« 2017年5月 | トップページ | 2017年8月 »

2017.07.26

木村太郎さんの死を悼む

昨日の速報、本日の新聞紙上をにぎわせていますが、地元・青森4区選出の木村太郎代議士が52歳の若さで亡くなられました。今は立場を違えているものの、本当に残念です。

県政そして国政で早くから活躍してきた木村代議士ですが、私からすれば学年が一つ下ということもあって「太郎さん」と呼んできましたが、ご本人からとがめ立てされることもなく、親しくおつきあいをさせていただきました。
新進党から国政に転じたあたりから接点ができ、1999年に私が初めて相馬村議会議員選挙に挑む際には、当時の津軽の若手議員3人を引き連れて事務所開きに来てくださり、私もそれから数度の総選挙の際に選対本部にかかわる形となりました。
そこでは、その後藤崎町長となられた小田切智高さんをトップに西目屋村長・関和典さん、平川市議・葛西清仁さんといった政治家や同年代の支援者とともに、我が方の圧勝が過ぎるために投票率が下がってしまうのを打開するための方策を考えながら、ひとたび選挙カーに乗れば最後の1分まで太郎さんが街頭演説を打つ中でチラシを配ってかけずり回る、いわゆる「木村衆」の選挙をやってきたのは、今となっては懐かしい思い出です。
総選挙の時も、1月2日からはじめる新春遊説の際にも街宣車で走り回り、地域の方から「こんなところまで来てくれるなんて」と感激の言葉をもらうのが木村衆のやり方で、まず自ら足を運ぶという方法は、私の自転車遊説につながるものだと思っています。

その関係は、2006年の弘前市長選で私が一旦は崩したものの、太郎さんは「終わったら、また一緒に」と言ってくださり、2011年の落選後には励ましの葉書をいただき続いていたのですが、翌年の藤崎町長選で智高さんを応援した私は木村衆離脱を宣言して、太郎さんと距離を置くこととなりました。
それから顔を合わせる機会はなくなりましたが、最後となったのは2013年10月の弘高130年記念式典の際で、受付に来られた太郎さんが私を見つけ、いつもながらの太郎ジョークをかましていった時でした。
そこで何と言ったのかは思い出せないのが残念ですが、距離を置いた私をとがめることなく、往時のように冗談を言ってくれる心づかいに恐縮したのを覚えています。
太郎さんは、信義を重んじる人で、選挙活動で回る際に自分を裏切った人の近くでは、それで津軽がよくなるのかと声を枯らして訴える姿を見てきただけに、最後まで私を裏切り者扱いしないでくれたことに感謝したいと思います。

それにしても、52歳になったばかりで次こそ大臣と期待されていただけに、返す返すも残念です。
葬儀の日程は確定していないそうですが、新春遊説以来久方ぶりに藤越の自宅にお悔やみに上がりたいと思っています。

2017.07.08

ファシリテーター養成講座を完走

市の市民協働政策課主管のまちづくりファシリテーター養成講座の3回目が行われ、なんとか完走することができました。
講師に弘大の土井芳浩先生を迎え、社会人20と学生10という人数を募集しての講座でしたが、土井先生によるファシリテーションやワークショップの基本から実践までを網羅した内容で、最後は全員から提出されたプロジェクトから5例を選んで、グループに分かれての発表という形でした。
私の案は1票足りずに選からもれましたが、全員で悩んだり議論したりで濃密な話し合いを終えた達成感を得ることができ、楽しい養成講座でした。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6c25-2017-07-8-17-45.jpg

終わってからの交流会にも出て、さらなる懇親を深めましたが、担当者からは今回が3回目ということで一段落ということになっており、来年度以降の継続は不明だということでした。
市の事業という性格上、こういう扱いでも仕方ないということになるのかも知れませんが、それこそ成果を求めていくのであれば、具体的な目標を掲げてもう数年継続していくべきだと思います。

ところで、不採択だった私のプロジェクトは、「20年後の町会を考えるワークショップ」というもので、これは第3次のまちづくり1%システムに提案するつもりですので、よろしくお願いしますね、大瀬さん斎藤君。

2017.07.07

盛岡大会にPTA版ピコ太郎!

藤崎校舎のPTA会長となって2年目、今年が最後ということで高P連の東北大会、8月・静岡での全国大会に出席することにしています。
今回は盛岡での大会ですが、6県代表による研究協議は4年前の山形とは違って、統合で誕生したばかりの新設校や昨年開設したばかりの中高一貫校といった、ある意味高校再編が一段落進んだ形になっているのを実感する内容でしたが、最後となったのは青森県の代表でありわが地区の代表である弘前東高校・木村龍悦会長でした。
東高校は私立ということで高校再編の波から逃れていますが、それだけに他とは違うテーマでの発表となり、卒業前に行われるOBによる寸劇についての発表でした。
初演からすでに13年となるのだそうで、今ではPTA・後援会に教職員まで出演する1時間弱の演目を通じて、就職する生徒が約半数の3年生に仕事の厳しさと社会人としての心がまえを伝えながら、社会に旅立つエールを送るという内容を、映像を交えて伝えました。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6c22-2017-07-7-09-30.jpg

この発表は県大会でも聞きましたが、その際は知っている人が多いせいか、「ああ、あの話」という感じで流された雰囲気でしたが、今回は舞台が東北ということで知らない人たちに話す形となって驚きを持って迎えられ、さらに木村会長の朴訥とした語り口が妙にマッチして、会場からは何度も爆笑の歓声が上がりました。
私からすると、選挙を通じて黙々と強面を崩さずにやり抜く姿を見てきただけに、青森というか日本では受けずにいた古坂大魔王ことピコ太郎が、YouTubeを通じて世界を笑わせた昨年のムーブメントを思わせるものがありました。
さすがでした、龍さん。

« 2017年5月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ