2017.03.19

町会長として最後の1年に向き合う

多数の会員が参加してくれた昴町会の総会が行われ、無事に全議案を承認していただきました。
何といっても、今回の総会には役員の任期制限と社協負担金2100円を任意徴収とする年会費減額という二大案件をかけただけに、終わってからの懇親会では早々に酔いつぶれてしまったようで、迷惑をかけたろうと反省しています。

まず、任期制限の件ですが、任期を最長で3期6年とするもので、私自身が3期目ですので、これで残り1年で御役御免となります。
これにはとりたてて質問や意見が出なかったのは拍子抜けでしたが、何はともあれこれで長々と役にとどまることはなくなるわけで、ようやく全員参加の町会運営という方向性にルールを定めることができたのでホッとしています。
もう一つの社協負担金については、社協の助け合い会費・赤い羽根・歳末助け合い・赤十字4つで2100円を毎戸から強制徴収してきたのですが、新年度からは賛同する世帯からのみいただく形に改めるもので、皆さんから次々と質問や意見が飛び出しましたが、最終的には採決で圧倒的に賛成をしてもらって、可決となりました。
これをもって、4月末の地区社協の運営推進会議に臨むことになりますが、旧市内では300円の助け合い会費ですら任意だと聞いていますので、合併時の不平等を解消するために、まずは昴が立ち上がるというわけです。
この二つには自分の進退をかけるつもりで臨んでいましたが、通していただけると信じてよかったと思っています。

ところで、事業計画をまとめるにあたって、毎年何か一つをマニフェストとして掲げているのですが、今年はちょうど町会ができて20年という節目の年にあたりますので、市の「まちづくり1%システム」を活用して、町会として記念行事を開催するとしました。
以前も集会所開放事業で使った1%システムですが、今回は開設当初から深くかかわっている弘大・北原啓司先生の記念講演と町会の未来を考えるワークショップを開催することをもくろんでいます。
町会としての大きな行事でもありますし、町会長としての最後の仕事になりますので、4月になってから北原先生に相談に上がろうと思っています。

何はともあれ、町会長としての最後の1年、全力でがんばろうと思います。

2016.05.29

棟方志功サミットでの再会

先日、青森市内を歩いていたら、創立10周年を記念して「森羅万象・棟方志功展」を開催している青森県立美術館で29日に「棟方志功サミット in 青森」という企画があり、志功さんゆかりの5自治体の首長がパネリストとして出席する中に、富山県南砺市の田中幹夫市長の名前を発見したので、矢も楯もたまらず参加しました。

開館前から行列ができており、はじめて足を踏み入れた美術館のシアターには満員の聴衆が集まるほど関心を集めていましたが、基調講演を倉敷市にある志功作品の収蔵でも知られる大原美術館の大原健一郎理事長がされ、文化・芸術・人文学の危機に直面している現在の日本だからこそ、世界一流の地方を創生するために美術館の果たすべき使命があると高らかに表明しました。
クラレの創業家であり岡山県はもとより日本経済界でも知られた存在のお方ですが、これほどまでに格調と情熱にあふれた講演を拝聴したことはなかっただけに、心からの感銘を受けました。それも、時間を守らず自分の長話に酔う人も多い中で、遅れてはじまったにもかかわらず時間どおりにまとめるという話法も、参考にさせていただきたいものでした。

続いて、大原さんと東京都中野区・倉敷市・南砺市・杉並区と生地である青森市の5首長によるパネルディスカッションに移り、それぞれの地での志功さんをまちづくりに生かす取り組みが紹介されましたが、中野区の田中大輔区長が当日は代理出席だった杉並区も田中区長であることから、「今日は田中サミットです」と発言して場内をなごませていましたが、それは田中市長から言わされたのだそうで、場をリードしていただけでなく実際の取り組みの内容からしても南砺市のまちづくりは一段高いところにあると感じました。
それは市議時代に視察させてもらって承知していたのですが、今年は新しい資料館もオープンし、それを核にした「棟方志功まちづくり連絡協議会」も発足させたそうですし、今も志功さんが息づいているまちを、五箇山の世界文化遺産とあわせて再度訪問したくなりました。

thumb_IMG_3219_1024-2016-05-30-10-08.jpg

最後に、5首長が握手して共同宣言が採択されて来年度は中野区でサミット開催と発表されましたが、閉会後に田中市長と再会の握手を交わすことができ、私個人の目的も達して、うれしく企画展を観て戻りました。
議員時代からの交友を続けてきた人が、自分のずっと先を歩んでいるのを見て、どんな形であれ追いつきたいと思いましたし、短い会話にこめられた激励を糧にがんばっていこうと思います。

2015.10.04

B-1グランプリが生み出すもの

全国でB級グルメでのまちおこしの例は数々あれど、その頂点を決めるB-1グランプリが近くで開催されるのは滅多にないことですし、十和田市の場合はこれまでの開催都市としては最小規模でどれだけがんばるのか気になりますし、何といってもその先頭に立つ畑中宏之さんへのエールの思いを持って、八甲田を越えました。
あいにく少し雨がこぼれる残念な天気でしたが、十和田市の全人口の数倍になる人たちでにぎわう会場で全国62団体が、料理ばかりでなく自分たちのまちのよさを伝えようという熱気があふれていて、このエネルギーが八戸からはじまったことのすごさを感じました。
thumb_IMG_3636_1024-2015-10-4-09-30.jpg

それ以上に感銘を受けたのは、八甲田から十和田市に入って最初のシャトルバスの発着場所となっている旧十和田湖町役場のところで中学生の一団が合い言葉である「ボンジュール!」と笑顔で迎えてくれ、到着した駐車場でも同じく元気な出迎えがあり、会場では高校生がゴミの回収に回っていて、62団体の紹介のノボリには制作した小学校の名前があったことです。
5000人以上のボランティアでおもてなしの態勢を整えていたそうですが、その中にこれからの十和田市の未来を担う子どもたちがたくさんかかわっているというのは、自分たちのまちに対するプライドにつながりますし、これはグランプリという一大イベントだからこそ可能になることだと思います。
さすがに開始早々からおみやげ分も含めて7品並んでは食べる繰り返しで、正午には満腹になって帰る頃には雨がこぼれてきましたが、駐車場でも役場前でも中学生が元気に「ラビアンローズ!」と見送ってくれて、本当に感動してしまいました。
thumb_IMG_3631_1024-2015-10-4-09-30.jpg

同じ日に、弘前市ではこれまで最高の出場者でアップルマラソンが行われていたのですが、子どもたちまで巻きこんだ市として一丸となったお出迎えということでは負けているように思いますし、その点では短距離偏愛マラソン嫌いの私も、走らないにしても協力はしないといけないなあと反省しているところです。

2015.09.11

深浦で30年ごしのけやぐを得る

もう一つ大事な要件があり、そのバーターのつもりで西津軽人材育成推進事業第1回パワーアップ講演会に申しこんで、深浦町に足を運びました。

講師は、五所川原市生まれで母の実家のある深浦町で育ったという地域活性化伝道師の岩崎透さんでした。
岩崎さんは、大学卒業後に旅行雑誌のライターやTVの旅行番組にかかわってきた旅の達人で、国内1,200自治体と海外100ヶ国に足跡を残してきているそうですが、ホームタウンでの講演は初めてだということで、最初は緊張気味でしたが、だんだんと津軽弁も調子が出てきて、一番愛してやまない深浦への思いあふれる講演でした。
テーマは地域おこしと観光ということでしたが、単発のイベントやB級グルメ、ゆるキャラでは地域の価値を減じるだけで、地元の人たちが地域の豊かさに気づくことからはじまるのが大事で、そこからストーリーが生まれてくるような取り組みをしていくべきだという内容で、非常に共感できるものでした。
気づきの例として、世界遺産で知られるモン・サン・ミシェルを見ると深浦にある弁天島を思い出すと比べてみせ、それにBONSAIブームの今ならBONSAI Islandと別名をつけて紹介すれば世界から人が押し寄せると話し、世界を知る立場から深浦愛を持って見直す意義を示していまして、これは弘前市の路地裏探偵団もスケールアップが必要だと思いながら聴き入ってしまいました。
最後に、講演の前に三重県での見学体験を発表した木造高校深浦校舎の生徒のことを取り上げて、三重で学んで地域を愛することに気づき貢献したいという発言に感心したこと、これだけしっかりした未来の大人が育っていくようにするのが今の大人の役割であり、地域育ては人づくりだと締めた講演は、30分オーバーするほど熱のこもったものでした。

ところで、岩崎さんは1965年生まれで一浪して早大入学ということで、私からすると少し下の後輩ということになりますし、陸上関係者としては女子マラソン元日本記録保持者・小島和恵の同級生かと懐かしく思ってしまいましたので、終了後にさっそく名刺交換をさせてもらって今後の交流を約束してもらいました。
これからしようとしている仕事にはすぐにつながることではありませんが、自分がやるべきことは最終的には相馬のために働くことに尽きますので、大学時代に出会えなかったことからすれば、地域育てのヒントをもらえるけやぐ(津軽弁の友だち)を30年ごしに得た思いでした。
岩崎さん、今度はぜひ相馬にも来てください。

2015.05.15

町会連合会再生のために

4回目となる弘前市町会連合会総会に出席しました。
議員として発言する機会は得られませんでしたが、町会長として町会連合会を通じて市のまちづくりや市民自治にかかわることには提言することはできますので、私にとっては大事な機会です。

今回は、最初から健康づくりサポーターの件で、町会連合会が唯々諾々と町会未加入者のためにも活動するサポーターの活動に協力するのは連合会の自主独立の本義に反することを指摘するつもりで臨みましたが、事業計画案の説明の中で情報交換に関してFacebookを活用するという具体的で思いがけない話が出てきたので、それに関連する形でいくつか質問することになりました。
大谷事務局長の答弁によれば、所管課である市民協働政策課の協力をいただいて市のサイト内にスペースを確保するとともに情報発信でも支援してもらうとのことでしたが、ほとんどが60歳どころか70歳以上の町会長の方々にFacebookと言われても理解もできないでしょうし、SNSの双方向性を考えれば事務局からの一方的な情報提供ではなく町会での活動を紹介することが大事であり、そのためにも八戸市で先行している広報紙コンクールを企画して、市民にも町会活動を知ってもらうことが未加入者への働きかけにもつながると提言しました。
また、こういう新たな取り組みは御大ぞろいの理事会では無理なので理事会内にプロジェクトチームを作るのではなくて理事会がチームを設置して若手の町会長や役員に参画してもらう形を取るべきだと発言しておきましたが、そこで場内から笑いが出たのは賛同の表れと心強く思いました。

私の前に質問に立った町会長さんからは、加入率の低下や連合会などへの負担金が重くのしかかって町会活動に無理が生じていることや、せっかく積極的な取り組みをしていてもごみ袋販売だけが表彰されるのはおかしいといった声を上がっていて、町会のあり方そして連合会のあり方に批判や疑念が強まっているのが現実です。
4月から施行されている「協働のまちづくり基本条例」では町会は重要な一角を占める存在なのですが、それだけの位置づけをいただいたことを新年度に生かしていくという方針も出ていなかったので、これも指摘しておきましたが、市の業務の下請け機関ではなく市民自治の中核を担う立場なのだという気概を持って果たしていかなくてはならない役割があると思いますし、私自身も町会長として連合会の一員としてやるべきことがあると思っています。

Facebookやコンクールのことで言い出しっぺがやりなさいということでしたら、いつでも動くつもりですし、それが町会連合会を再生させる足がかりになると思っています。

2015.03.25

それでも集会所開放の花は咲く

市のまちづくり%システムに採択されて取り組んできた「昴集会所協働開放事業」ですが、10月から月1回の開催で今回が最終回となりました。
雪が降るまでの時期は、外で遊んでいる子どもたちも巻きこんで進めることができたのですが、その公園部分が雪におおわれてしまうと子どもたちばかりでなく町会の大人たちの足も遠のき、失速した流れの中で3月はマンドリンの古川里美さんとギターの今井正治さんの名コンビによる演奏を楽しんでいただきました。thumb_IMG_2201_1024-2015-03-25-17-00_1.jpg


幅広いレパートリーを演奏していただいてアンコールとなりましたが、当日のハプニングと主催者権限をもって私からのリクエストで準備していなかった復興支援ソング「花は咲く」をやってもらいました。
それでも、さすがのお二人だけに見事に弾いてくださり、参加した皆さんからも歌声があふれて、本当に心温まるフィナーレとなりました。

この「花は咲く」には、震災支援にかかわってきた者としての思いもありますが、一昨年8.11に野田村でのLIGHT UP NIPPONの際に、ゲストで呼ばれていた佐藤ぶん太、が花火を楽しみに同行していた古川さんに無茶振りして共演した思い出の曲で、前日のこともあっただけに私まで無茶振りしてしまいました。
それだけでなく、今回は成功できなかった集会所開放事業を、新年度は町会の財政という問題もあり、継続していくことを断念せざるを得ない状況ではあるのですが、それだけにいつの日かきっと成功をという花を咲かせたいという思いがリクエストになったのでした。

市の財産であるだけに、昴町会ばかりでなく市民のためにもっと活用しなければならない昴集会所、必ずや毎日のようににぎやかな場となるよう、工夫していきたいと思います。

2014.07.31

子どもたちが1%システムへの道をひらいた!

ひろさきアフタースクールの協力をいただいて取り組んできた集会所の開放ですが、1回目はまだしても2回目は町会からの参加者が2名、子どもにいたってはゼロという状況が理事会で問題となり、趣旨は理解できても笛吹けど踊らずでは町会として取り組む必要があるのかという厳しい意見が出されました。
町会とは町会長の独占物ではありませんし、ここが民主主義のスタート地点と言ってきた立場としては重く受けとめなければならない苦言ですので、ここが踏ん張りどころと毎戸配布の町会広報紙、直前の週には回覧、さらに前日の子ども会行事の終わりにあわせて子ども向けのチラシ配布と告知に力を入れたのが功を奏したのか、それとも夏休みの午後という時間なら当然のことだったのか、何はともあれ20人以上の2歳から高校1年までの子どもたちで集会所は大にぎわいになりました。

IMG_1909

そんな喧噪の中で、阿部理佳子さんによる中国茶を楽しんだり、英語の須田まきさんは子どもたち以上のパワーで楽しませたり、サポーター役の大学生が一緒になって土足で走り回ったので一緒にぞうきんがけさせたり、ともかくにぎやかな午後でした。
これだけの人数が集まったことが報告できれば、下半期の開放継続とまちづくり1%システムへの事業申請も了解を得られるものと思いますが、町内外関係なく遊んでいる子どもたちを見ていると自然に笑顔になりますし、この子たちがひらいてくれた可能性をさらにひろげる事業提案をしなければと思ったところです。

毎回足を運んでくださる大人側からも、コミュニティカフェのような取り組みができればという声も出ていますし、継続していく中でさらなる可能性が生まれてくるでしょうし、私の独りよがりではない活動になっていく気運も高まると期待しています。
昴のまち育てプロジェクトは、いよいよこれから本番です。

2014.07.09

2回目は大人のアフタースクール

先月に続いて2回目の集会所開放日でしたが、今回はマンドリン奏者であり図書館司書、野田村でもお世話になってきた古川里美さんに足を運んでもらって、マンドリン演奏ばかりでなく楽器にふれてもらう体験、さらに町会から集めた本で図書コーナーをリニューアルしてもらうという欲張りなプランで行いました。

IMG_1741

協力していただいているひろさきアフタースクールでも、卓球の元世界チャンピオン河野満さんのライバルだった石井先生を連れてきてくださり、ちょうど小学校の卓球クラブに入っている子どもたちに基礎からやさしく指導してくださいました。
最後に、古川さんとギターの今井正治さんによる演奏をみんなで楽しみましたが、マンドリン部とアフタースクールに協力しているボランティアセンター、それに北原ゼミと違う立場の弘大生とともに、優雅な演奏を堪能させていただきました。

IMG_1753

町会からの参加は二人と少なく、本の寄贈も1件だけだったのですが、石井先生も町会のまちづくりに感心していらしたように、外の方に訪問してもらうことで町会のよさを再確認することができますし、この場で新しい出会いが生まれていくのは、本来のアフタースクールや集会所の開放で考えていたものとは違う効果を生み出すチャンスがあると思わせてくれました。
ある意味では大人のためのアフタースクールでしたが、第3期まちづくり1%システムへの応募に向けてアイデアを練り直したいと思います。

2014.06.11

すばるアフタースクール、スタート

「まち育てプロジェクト」を実現させる、が今年度の町会長マニフェストですが、その第一歩として集会所の開放を試行しました。

これに関しては、町会だけで取り組むことへの心配も聞かれていましたので、2月にやすらぎ館での講演会を行った境江利子さんのアフタースクールに協力をいただくことにして、初回には市民先生の一人である須藤まきさんによる英語教室を組みこむ形で案内準備を進めてきました。
最初は、メインターゲットの小学生が開いているけど入っていいものかどうかという感じでしたが、一人やってきて仲間に声をかけてきてからは数人がピアノを一緒に弾いたり中で走り回ったりと、プロジェクトで提言した北原ゼミの学生もまじえてにぎやかになりました。

IMG_1660

見守る立場の大人も何人も顔を出してくれ、境さんと北原ゼミの高森さんがここで初顔合わせを果たす副産物もありましたし、まずは上々のスタートとなったと思います。
来月そして夏休みと工夫を重ねた上で、下半期からは定例化させていけるように準備を進めていきたいと思います。

2014.05.15

伏魔殿の近代化をめざして

弘前市町会連合会総会に3年連続で参加しました。
昨年、足がかりをつくったとしたものの、具体的に何かを動かす成果もなく、今年度の相馬地区連合町会の改選で会長となって連合町会の理事会入りを果たすこともかなわずでしたし、出席してみれば表立って変わるところのない事業計画でしたので、今年も町会長の身分保障の件と事務の効率化による経費節減を質問提言しました。

その場の回答としては、神会長も大谷事務局長もにべもないものでしたが、現実には連合会の自主財源であるごみ袋あっせんは原材料費のアップに消費税増税で単価が高くなったことで売上が期待できない状況だけに、事務局からの通信費を抑えるためにメールを活用すること、さらには返信の場合もメールを原則として切手葉書の場合は町会側負担とするくらいの見直しは早急に必要だと思います。
また、このようなことをどこまで町会に求めて変えていけるのか検討していくために若手での実務委員会を設置することを最後に提言しておきましたが、実際に活力ある町会では南城西町会のようにまちづくり1%システムを活用して町会だよりの発行やFacebbokでの情報発信を行っていますし、他にも若い世代が委員長として事業を引っぱっている町会がいくつもあります。
こうした人材に呼びかけて集まってもらえば、そこからは自発的に情報交換したり提言をまとめるために意見交換したりという動きになっていくと思いますので、何とか突破口をこじあけたいものだと思っていますし、そうでもしないことにはご老体の町会長の合議だけでは動きようもない現状を打破していくこともできません。まさに近代化が必要なのです。

市議への再起をめざすにせよ、今いただいている町会長という立場は町会の自治能力を高めるだけでなく、市の自治にとっても重要な役割であるだけに、今できること今変えなければならないことにはぶつかっていくつもりです。

より以前の記事一覧

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ