« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017.10.22

風も吹かぬ総選挙を憂う

過去2回の総選挙の際は野田村に行っていましたが、今回はそこからのご縁をいただいて遠野市に開山した眞仁寺という無宗派のお寺の祭礼に参加する佐藤ぶん太、とともに動いていました。
台風の影響で投票箱の回収ができずに翌日になっても最終的な結果は出ていませんが、大勢では自民公明の与党で再議決に必要な310議席を上回る圧勝、野党側では最後に立ち上がった立憲民主党が50議席を超して第一党になったのはよかったとはいえ、台風の目と考えられていた小池百合子都知事率いる希望の党が改選議席を下回る失速ではお話になりません。
ちなみに、青森県では投票終了とほぼ同時に3候補に当確が打たれ、比例に回った一人とあわせて自民4人と共産党の比例が1人と、まったく構図の変わらない結果でした。

選挙特番でも、自民党に逆風が吹かなかったことや希望の党の失速が話題に上っていましたが、選挙にかかわる立場から無縁の素浪人となって見ていると、候補者がマイクを握っているのを見かけたのはたった一度、遠くから街頭演説が聞こえていたのも一度で、選挙ポスターを見なければ選挙があるのを知らずに終わったに違いない雰囲気のままで、まさに風も感じずに終わった総選挙でした。
それだけではなく、以前は行われていた公開討論会も、選挙までの間隔が短かったからなのか、県内どこでも開催されずに終わってしまい、それぞれの候補がどのような政策に重点を置いているのか、大事にしている思いは何なのかを知る機会もありませんでした。
これは、マニフェスト離れが進む政治のあり方に問題があるのはもちろんですが、それでも候補者の主義主張を知ろうともしない有権者の側にも課題があると言わざるを得ません。
安倍総理は国難突破解散とうそぶきましたが、そこで語っていた消費税の使途変更や改憲といった重要な問題を棚に上げたままで選挙を終えてしまいましたし、今後どのように政権運営を進めていくのか注視していかなくてはなりません。

いずれにしても、本当にリセットされた政治の世界ですが、これから自分自身がどのように向き合っていくべきか、考えていかなくてはなりません。

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ