2017.03.19

町会長として最後の1年に向き合う

多数の会員が参加してくれた昴町会の総会が行われ、無事に全議案を承認していただきました。
何といっても、今回の総会には役員の任期制限と社協負担金2100円を任意徴収とする年会費減額という二大案件をかけただけに、終わってからの懇親会では早々に酔いつぶれてしまったようで、迷惑をかけたろうと反省しています。

まず、任期制限の件ですが、任期を最長で3期6年とするもので、私自身が3期目ですので、これで残り1年で御役御免となります。
これにはとりたてて質問や意見が出なかったのは拍子抜けでしたが、何はともあれこれで長々と役にとどまることはなくなるわけで、ようやく全員参加の町会運営という方向性にルールを定めることができたのでホッとしています。
もう一つの社協負担金については、社協の助け合い会費・赤い羽根・歳末助け合い・赤十字4つで2100円を毎戸から強制徴収してきたのですが、新年度からは賛同する世帯からのみいただく形に改めるもので、皆さんから次々と質問や意見が飛び出しましたが、最終的には採決で圧倒的に賛成をしてもらって、可決となりました。
これをもって、4月末の地区社協の運営推進会議に臨むことになりますが、旧市内では300円の助け合い会費ですら任意だと聞いていますので、合併時の不平等を解消するために、まずは昴が立ち上がるというわけです。
この二つには自分の進退をかけるつもりで臨んでいましたが、通していただけると信じてよかったと思っています。

ところで、事業計画をまとめるにあたって、毎年何か一つをマニフェストとして掲げているのですが、今年はちょうど町会ができて20年という節目の年にあたりますので、市の「まちづくり1%システム」を活用して、町会として記念行事を開催するとしました。
以前も集会所開放事業で使った1%システムですが、今回は開設当初から深くかかわっている弘大・北原啓司先生の記念講演と町会の未来を考えるワークショップを開催することをもくろんでいます。
町会としての大きな行事でもありますし、町会長としての最後の仕事になりますので、4月になってから北原先生に相談に上がろうと思っています。

何はともあれ、町会長としての最後の1年、全力でがんばろうと思います。

2016.03.23

町会長、3期目のマニフェスト

春分の日、昴町会では総会が行われ、私は3期目の町会長の役割を仰せつかりました。
実際のところは、1月に8班から順送りで選出される理事の方々からの推挙で内諾しており、総会では承認をいただくという型どおりの流れではありましたが、今回の総会に行事不参加の人への事業負担金を創設し、また今期のマニフェストとして役員の任期制限を打ち出しているだけに、反対されてもやむなしの思いで臨みましたが、何とか杞憂に終わり、楽しい懇親の酒席となりました。
thumb_IMG_2918_1024-2016-03-23-16-18.jpg

事業負担金のことはさておき、任期制限は3期以上の再任を認めないとするもので、当然私は今期で最後となります。
これまでの2期4年の間、理事として何期も続けてこられてきた方々に支えられてきたのは事実ですし、そのおかげで前向きな町会運営をしてこられたことには感謝の一文字しかありませんが、特定の人が役員を占め続けることで増させておけば大丈夫、さらには勝手にやっていればという冷めた考えに至っている町会員も出てきており、これを変えていくにはまずは自分たちが退くのが何より早いという気持ちで打ち出しました。
これを、これからの一年で議論し、来年の総会には提案したいと思っています。

思えば、施設時代には施設長を退くにあたって「権腐十年」をうたいましたが、実際にはその後も院政を敷く体制でしたし、プロ議員としての3期で引退という提案は自ら落選して日の目を見ることもない形に終わっただけに、今回の任期制限が実現し、ねらった成果を引き出してくれることを願っています。
そういえば、地区老施協では2期4年で退任として自ら従ったものの、後任の会長はいまだにその役を続けているほど権力の魔力にはあがなえないものだと思いますが、政治という場においてはマニフェストを実現できたら退場するとか、何期以上はやるべきでないと考えるとか、出処進退を自ら厳しく律すべきだというのは、改めて言うべきことではありません。
そのけじめを、町会という場で実現するのが、私のあり方です。

2015.03.25

それでも集会所開放の花は咲く

市のまちづくり%システムに採択されて取り組んできた「昴集会所協働開放事業」ですが、10月から月1回の開催で今回が最終回となりました。
雪が降るまでの時期は、外で遊んでいる子どもたちも巻きこんで進めることができたのですが、その公園部分が雪におおわれてしまうと子どもたちばかりでなく町会の大人たちの足も遠のき、失速した流れの中で3月はマンドリンの古川里美さんとギターの今井正治さんの名コンビによる演奏を楽しんでいただきました。thumb_IMG_2201_1024-2015-03-25-17-00_1.jpg


幅広いレパートリーを演奏していただいてアンコールとなりましたが、当日のハプニングと主催者権限をもって私からのリクエストで準備していなかった復興支援ソング「花は咲く」をやってもらいました。
それでも、さすがのお二人だけに見事に弾いてくださり、参加した皆さんからも歌声があふれて、本当に心温まるフィナーレとなりました。

この「花は咲く」には、震災支援にかかわってきた者としての思いもありますが、一昨年8.11に野田村でのLIGHT UP NIPPONの際に、ゲストで呼ばれていた佐藤ぶん太、が花火を楽しみに同行していた古川さんに無茶振りして共演した思い出の曲で、前日のこともあっただけに私まで無茶振りしてしまいました。
それだけでなく、今回は成功できなかった集会所開放事業を、新年度は町会の財政という問題もあり、継続していくことを断念せざるを得ない状況ではあるのですが、それだけにいつの日かきっと成功をという花を咲かせたいという思いがリクエストになったのでした。

市の財産であるだけに、昴町会ばかりでなく市民のためにもっと活用しなければならない昴集会所、必ずや毎日のようににぎやかな場となるよう、工夫していきたいと思います。

2015.03.22

町会長4年目へのスタート

昴町会の総会が行われ、町会長として4年目のスタートを切ることができました。

引っ越してきた頃の総会は議論白熱で時間がかかり驚いたものですが、近年のスムーズな進行から一転、今回は久々に2時間がかりとなりました。
焦点となったのは、町会活動に参加しない人へのペナルティとして課徴金を徴収するかどうかということで、今回の総会で決めるのではなく新年度の理事会で話し合うための前提として、町会員から意見を聴く時間を取るつもりだったのですが、議案審議のところでも雪下ろしにからめて発言する人もあり、その後の意見交換でも議論百出でした。
年いってきたのですべての活動にはなかなか参加できないし年金生活者からさらに徴収するというのは厳しい、共稼ぎで参加できないことも多く心苦しいので払って済むなら助かる、以前の総会でもテーマとなり徴収しないことに決めたはずなので蒸し返すのはおかしいなどなど、それぞれの立場からの声を聴くことができました。
それでも全員の意見を把握したわけではないので、提案もあったアンケートを実施することを約束しましたが、もう一つ出された街灯を防犯灯タイプに更新するかどうかもアンケート実施してほしいという意見に対しては、街灯のランプそのものが入手困難になってきていること、昨年頻発した不法侵入や放火といった犯罪を防ぐためにも必要なことだとして市への要望を続けることを明言しました。

それから、経費節減には努めているものの、市と折半している融雪溝の電気料値上げが直撃して、繰越金や新年度の予備費がカツカツの状況になっているだけに、新たな財源確保を検討していく必要もあり、新年度の町会長マニフェストとしては2015年度の繰越金を15万円まで持っていくことを掲げました。
この件でも、子ども会への補助が大きすぎるのではないかという意見もありましたが、子どもの人数が減っている分保護者にかかる負担も大きくなるだけに、町会として子どもを大事にする姿勢を示すためにも、ここだけは譲れないと答えておきました。

懇親会に移ってからもこれらのことは話題に上りましたが、なぜ議論の場を作ったのか理解しているという声や、よく冷静に進めたとほめてくださる人もいて、おかげで酔いが早く回ってしまいましたが、過去の経緯は参考にしつつ全員参加の町会運営を進めていくにはどうしたらいいかを考えていこうと思います。
それだけに町会長としての責任は重く、総会にも全力で臨んだせいで、すっかり市議選での支援のお願いをすることも忘れてしまいました。(笑)

2014.09.10

町会を自ら守る

先月以来、実は昴町会で連続8件の不法侵入事件が起きています。
未遂で終わった件もあり、入った場合も金品を狙うのでもない犯行だけに、何が目的なのかも見当がつかず、町会内での不安が募る一方でしたので、理事会で話し合って一部の方から声が上がっていた自警団を組織することにしました。
役員や言い出しっぺの方ばかりでなく集まってくださり、さらに今夜は無理でも協力したいという人を合わせると10名を超える形で自警団を結成することができ、今後の進め方など話し合ってからブロックごとでの巡回となりました。
町会では通常の活動に加えて、集会所の開放に取り組んだり、今週末の連休にはアメリカシロヒトリの駆除でも動いてもらうことになっていますが、さすがにこれだけの事件が発生したことがない中で、町会の安全を自ら守るという思いが共有できての夜間の活動だけに、本当に心強くうれしく思います。

ところで、事件発生や自警団結成について明らかにしたのは、自警団が犯人発見をめざすのではなく町会としての活動が次の犯罪を防ぐ効果となることをめざしているだけに、公表することでの抑止を図ったからです。
いずれにしても、これだけ昴町会を標的にした犯人であれば、このBlogまでもウォッチしていると思いますので、とにかくやめてもらって自らの犯罪を反省し、できれば自首してほしいという町会の思いを厳粛に受けとめてほしいと思います。

2014.07.31

子どもたちが1%システムへの道をひらいた!

ひろさきアフタースクールの協力をいただいて取り組んできた集会所の開放ですが、1回目はまだしても2回目は町会からの参加者が2名、子どもにいたってはゼロという状況が理事会で問題となり、趣旨は理解できても笛吹けど踊らずでは町会として取り組む必要があるのかという厳しい意見が出されました。
町会とは町会長の独占物ではありませんし、ここが民主主義のスタート地点と言ってきた立場としては重く受けとめなければならない苦言ですので、ここが踏ん張りどころと毎戸配布の町会広報紙、直前の週には回覧、さらに前日の子ども会行事の終わりにあわせて子ども向けのチラシ配布と告知に力を入れたのが功を奏したのか、それとも夏休みの午後という時間なら当然のことだったのか、何はともあれ20人以上の2歳から高校1年までの子どもたちで集会所は大にぎわいになりました。

IMG_1909

そんな喧噪の中で、阿部理佳子さんによる中国茶を楽しんだり、英語の須田まきさんは子どもたち以上のパワーで楽しませたり、サポーター役の大学生が一緒になって土足で走り回ったので一緒にぞうきんがけさせたり、ともかくにぎやかな午後でした。
これだけの人数が集まったことが報告できれば、下半期の開放継続とまちづくり1%システムへの事業申請も了解を得られるものと思いますが、町内外関係なく遊んでいる子どもたちを見ていると自然に笑顔になりますし、この子たちがひらいてくれた可能性をさらにひろげる事業提案をしなければと思ったところです。

毎回足を運んでくださる大人側からも、コミュニティカフェのような取り組みができればという声も出ていますし、継続していく中でさらなる可能性が生まれてくるでしょうし、私の独りよがりではない活動になっていく気運も高まると期待しています。
昴のまち育てプロジェクトは、いよいよこれから本番です。

2014.07.22

昴町会にとどまらない雪対策問題

先日、昴町会の融雪溝問題については別のBlogでふれましたが、ほとんどの町会員からの賛同と署名が集まりましたので、本日相馬総合支所を通じて葛西市長宛の要望書を提出しました。
内容は、下記のとおりです。

--
昴町会の雪対策についての要望書

盛夏の候、市長はじめ市職員の皆様におかれましては、ますます業務に精励されていらっしゃることとお慶び申し上げます。
さて標記の件ですが、昴町会の融雪溝は旧相馬村が分譲した際に融雪溝完備を売り物の一つとし、合併直前の村と町会の施設管理協定書において、「住民の努力、負担では不可能と判断される大規模な修繕等」は村つまり現在では市が負担することとされております。
また、葛西市政となって策定推進されたアクションプラン2013における「エボリューション3」の一つとして雪対策日本一が掲げられたとおり、市政にとってもそして市民にとっても雪対策が向上することは共通の目標であり理想であります。
それにもかかわらず、先日道路維持課から示された案は、融雪溝の井戸の改修をあきらめ農業用水を水源とするもので、町会役員および会長経験者との話し合いにおいても水温の低下による作業効率の低下ばかりでなく分譲当初の約束を破るものとの意見が相次ぎました。
課側の説明は最終的に、他の地区より恵まれているから我慢してほしい、財政難を理解してほしいとの言い逃れとなっていましたが、雪対策日本一というからには恵まれた地区に他の地区の水準を引き上げるのが当然ですし、当町会の地形や融雪溝としての設計からしても水温が下がることは作業効率の低下ばかりでなく凍結による冠水も懸念されます。
これまでも業者委託の除排雪が不十分で、以前から相馬地区直営除雪隊への変更を求めているところですが、それが聞き届けられないままでの改悪を受け入れるわけにはまいりません。
つきましては、町会員の署名を添えて下記のことを要望いたしますので、部課において再検討していただくとともに、「対話と創造」を旨とする葛西市長におかれましては町会との話し合いにご臨席くださるとともに、今回の対応から新たな雪対策を創造される足がかりとしてくださるよう、何とぞよろしくお願い申し上げます。

要望事項
• 昴町会の融雪溝の機能が維持されるよう井戸の改修を早急に行うとともに、不備が生じないよう業者による定期点検を行う体制にしてください。
• 融雪溝だけでは処理できない雪環境ですので、相馬地区直営除雪隊による手厚い除排雪体制に組みこんでください。
• 町会の切実な声を受けとめる機会として、今後の話し合いに葛西市長のご臨席を求めます。これについては、8/8(金)までに文書での回答を求めます。
--

改めて要望の趣旨を述べますと、仮に弘前市が財政難にあえいでいて全分野にわたって緊縮財政を取っているのであれば町会の皆さんも我慢したと思うのですが、昨年度のアクションプランで三大重要性政策と位置づけられていた雪対策で現状より悪くなるというのは納得できる話でありませんし、ましてや相馬村時代の分譲の売り物の一つが融雪溝完備であったわけですから、これを守ってくれというのは当然のことです。

加えて私からすれば、マニフェストで「対話と創造」を掲げた葛西市長ではありますが、ゴルフ場問題では相反する考え方の団体とはいえ市民ネットワークからの再三にわたる意見交換の呼びかけを無視していますし、旧ジョッパル再生に関しても先に動いた佐藤泰さんの声はまったく聞き届けずに商工会議所や弘果という自らの支持母体の立場に沿って動くという二つの自己否定的な行動が目につくだけに、一町会のワガママとしてうっちゃってしまうのかどうか、厳しく臨みます。
皆さんにも、この件を見届けていただくために、情報発信を続けるつもりです。

2014.07.09

2回目は大人のアフタースクール

先月に続いて2回目の集会所開放日でしたが、今回はマンドリン奏者であり図書館司書、野田村でもお世話になってきた古川里美さんに足を運んでもらって、マンドリン演奏ばかりでなく楽器にふれてもらう体験、さらに町会から集めた本で図書コーナーをリニューアルしてもらうという欲張りなプランで行いました。

IMG_1741

協力していただいているひろさきアフタースクールでも、卓球の元世界チャンピオン河野満さんのライバルだった石井先生を連れてきてくださり、ちょうど小学校の卓球クラブに入っている子どもたちに基礎からやさしく指導してくださいました。
最後に、古川さんとギターの今井正治さんによる演奏をみんなで楽しみましたが、マンドリン部とアフタースクールに協力しているボランティアセンター、それに北原ゼミと違う立場の弘大生とともに、優雅な演奏を堪能させていただきました。

IMG_1753

町会からの参加は二人と少なく、本の寄贈も1件だけだったのですが、石井先生も町会のまちづくりに感心していらしたように、外の方に訪問してもらうことで町会のよさを再確認することができますし、この場で新しい出会いが生まれていくのは、本来のアフタースクールや集会所の開放で考えていたものとは違う効果を生み出すチャンスがあると思わせてくれました。
ある意味では大人のためのアフタースクールでしたが、第3期まちづくり1%システムへの応募に向けてアイデアを練り直したいと思います。

2014.06.11

すばるアフタースクール、スタート

「まち育てプロジェクト」を実現させる、が今年度の町会長マニフェストですが、その第一歩として集会所の開放を試行しました。

これに関しては、町会だけで取り組むことへの心配も聞かれていましたので、2月にやすらぎ館での講演会を行った境江利子さんのアフタースクールに協力をいただくことにして、初回には市民先生の一人である須藤まきさんによる英語教室を組みこむ形で案内準備を進めてきました。
最初は、メインターゲットの小学生が開いているけど入っていいものかどうかという感じでしたが、一人やってきて仲間に声をかけてきてからは数人がピアノを一緒に弾いたり中で走り回ったりと、プロジェクトで提言した北原ゼミの学生もまじえてにぎやかになりました。

IMG_1660

見守る立場の大人も何人も顔を出してくれ、境さんと北原ゼミの高森さんがここで初顔合わせを果たす副産物もありましたし、まずは上々のスタートとなったと思います。
来月そして夏休みと工夫を重ねた上で、下半期からは定例化させていけるように準備を進めていきたいと思います。

2014.03.30

まち育て報告会からのスタート

10月の北原啓司先生による講演会からスタートした「昴まち育てプロジェクト」ですが、11月に2回のワークショップ、12月には子ども会クリスマス会にあわせてのインタビューを行い、そこで出された意見をもとに北原ゼミの学生が提言をまとめて、まとめの報告会となりました。

IMG_1449

今回は北原先生も聞く立場に回って、ゼミのリーダーである高森えりかさんがプレゼンする形でしたが、これまでの流れやそこで気づいたことをしっかりとまとめ、その上で3つの提言をしてくれましたが、コンパクトにまとめられた報告書ともどもすばらしいできでした。
中でも、「集会所を放課後の遊び場として開放する」という提言は、クリスマス会の際に参加して言い多少学生からの「ここは集会所で公民館じゃない」という声を受けてのものだけに、行事のある時だけ開けるのではなく、大人が見守り役や自分の趣味特技を生かした教室を開催するといった形で、平日の夕方や土日に自由に出入りできるようにするというのは、一番光る提案でした。
報告後の意見交換でも、これにからめて町会スタート時点でも開放の話し合いがされたものの実現できなかったことや、実現する上で大きな役割を果たしてもらうことになる「月曜会」(老人クラブ)の前向きな発言などもあり、少ない人数ながらも次につながる場であったと思います。

23日には総会で次期会長を承認されたところですが、その際にも町会長マニフェスト2014として「まち育てプロジェクトの提言を最低一つは実現させる」と掲げていますので、理事会や各委員会そして町会の皆さんばかりでなく北原ゼミや市民有志の力も借りて、集会所の開放を実現させたいと思います。

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ