« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017.09.23

陸上クラブの先にある危機

2008年春のドタバタから引き受けることになった陸上クラブの指導ですが、今日23日の小学生県記録会でひとまず10年間の活動に幕を下ろすことになりました。
当初は18人からスタートし、一度は6年生2人が卒業して4年生が来なければ終わりという時期もあったものの、何とか持ちこたえて3年前には22人という最大の人数までふくれあがっていたのですが、今年は6人で募集した4年生はゼロと少人数になり、6年生4人が卒業となれば5年生1人という状況だけに、ここらが潮時と考えています。
いろいろと叱られながらも、最後までがんばった5人に感謝です。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6d09-2017-09-23-18-00.jpg

終わってからの反省会では、こぢんまりと保護者数名と飲み語る形になりましたが、そこで話題となったのは相馬小から中学校に進学する際の進路のことで、今年も5人以上の6年生が市内の中学校に進むつもりだということでした。
がんばろうと思っているスポーツに打ちこむため、ハイレベルな学力を身につけるため、さまざまな理由があるにしても、それは私たちの時代でも同じだったと思うのですが、当時日本一と恐れられた練習量で知られた我がスキー部のように村外どころか県外から越境入学してくるだけの魅力ある部活がなくなり、逆に市内のシニアリーグ野球チームに入部したい気持ちがあれば、それにあわせて中学校を選ぶようになっている現実にぶつかります。
私の考えでは、学校で勉強し放課後は部活ではなくクラブでスポーツ・文化活動に励むのが理想なのですが、昨今の状況を見ていると中学校に自分に向いた部活がなければ他の中学校に行く風潮を変えるのは非常な困難を伴うと思えます。

この問題が、進められている小中学校の統合とかかわるだけに、子どもたちがやりたい活動をしながら地域の核となる学校を守っていくアクションを、私たち大人が動いていく必要を感じています。

2017.09.16

3年ぶりに1%システム採択

2014年度に、市のまちづくり1%システムによる助成をいただいて、「昴集会所開放事業」と銘打って事業を行いましたが、今年は町会長最後の年ということで、3月の総会で「20年後の昴を考えるワークショップ」を開催するとマニフェストをぶち上げていたのですが、その審査委員会が本日開催となり、昼過ぎの市民参画センターに向かいました。

今回から15人の委員が入れ替わり、先日のファシリテーター養成講座でお世話になった土井良浩先生が委員長を務め、他にも数名の知己を得た顔ぶれが並ぶ中、定刻より少し早くプレゼンテーションをはじめ、予定の7分で終えた後に質問を受けましたが、委員の方々からの質問はおおむね好意的なものでしたので、これならまず大丈夫だろうと思いながら、結果を待ちました。
ところが次のプレゼンで、事業の採択というより採点までの持っていき方で委員同士の行き違いがあり、一次はヒートアップしてしまったこともあって、大幅に点数発表が遅れ、14:00過ぎたらわかるはずのところが、15:00近くまでずれこんでしまうというハプニングに見舞われてしまいました。
おとなしく待っていましたが、結果としては66点というまあまあの点数で、無事に採択となりました。

これで、12月の北原啓司先生の記念講演とワークショップ開催、その後の報告書発行が決まりましたが、委員の方からは取りまとめ役としてかかわる学生たちに事前に趣旨を伝えておくべきだとか、子どもたちには20年後の町会について先に文章を書いてもらってはとか、参考になるお話もいただきましたので、それらも加味しながら事業を進めていきたいと思います。
何はともあれ、昴町会が設立して20年となる節目となるワークショップを、自分の任期の最後にやることができる形になったのですから、まさに最後のご奉公で粉骨砕身がんばろうと思っています。

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ