員という立場を再びめざすかどうかはともかく、市政の問題をただしていくことはやめるつもりはありません。それが政治にかかわるということですし、政治家としての矜持です。

2012.04.16

新生陸上クラブ、上々の2年目スタート

昨年の反省会では何人参加するものやらと不安になった陸上クラブですが、年度末からの募集に昨年の8名はもちろん、新たに7人も参加希望があり、今年度の進め方や予定を伝えるために説明会を行いました。
1組兄弟での参加があるので、15人の子どもと14人の保護者全員顔をそろえてくれ、説明に続いて連絡先の確認、保護者代表の選出もスムーズに進み、まさに上々のスタートとなりました。

これだけの陣容となったのは、昨年活動していた様子が下級生に楽しそうに見えていたこと、指導者の都合で19:00以降に週何日も練習するハードな条件より放課後の時間で終わる方が親子ともに楽であることが評価されたのだと思っています。
こちらも、勝つためにやるのではなく、楽しく元気にトレをして春先より0.01秒でも速くなるだけで十分という気持ちでやっていますので、自分の予定とレベルに合わせながら指導していくつもりです。

一つだけ問題なのは、先輩方が置いていってくれたスパイクでは足りない人数になっていますので、近隣の方で小学生サイズのスパイク譲ってくださる方がありましたら、ぜひお知らせいただきたいと思います。

2011.10.23

新生陸上クラブの1年に感謝

陸上クラブにとって、今年最後の大会となる弘前市秋季大会が終わりました。
参加人数が少ないことを差し引いても、今年初の優勝者も出ましたし、100mに出場した4年生7人中6人が自己ベストでしたので、トレーニングの成果を出してくれたと思います。

IMG_3694

昨年は3人という少人数でしたし、自分の子どもがかかわらないので申し込みがゼロであれば消滅でもと思っていたのですが、新4年生から当初は2人、すぐに2人の追加があり、女子4名でGW明けから活動をはじめました。
その後、5月に2人、6月から1人、夏休み明けにもう1人と男子4人が加わって総勢8人での活動となりましたが、今まで以上に元気に声を出し、小さい分私にからまってくるような接し方をする子どもたちを相手にすることができ、おかげでさまざまな不機嫌な思いを吹き飛ばしてくれるリフレッシュの時間を持つことになりました。
実際の指導では基本重視でけっこう厳しく叱ることもありましたが、それにもめげず逃げ出さずについてきてくれ、今日の大会では中学生の走りを見てフォームの乱れを指摘するほどでしたので、指導してきたかいがあったと思いました。

活動最後ということで、午後には雑草で覆われつつあるグラウンドコースの草取りを親子で行い、夕方からは反省会でにぎやかに語らいましたが、保護者の方々も積極的に協力してくれ、クラブの運営の方針を理解してくださっていましたので、こういう環境で新たな1年を過ごせたことに感謝しながら、来年度もかかわっていこうと思います。
ただ、「来年もやる人?」と聞いたところ、8人中2人しか手が上がりませんでしたので、どうなることやら。(笑)

2009.08.16

薄れゆく体育祭の意義

世界陸上の開幕とともに、52回目の相馬地区体育祭が開催されました。

IMG_3796


昨年度は不参加の地区がありましたが、今回は曲がりなりにも全地区参加となり、昼間でのうちに全競技を終えて、早々に集会所での反省会となりました。
ただ、体育祭自体も反省会にも参加するメンバーが少なく、夏まつりでも感じた地区としてのまとまりの希薄化がここでも表面化していましたが、体育祭全体を見渡しても、その傾向は程度の差こそあれ同じように感じますし、村民結集の場としての意義も薄れてきていると思います。

お隣の西目屋村では、小中学校の運動会に体育祭まで合同した形で村民全体が参加するイベントに集約しているのだそうですが、相馬地区においても昨年度からは小学校の学習発表会と文化祭とを統合した形にしているわけですし、住民が顔を合わせる体育祭こそ、そういった工夫が必要だと思います。

2009.07.11

ジュニアスポーツ講習会に参加

総合型地域スポーツクラブを標榜するNPO「スポネット弘前」が主催する、ジュニアスポーツ講習会に参加しました。

スポネットの活動については、リーダーである鹿内葵君との縁で知っているものの、これまで参加したことはなかったのですが、行ってみると武道館の剣道室には30名ほどの方が集まっていました。
午後の最初の講義は、弘大の戸塚学先生によるストレッチングの講義と実技で、ウォーミングアップやクーリングダウンに必要な知識、ストレッチングには4つの種類があって、いわゆるストレッチングはウォーミングアップ向きではないのでダイナミックストレッチングというのを取り入れるべきだということを聞き、日頃のトレーニングでの間違いに気づきました。
その後は、「ブラジル体操」と言われるプログラムなどを実際に行って、身体が思うように動かないのを痛感しながら、続いての大塚製薬・藤崎正樹さんによる水分補給の知識の講義を受けて、販促のおみやげをもらって終了となりました。

実際のプログラムは二日間で、午前中にはご縁のある県立保健大・三浦雅史先生のテーピング、翌日はスポネットの理事長でもある弘大・清水紀人先生の子どもへの指導法といった興味深いものがあったのですが、トレーニングや他の予定で全部参加できなかったのが残念です。
ただ、これを機会に地域のスポーツにかかわる者として、スポネットにも協力できたらと思っていますので、よろしく葵クン。

2009.06.14

地域がまとまる難しさ

衣替えして2回目の地区ソフトボール大会があり、今年もピッチャーだったのですが、昨年の優勝チーム・紙漉沢地区の猛打の前に10:00を待たずに昴地区の「夏」は終わりました。
あまりにも早い時間だったので、1時間おいてから反省会ということだったのですが、試合には顔を見せてくださった方でも参加しない方が多く、こぢんまりとしたものになりました。
準備のための体育委員会の際にも話になりましたが、行事に参加する人数が年々少なくなってきており、参加しない人の中には反省会など一部の人の無駄づかいといわんばかりの方までいるだけに、成績がふるわなかったこともあって、何とも肩身の狭い感じがしました。

一方、ソフトボール大会そのものも、野球場の予約が取れていなかったり、開会式予定時間になってもライン引きをしているような状況で、地区全体や参加者みんなで楽しもうという一体感が欠けていたような感じがします。
町会単位にしろ、相馬地区全体にしろ、どこか大事なまとまりが薄れてきている危機感を覚えています。

2009.05.17

今年初の大会で目を見張る

昨年に続いて陸上クラブの面倒を見ることになり、前週の3日しかトレーニングできないままに「交流陸上大会津軽南予選」に総勢9人で出場しました。
人数としては半減してしまい、またまた6年生がゼロという陣容だけに大きな期待はしていませんでしたが、市内の小学校の運動会とかち合う日程ということでもとより出場選手が少ないこともあり、9人中6名が入賞を果たし、県大会に進出することになりました。

中でも、4年生になって放課後野放しにしておくわけにいかないうちの坊主も無理やり加入させたのですが、組み合わせに恵まれて予選の組ではあろうことかトップでゴールを切り、決勝でも6位に入賞することができたので、ビックリしてしまいました。
本人は足が速くなったんだと言っていましたが、これまで運動会でもビリッけつだっただけに、こんな場面を大会で見ることができると思ってみませんでしたので、「一番なんて初めてだねえ」とほめたら、「スキーでは取ってるよ」と切り返してきたので、甘えん坊ながらも自分に自信を持てるものができてきた成長を感じました。

夕方には保護者をまじえての反省会で一日のねぎらいとこれからの団結を図りましたが、今年は陸上やスキーでならしたお父さん方が多く、少数精鋭でやっていけそうな感じなのに気をよくして、楽しい酒を飲むことができました。

2009.03.14

相馬ジュニアスキーの受賞を祝う

相馬の小学生ジュニアスキーチームが何と文部科学大臣表彰を受けたので、その受賞祝賀会が挙行されました。
我が家は、ちょうど長女は中学進学で坊主はその下の「スーパーチビッコ」なので、現役ではない分お手伝いができませんでしたので、当日の受付やら会場設営で協力しました。

故斎藤馨さんや石岡広治さんといった草創期のコーチが指導しはじめた頃は小学生が外の大会に出るのは県大会と岩木山選抜のみで、私が中学校でスキー部に入ったあたりから小学校も一緒に合宿したりいくつも大会に出るようになったと記憶していますが、当時は小中合同で西目屋・青柳も一緒に動く大所帯での活動でした。
その後、専任でコーチにあたってくれた石岡千春さんやジュニアをずっと指導してきた山内新衛コーチを中心に30年を超える活動が続いてきたのが受賞の理由となったのですが、今年度の代表は奇しくもチーム出身者ではオリンピック3大会出場という最高の成績を残した石岡拓也なのも、何かのめぐり合わせだと思います。
会場には、多くのスキー関係者やチームのOB・家族が集まり、思い出話に花が咲きましたし、途中では唯一全中優勝を果たして現在は斎藤春香監督の下ソフトボール日本代表をめざしている溝江香澄のビデオレターも流れて、会場を沸かせていました。

片付けが終わってからの打ち上げも含めてしたたか飲みましたが、相馬のスキーに育ててもらったこととそこで得た人のつながりに感謝の一夜でした。

より以前の記事一覧

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ