« 最後の総会で見送り | トップページ

2017.05.26

問答無用の高校再編に向き合う

青森県高等学校PTA連合会=高P連の総会があり、弘実藤崎校舎の会長として出席しました。
これまで何度か出席している総会ですが、今年は最初の行政説明で県が進めていこうとしている高校改革という名の高校再編に関する説明があるということでしたが、前後に生涯学習課からの説明をはさんで、わずか10分弱で終わりました。
それにしても、時間が短いためとは言いながら、実際は質問を受けることにすれば各地区での意見交換会同様いやそれ以上の質問を浴びせられるのを嫌って、説明一本やりで済ませてしまいましたが、その概要と私の思いを記しておきます。

県の説明では、社会の急激な変化、高校教育をめぐる環境の変化、生徒の進路の多様化、そして何より10年間で約3,100人もの生徒数の減少という認識をもとに、県下11高の統合と2校舎の募集停止を中核とした全日制35クラスの削減を進めるとしています。
私たちの中南地域では、黒石高校と黒石商業の統合、弘実農業科の募集停止、そして弘前市内唯一の定時制である弘工定時制の募集停止が打ち出されており、3市の中で唯一定時制がなくなるとされています。
これが、高校関係者や統合・募集停止を打ち出された地域の人たちにとって受け入れがたいものであるのは連日の報道で伝わっていましたが、実際に説明を受けての総会での議事となったところ、今年度の活動計画では一言もふれていませんでしたので、たまらず挙手してしまいました。
私からは、7月に決定される高校再編について、6月の総会や7月の役員会などで高P連としての意見をまとめて県に対して提言すべきではないかと質したのですが、最初は事務局から意見の取りまとめは考えていないとされたので、改めて組織としての意見をまとめるよう再質問したことで、今日で退任となる大溝会長から前向きな回答をもらうことができました。

そのやりとりがあっても、他に決算に一つ質問があっただけで10分早く終わった総会でしたが、情報交換会には出席せずに帰る予定だったので退場しようとしたところで地元紙からの取材をされましたので、3年間という限られた期間でかかわる立場の私たち保護者から声を上げることで、県の考えに物申していく必要があると思っての発言だったことを話しておきました。
今回は私だけでしたが、各地区では自校の統合などに対して、きっと激しい意見をぶつけていることだと信じていますし、今回の場でも前後の少額学習課の説明とは違って、一つの拍手もなかったところに全員の総意が表れていると思っています。

このまま、スンナリと問答無用の高校再編を通してはならない、そのためにも声を上げていくつもりです。

« 最後の総会で見送り | トップページ

子育て・教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/65332471

この記事へのトラックバック一覧です: 問答無用の高校再編に向き合う:

« 最後の総会で見送り | トップページ

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ