2015.10.04

私たちの図書館戦争

おととい軽い気持ちで流したツイートが、何と何と90を超えるRT=リツイートに20近い「お気に入り」してもらっています。
内容としては、ツタヤが図書館を指定管理している武雄市や海老名市で問題がおきているのにひきかえ、千代田区では日比谷図書文化館をはじめ充実した展開をしているという記事を引きながら、その指定管理JVの一翼を担っているTRC図書館流通センターが同じく指定管理している岩手県立図書館を紹介しつつ、指定管理そのものではなく事業者の質が問題なのだとまとめたのですが、きっと最初にRTした中に影響力のある人がいたことで次々と広がっているのだと思います。
柳の下のどじょうをねらうわけではありませんが、この機会と映画「図書館戦争」上映にあわせて図書館についての見聞や思いを改めてまとめておきます。

私自身は図書館をほとんど使わず本は買うものと思っている人間のですが、文化の拠点としての図書館という存在の大きさは了解していまして、市議時代に仲間と図書館弾丸ツアーをしたり、岩手県立図書館に移ってこられた図書館革命の父といってもいい小林是綱さんから学ぶ機会をいただいたり、当時は全国一の貸出件数を誇った浦安市立図書館も文化館の前身である日比谷図書館も見学したことがあります。
浦安市立図書館のように、自治体直営であっても館長が図書館法よりも地方自治法に重きを置いて住民福祉の向上を掲げて運営するだけでも全然違うのを実感しましたが、日本初の指定管理による図書館である山中湖情報創造館で、これまた日本初の自動貸出やビデオ貸出を小林是綱さんとの知己を得て、行政の枠を超えた取り組みをできるのが専門家による指定管理なのだと得心してしまいました。
それからすれば、我田引水な蔵書管理やスタバ併設といった図書館本来の機能とは違うことばかりが目立つ武雄市立図書館には疑問を感じていましたが、その後に貴重な近世資料を放り出してしまったことやブックオフでも買い取らないような本を選書するインチキばかりが伝わりますし、それが海老名市や小牧市でも市民から反対が起きることにつながっています。
これを推進した武雄市・樋渡前市長には以前から注目し震災支援では共鳴することもあったのですが、この件ではビジネス感覚のみを優先し目立てばいいというやり方には違和感を感じていましたので、これ以上追随する自治体が増えないことを願うばかりです。

先日は桶川市で老舗書店・丸善が運営する図書館・大型書店併設施設もオープンしたようですし、これからも指定管理ばかりでなく単一機能としての図書館ではない施設が増えてくるのだろうと思いますが、民間のよさをどこに生かしていくのかが、これからますます重要になってくるのだと思います。
それだけに、住民の図書館に対する思い入れや先進事例や失敗策の知識が必要ですし、よい図書館をつくっていく私たちの図書館戦争はこれからも続いていくはずです。

2011.11.02

Think Different, Stay Foolish

スティーブ・ジョブズが亡くなって1ヶ月、公式伝記が先週のⅠ巻に続いてⅡ巻が昨日発売されたので、さっそく電子書籍で購入して両巻とも読了しました。
ジョブズ不在の1994年にMacを使いはじめて以来、ほとんどの製品とサービスを自分で試したきたApple信者として、そしてジョブズの生き方に心酔してきた者として、この機会に記しておきたいと思います。

Appleというコンピュータがあると気づいたのは、PowerBookのTVCMを見た時でした。当時は東京のKFCで働き、東芝のMS-DOSで動く初代DynaBookを使っていたのですが、あまりの違いに驚き、次はこれを使おうと心に決めました。
帰去来してから城東学園に勤め、教務作業用にワープロではなくパソコンを導入することになり、まだWindowsが3.1の時代でしたので周りを言いくるめてデスクトップのPerformaとモノクロ画面のPowerBook520を入れて、PBを自分用にしていたのが最初です。
その後、私物としてPowerBook5300CS、長慶苑設立の事務がはじまった自宅にもPerformaを入れ、それから一番小さい2400cからBook遍歴は続き7台目を使っていますし、復帰したジョブズに封印されたNewtonからPDAを使いはじめ、最初はバックアップ用としてiPodを買い、iPhoneが出るのを待ちわび、議会で使うという理由をつけてiPadを入手したばかりでなく、長慶苑でも自宅でも周りにあるほとんどはMacというほど、Appleに囲まれた生活をしてきました。
当時はジョブズ不在だったのですが、本人が言うほどヒドくはなかったしWindows以上には魅力ある者だと思ったからこそAppleを使ったのですが、創立者であるジョブズ復帰はうれしかったですし、その最初の製品としてボンダイブルーで半透明のiMacが出た時の興奮は忘れられません。

その当時、Appleは"Think Different"という広告で、Windowsとは違うことを強調するキャンペーンをしていました。なぜAppleを使うのか、というのを説明するには最高のフレーズです。
その広告には、それを体現して生きたアインシュタインやエジソン、モハメド・アリやジョン・レノンらが使われていましたが、今考えると一番そのとおりなのはジョブズ本人だと思います。
また、ジョブズはプレゼンテーションの名手として知られていますが、それを超える伝説的なスピーチをスタンフォード大学の卒業式でしたのも有名で、"Stay Hungry, Stay Foolish"というすばらしい言葉を残しています。
今回の伝記で、Thinkの方は広告代理店の発案であり、Stayは先達の残した言葉だというのがわかり驚きましたが、他人のアイデアをけなしておきながら後日自分が考えたように披露するのが日常茶飯事であったというジョブズらしいエピソードですし、その言葉をまさに自らの骨肉にした生き方であったと思います。

Think Different, Stay Foolish/「他人と違うことを考えよ、そして愚直であれ」、この二つの言葉は、以前から私にとっても至高のものでしたし、そのように生きたいと思ってきました。
その根本となる姿勢ばかりでなく、自ら創ったAppleを一度は追われ、次のNeXTも失敗しながらもあきらめず、瀕死のAppleに復帰してから奇跡の回復というより史上最高の会社に立て直すという生きざまは、今は長慶苑を離れて市議の職を失っている私にとっては、まさに手本とすべきものです。
ジョブズにとってのPixarが私にとっての弘前市であり、Appleというべき相馬が一番の地域であるように力を尽くすことこそ、ジョブズが死の瀬戸際までAppleを思っていたことから学ぶべきことです。
もう一つ、ジョブズは公式伝記を書いてもらったのは子どもたちに真実を伝えるためだったそうですが、親が落選し無職ということで辛い思いをさせている我が子たちのことを思うと、私もこの逆境を超えていかなければと思いますし、いつか何を信じて何のためにあがいていたのかを理解してもらえる機会を作りたいと思います。

この伝記は、もうすぐ47歳という節目を迎えるにあたって思いを披瀝し、そして自分のライフスタイルを作ってくれたスティーブ・ジョブズの死を受けとめる貴重な機会になりました。
ジョブズのように最後に一つ、この伝記はiPadで読むべきです。

2010.05.28

Facebook騒動で見えるギャップ

厚生常任委員会視察の最中に、登録している世界最大のSNSサービスFacsebookでGMailを持っているユーザーと友だちになろうと思っていじっていたところ、誤ってメールでやりとりできるアドレスブック全員宛に招待メールを送ってしまいました。
唐突な招待にもかかわらず、30名以上の知己ある方々が文句も言わず関心を持って登録してくださったのは本当にありがたいことだと思っていますし、この機会に興味を持った方にもこちらから閲覧の上参加していただきたいと思います。
Facebook

ところで、これが長慶苑の職員にもいってしまったのですが、怪しいサイトへの案内ではないかと疑心暗鬼になったり、そもそも関心もひかないようで、こちらからは1件も登録がありません。
ツイッターにしてもそうですが、ネットに強いわけでなくても一般の仕事の方は使いこなしていたり関心を持っているのですが、職員だけでなく介護の現場の住人は反応していない感じを受けていまして、iPad発売のエポックメイキングな日に懸念を表明しておきたいと思います。

2007.12.02

子どものネット環境の危うさ

「青森県ふるさとづくりプラットフォーム機構」が主催する「北41°ふるさとづくりフォーラム」に、群馬大学の下田博次さんが講師としてお越しになるというので、足を運びました。

下田さんは、大学で教壇に立つかたわら、NPO「青少年メディア研究協会」を立ち上げ、ネット上でも「ねちずん村」という子どもを取り巻くネット環境について活動に取り組んでいる方です。
そもそも知り合ったのは、下田さんがジャーナリスト時代に江戸時代の紀行家・菅江真澄の取材を通して岩木山に惚れこみ、麓に居を構えていた頃にうちの父と知り合って、我が家にも遊びに来てくださったご縁からですが、十数年前からインターネットやNPOという新しい存在に対して一家言を持つ稀有な存在を再流出させたのは、まさに青森県にとっての損失だと思える活躍をされています。
何年ぶりかで再会できるのを楽しみにしていたのですが、体調を崩されたということで来青できなくなり、替わりに下田研究室の教え子だという、研究員の加藤千枝さんの基調講演となったというので、本当に残念に思いました。

ただ講演を通じて、子どもを取り巻くネット環境の危うさを学校裏サイト・プロフ、さらにはケータイでしかアクセスできないモバゲータウンを例に引いて紹介し、それがいじめや性犯罪につながる可能性の高さを実際のやりとりや画像によって見せつけられると、ネットやケータイが簡単に与えられてしまっている現実の空恐ろしさを理解できました。
うちの小6の娘も、ネット上にBlogを開設し、子ども向けのSNS=ソーシャル・ネットワーク・サービスでネット上の友だちを見つけては楽しんでいますが、親としてはもう少しキッズセーフな利用に気を配る必要がありますし、日増しに強まるケータイがほしいという欲求にも、きちんと対応していかなくてはなりません。

「ねちずん村」には、それに関する情報がつまっていますので、同じ不安や悩みを持っている方にはぜひ訪問してほしいと思いますし、私も教材セットを買うとともに早いうちに下田さんのところを訪ねて、何をしていくべきかを学んできたいと思っています。

2005.12.24

ヒアリング前にハプニング

上京したのにはもう一つ理由がありまして、仙台にある東北運輸局での移送サービスヒアリングで試験があるため、それに使う『自動車六法』を手に入れるためでした。
本来であれば、申請手続きのためにももっと前に購入してあって然るべきものなのですが、さまざまなことの一番最後に回してしまってきたため、全く付け焼き刃になってしまいました。

事前に最小限の法令はネットでダウンロードしていたのですが、やはり書籍がいると思い、在庫があって首都圏の最寄り駅で受け取りができるというので、18日の早朝あるサイトでで注文しておいたのです。
ところが、最終便で到着して宿泊先の駅にあるコンビニに受け取りに行ったところ、連絡がないというので、コールセンターに電話してみると、要領を得ない対応でしたので、明日仙台に向かうまでに手に入るよう強く求めましたが、結局その夜はコピーで勉強する羽目になりました。

最終的には出発前に書籍を手にすることができ、試験そのものも心配するほどのことがなかっただけに事なきを得ましたが、やっぱり用意周到でなければならないと反省しながらも、誤解を招く表示や対応に腹を立てずにはいられないできごとでした。

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ