2017.02.12

ろうそくまつりの「限界」を食い止めたい

相馬の長い歴史の中で約450年もの伝統を誇る、沢田ろうそくまつりが旧暦1月15日の満月の日に開催されました。
建国記念の日と重なったこともあり、弘前公園での雪灯籠まつりに客足が奪われたようで例年より若干少ない人出でしたが、多くの人たちが参拝に訪れ、豊穣への祈りをこめたろうそくを立てていきました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6afd-2017-02-12-10-30.jpg

翌日の例大祭では、氏子総代によるご託宣が告げられ、今年の天候は平年並みだが地震が少し心配とのことで、その後の直会では相馬の主だった顔ぶれと沢田地区の方々とで楽しい歓談のひとときを過ごしました。

私は数年前から実行委員の端くれとしてかかわり、例大祭には昴町会長として招待をいただく立場ですので、今年も任務にあたっていましたが、その中で気になったのは実行委員の主力をして動いている人との会話でした。
荷物運びの車の中でのことでしたが、町会が10世帯になってまつりの開催もおぼつかなくなった沢田町会に対して、実行委員会方式で後押しをしようと10年ほど前からかかわっているが、実行委員のメンバーも変わらず、自分たちがリタイアしたらどうなるのだろうという不安を語っていました。
現実に実行委員会は60・70代が中心で、50代は私一人、その下は一気に30代となるような構成ですし、限界集落化している沢田地区を支えるはずの存在が、逆に組織としての限界を迎えるのが早いような、矛盾をはらんだ状況です。
このことに関しては、不在となっている私たち世代の責任は大きいですし、ろうそくまつりにかかわらず村内の行事イベントでの役割を考えてみても、あと10年続けていくことで、さらにその先までつながっていくと予想されるだけに、自分たちがしっかりしなければならない立場にあると感じています。

今すぐ何とかできることではありませんが、地域の伝統を継承していく役割を果たすことは、私たちにとっての大きな宿題を出されていると思っています。

2016.09.04

4日遅れのお山参詣

岩手県と北海道に大きな被害をもたらした台風10号は、幸運にも青森県には爪痕を残さず、おかげさまで津軽最大の秋の行事・お山参詣は、31日の宵山と1日の朔日山は無事に行われ、4年ぶりにご来光を拝むことができました。
まさに岩木山のご加護と感謝するとともに、被害にあわれた皆さんにお見舞い申し上げるとともに、岩手の皆さんには少しでも支援ができればと思っています。

ところで、昨年は縁者の不幸があって不参加だったお山参詣ですが、今年はあるイベントに申しこんでいましたので、続けての無調法となりました。
そのイベントとは、歩こう会主催の「津軽岩木スカイラインを歩いてみよう会」でして、約9km・69のカーブと高低差約730mの自動車専用道路であるスカイラインを、歩いて上るというものでして、今年が5回目となります。
スカイラインを車で上ったことはあっても歩いたことはもちろんなく、登山道での登山もしたことがありませんでしたので、どれだけの人が参加するのか、自分はどのくらいで上ることができるのか、楽しみと不安を感じながら集合場所の弘前駅城東口へと向かいました。
同乗して酒田へと帰る娘が驚くほどの参加者が集まっていて、大型バス4台に乗り分かれて岩木山へと向かいました。
thumb_IMG_3814_1024-2016-09-7-12-11.jpg

スカイライン入口から8合目駐車場をめざす10kmコースと途中から歩く5kmコースに分かれましたが、最初からトップ集団に位置して歩いていたものの先頭二人はあっという間に追いつけなくなり、何とか落ちてきた二人を置き去りにして、これほど汗が出るものかと思うほど汗だくになって、約100分3番目でゴールすることができました。順位は気にせずという趣旨ですが、やっぱり気持ちのいいものです。
さすがに一度着替えてから、片道分を無料にしてもらっているリフトに乗り9合目に着き、そこから約40分で4年ぶりの山頂に登頂できました。「歩いてみよう会」としては5回目で一番の天気だったそうで、北海道までとはいきませんでしたが、弘前や七里長浜、さらには津軽半島まで見渡すことができました。
thumb_IMG_3821_1024-2016-09-7-12-11.jpg

主催者・事務局代表として終わりのあいさつにたったのは、いろいろな形でお世話になっている今井二三夫さんでしたが、今井さんの流儀では5回をめどにイベントは見直すものという持論を語っていましたが、これはぜひとも継続してほしいイベントです。

2015.08.23

花嵐桜組の演舞に改めて決意

大震災から5年目の「野田まつり」にあわせて、来月の活動の段取りをつけるために野田村と「あーとびる麦生」を回ってきました。
こちらの方も首尾よく済み、内陸部では降り続いていた雨もやんだところで、3台の山車や神輿が練り歩き、続いて役場前「のんちゃん広場」特設ステージでの花嵐桜組の5年連続の演舞となりました。
昨年今年の演舞曲や旗振り乱舞に続いて、野田村のために作った「野田村 in my mind」と今年初披露となる「よっちょれ 野田村バージョン」の2曲を披露して、大きな拍手を浴びていました。

thumb_IMG_3485_1024-2015-08-23-15-30.jpg

思えば、震災後の「古都市民花火の集い」に野田村の皆さんを招待した際にも花嵐桜組が演舞したのですが、席がステージから遠くてよく見えなかったのを残念がっていましたので、YOSAKOIつながりのある私があいさつだけでもとリーダー・キャサリンに声をかけたところ、メンバー全員で移動してきて曲なしで踊ってみせたばかりか、キャサリンはそのまま席に残って語らい、話が盛り上がって「皆さんに来てもらったのだから、今度は私たちが行く!」と宣言したのが実現したところからはじまったことだけに、声をかけた立場として感慨深いものがあります。
それも、訪問を続けるだけでも大変なことなのに、他の場では滅多に踊ることのない曲まで作るとはすごいとしかいいようがありませんし、その曲を4月に佐藤ぶん太、のつながりで知己をいただいた佐藤生朗さんが手がけたのですから、ここにも縁のつながりを感じずにはいられません。

2年前には、活動に協力してくださったメンバーが一堂に会したイベント「津軽衆の日」を開催しましたが、今回の花嵐桜組を見て、ある意味で一区切りとなる来年3月には再び開催したいと思いを新たにしました。
そこには、キャサリンにも生朗さんにも参加してほしいと思っていますし、津軽と野田村の交流をさらに強いものにしていくマイルストーンにしたいと思います。

2014.02.14

ろうそくまつりに「やっぱはまり」

相馬地区の最奥部に位置する戸数11戸の限界集落・沢田町会で450年以上も続くろうそくまつりですが、毎年のように家族で足を運び、翌日の例大祭にも招待していただいているだけに、私にとっては大事な思い入れのあるイベントです。
崩落防止の工事が完了してイベントが再開されるにあたって、以前の商工会から村内有志による「ろうそくまつり実行委員会」が組織され運営する形になったので、今年は委員会の末席に加えていただきました。

田沢俊則実行委員長以下の村内の方々はよく知っている面々ですが、以前から調査のフィールドとしてかかわりのある弘前大学人文学部・地域社会研究の平井先生やゼミ生と一緒に前日10:00から準備をはじめ、当日にはハルピンからの交換留学生や有休を取った旧役場職員も加わって、例年にはないほどの順調な準備ができました。
私はろうそくを灯す岩屋堂までの雪段づくりを主に行っていましたので、イベントがはじまってからも当日の好天で崩れる懸念のある箇所をウォッチしながらまつりの様子を最初から最後まで見届ける形になりました。
史上最多の来場者だったようで、おかげで村内市内の知り合いの方々とあいさつをかわす回数も多く、ろうそくの灯りばかりでなく雪段の造作に感心してくださる声も聞こえて、2日間作業した甲斐があったとうれしい気持ちになりました。

Img 1356-1

お客様でなくスタッフとしてかかわってみると、1眼レフのカメラを持った方が多いのが目につき、相馬地区活性化支援事業やまちづくり1%システムを活用しての写真コンテストをやってみてはとか、ネットでの告知を強化できそうだとか思いつくこともあり、来年はもっと準備の段階からかかわろうと思っています。
何にでも手を出していくのを津軽弁で「やっぱはまり」と言いますが、これからも相馬の中でできることなら極力はまっていくつもりです。

2013.03.31

「津軽衆の日」がつないだもの

あの3.11から20日となる2011.03.31に、津軽からの官民あげての最初の大規模部隊「津軽衆有志野田村支援隊」が、それまでほとんど縁のなかった野田村へ大型バスを先頭に入りました。
私にとっても最初の野田村行きでしたが、まさか110回を超えるまで往復することになるとは思わず、何ができるでもなく呆然としていたのを思い出します。
これが津軽弘前にとって震災支援の第一歩を刻んだ記念の日であり、野田村との絆そして今後とも交流を続けていく約束の日として、これまで一芸を持って野田村を訪問してくださった方々を一堂に会するイベント「津軽衆の日」を開催しました。

小田村長のごあいさつに葛西市長からのメッセージで開会し、追悼の思いを乗せた佐藤ぶん太、「祈り」の独奏からはじまって、五代獅子舞保存会・寺田北城さんの指笛から渋谷和生さんと和三弦会が前半のメイン、鈴木秀次さんのパフォーマンスが進む中で横笛ギネス実行委員会の囃子・佐藤ツリばっちゃと津軽昔コ村の皆さんで昔話・古川里美さんのマンドリンに、葛西悟・愛子さん夫妻には野田村の合唱サークル「コールわさらび」との共演で、最後は全員が舞台に上がっての「ふるさと」がフィナーレでした。
そこで私がお礼のあいさつをして、エピローグとして佐藤ぶん太、に再び「希望の粒」を吹いてもらう段取りでしたが、さすがに高揚しすぎて一度は忘れて降壇しそうになる失態を、2年前の奇跡同様の見事な笛の音で感動のエンディングにしてもらったので、集まってくださった野田村の方々からの温かいお礼とあわせて、涙なしにはいられませんでした。

IMG_6792

これで2年の節目を自画自賛ながら見事に無事に終えることができて、補助椅子まで満席の大型バスで帰途についたのですが、途中からアコーディオンの斎藤さんの勢いにつられて、ぶん太、の笛に本番では演じなかったツリばっちゃの昔コ、北城さんの指笛に新高校1年生の山口百恵メドレーまで飛び出して、失礼ながら本番以上の盛り上がりで、バスはひっくり返りそうなにぎやかさでした。

この時に思ったのは、野田村の皆さんのための「津軽衆の日」でしたが、同じ目的のために集まったさまざまな津軽の人間がつながるための場であったということでした。
野田村のため、そして津軽のための活動を、これからも続けていきたいと思います。

2012.09.16

お山参詣は津軽の原点

野田村やPTA活動の調整を重ねた結果、2年続けて相馬有志会での集団登拝に加わることができなくなったため、今年も朔日山に上ることになりました。

零時を期して自宅を出発し、8合目の駐車場で佐藤ぶん太、と登山囃子の仲間、有志会の嶋口会長や後輩の嶋口千速家族4人などで団体割引になる人数でリフトに乗り、標高1470mの9合目から頂上をめざしましたが、3連休のど真ん中なおかつ好天が続いているという絶好の条件が重なったこともあって、渋滞と言えるほどのゆっくりしたスピードになったのは、老体には救いでした。
それでも30分ほど前に登頂して奥宮に参拝し、待ちわびた甲斐あって真っ赤なご来光を拝むことができました。本当にすばらしかったです。
津軽の象徴である岩木山の360度のパノラマからは、白神山地も日本海も津軽平野も見渡すことができ、参詣の行事ばかりでなく岩木山そのものが津軽の原点であるのを再確認できました。

IMG_5749

ところで、今回の一行にはトレンディ俳優として一世を風靡した風間トオルさんが「日本百名山」の特集番組の取材で有志会の集団登拝から参加していたそうで、8合目で名前の入った幟旗を見た時は冗談かと思いましたが、一緒に上っている際の深い関心を示す会話やストイックな行動ぶりには感心するばかりでした。
きっといい取材いい番組になると期待していますし、そこで相馬のよさも伝われば言うことなしです。

IMG_5754

しかし残念なのは、その大事な行事に「ひろさき卍フェスティバル」や「カルチュアロード」がかち合っていたことです。
旧暦8月1日を動かすわけにはいかないわけですから、人為のイベントは次の連休に調整する配慮が市にはほしかったと思いますし、先述の風間さんの番組のことも市では情報をつかんでいなかったようで、何を大事なのかを考えてもらいたいものです。

2012.05.21

合併効果で金環日食観察会、大成功

2003年の火星大接近での対応が悪かったことを相馬村時代に指摘し、2009年の部分日食では天候に恵まれず集まりも悪かったことにガッカリと、どうもロマントピアでの天文イベントとは相性が悪い私ですが、性懲りもなく早起きをして金環日食(青森県では実際は部分日食)を観に出かけました。
臨時開館の6:00でしたが、天文台ばかりでなく中央公民館相馬館の職員もしっかりとスタンバイして交通整理にあたっており、それだけでも相馬村時代とは雲泥の差ですし、私からすればこれだけは合併していい方に変わったとうれしく思いました。

その時点でも30台近い自動車がかけつけており、マスコミ各社も勢揃い、最大の食となる7:44が近づくにつれて人数は増える一方で、貸し出し用に準備した観察眼鏡がなくなるほどでした。

IMG_4736

私は最大の食を迎えたところで娘の送迎のために山を下りましたが、唯一残念だったのは火星の時と同様、相馬地区の参加者がほとんどいないことでした。
せっかく天文台には天体観測のプロ・藤田栄一先生がかかわってくれているのですから、こういうことにこそ「まちづくり1%システム」で取り組むことを考えるべきかも知れません。

それにしても、今日は天気に恵まれて何よりでした。私の撮った、つたない写真をご覧ください。

IMG_4739

2012.05.17

満員の観衆に「こどものつばさ」招待を宣言!

3.11野田村での追悼演奏以来、今まで以上に縁が深まった当代一の津軽三味線奏者・渋谷和生さんに、「南相馬に縁があるなら、一緒に来て」と誘われて、復興応援コンサートに同行することになりました。
何でも弘前市出身のママさんが店のお客様を中心に「弘前親桜会」を立ち上げていて開催するのだそうで、私にできることは「こどものつばさ」の西代表を紹介することくらいしかないものの、それだけに今年こそ南相馬の子どもたちと我が地元・相馬の子どもたちが交流できる招待を実現させる下準備を進めてきました。

6:00に大鰐弘前インターでバスに乗せてもらい、その中にはこれまた縁深い三味線奏者でねぷた絵師でもある五十嵐清勇さんと清友会の皆さんもいて楽しい道中がスタートしたのですが、仙台から常磐道に入ると海岸線に沿って津波被害で作付けできなくなっている広大な田んぼが延々と続き、昨秋にも通ったという和生さんや清勇さんの説明に耳をこらすことになりました。
野田村のことも全国的には忘れられていると感じることがありますが、三陸の大槌・陸前高田・石巻といった壊滅的な津波と南相馬・浪江・飯館といった原発被害の間で、名取・亘理・新地といった被災地が埋没しているのを思わずにはいられませんでした。

6時間半で南相馬市役所向かいの会場「ゆめはっと」に到着し、主催者である児玉さんとあいさつしたところ1000席分のチケットは完売したと聞きましたが、開演ギリギリで来場した西さんが車を置く場所がないほど本当に来場してくださいました。
何でもシークレットで開催されたAKB48のライブは700人、無料ながら告知が行われたコロッケ率いる物まねライブでも500人というのに、有料で満員となったのは地元の方々にもサプライズだったようですが、地元出身のゲスト民謡歌手・小山みつなさんの「相馬流れ山」に合いの手を入れる声の多さからしても、民謡好きの土地に残っている方々が津軽の音色を待ちこがれていたのを肌で感じることができました。

IMG_4702

この素晴らしい雰囲気につられて、コンサートは3時間のロングランとなるほど熱のこもった演奏になりましたが、最後の場面で和生さんからの命令で代表あいさつを仰せつかりました。
時間が押しているので短めにということでしたが、津軽にも相馬という土地があり、そこに「こどものつばさ」に協力して子どもたちを招待すると単刀直入に宣言したところ、私まで万雷の拍手をいただくことができました。
これから日程や内容の見直しなど最終的な詰めをすることになりますが、これだけの期待をいただいただけに、ぜひとも実現して相馬そして津軽との縁をつなぎたいと思っています。

2011.07.31

横笛ギネスがめざすもの

昨年秋のプレイベントをはさんで、二年がかりでのねぷた囃子によるギネス記録挑戦は、3,742名という堂々たる人数で達成することができました。

私自身は実行委員会としての実務面ではほとんど協力することができませんでしたが、前日から弘前入りしたギネス公式記録認定員である23歳のショーン・カニーン君の応対役として、最初から最後まで彼と一緒に記録達成を見届けるだけでなく、これまでの取り組みや記録挑戦でめざしているものを伝えることで、ショーン君の琴線を動かすことには少しはつながったのではないかと思っています。
代表である当代一の横笛奏者・佐藤ぶん太、と挑戦を決めた時から話し合っていたのは、記録達成も大事だけど、この挑戦を通じてより多くの人、特に次代につながる子どもたちにねぷた囃子を覚えてもらい、みんなに伝統文化の大切さを実感してもらうことにつなげようということでした。
それが最初に弘前管工事業協同組合から横笛1,200本分となる塩ビ管を寄付していただき、それが全国団体からの4,000本の追加を呼び込んで、小中高校、大学や専門学校へ寄贈することができ、それをぶん太、をはじめとするメンバーが指導に赴いたり指導用DVDを作成するところまで情熱を傾けたのが、記録達成と横笛普及を同時にかなえることになったのですから、目標の4,000人には及ばなくても、それを超えて余りある成果だったと思います。
打ち上げの席で、組合青年部を代表して出席してくださった大伸管工業所の奈良岡隆人社長がこのことにふれ、管を切り出す苦労を横に置いて、今回の挑戦に自分たちをつないでくれたとして私への感謝を口にしてくださったのが、私としても一番うれしい場面でした。

まさに、築城400年を祝う記録を作っただけでなく、地域を挙げて記録に挑戦するという機運を生み、そして横笛の文化を次代につなげるという目標の出発点に立つことができたのですから、ここからが大事なところだと、佐藤ぶん太、だけでなく、私も実行委員の仲間たちも思っているところです。

2010.08.02

連続の市長賞に一点の曇り

弘前ねぷたが開幕し、地元・相馬ねぷた愛好会は2日目に出陣し、見事2年連続で市長を受賞することができました。

IMG_1905

他の市長賞は企業ねぷた二つ、知事賞は連覇を続ける茂森新町ですが、6日目になれば引き手すらたりなくなるような審査日だけのやり方に批判があるところですし、こうしてみると町会単位でのねぷたとしては頂点に立ったといってよい成績ですし、5年で3回も市長賞を受賞することができているのも、三上秀樹新会長を中心に会のメンバーがしっかりがんばり、それを地域の会員が楽しみながら支えることができている証明だと思います。
この後4・5日は市内運行に凱旋出陣、7日は午前中に村内運行となりますが、私も一会員として参加するつもりです。

ただ、その喜びの輪に加わっていないのが長慶苑であることが一点の曇りです。
前回書いたとおりボランティアと利用者の参加を呼びかけたのですが、ボランティアは応募があったものの利用者は一旦不参加としたものを参加する迷惑を気にされた方が多く(と直接教えてくれた方もありました)、結局参加はありませんでした。
寄付金を出しているので職員でも参加できるのですが、保育所の子どもの保護者として出たのが一人だけという有様で、「地域とともに」という基本理念を忘れてしまっている者ばかりです。
当日は青森市で清風荘が事務局を務めるケア付きねぶた「じょっぱり隊」15周年記念フォーラムがあり、シンポジストの一人、浦安市の松崎市長へのあいさつも兼ねて出席してきましたが、さまざまないきさつはありながらも15年も続けることの大変さを痛感してきただけに、彼我の差を考えないわけにはいきません。

「地域とともに」、そのために何をすべきか、続けなければならないことは何か、改めて思う一日でした。

より以前の記事一覧

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ