« 憲法施行70年に誓う | トップページ | 問答無用の高校再編に向き合う »

2017.05.15

最後の総会で見送り

弘前市町会連合会総会に6回目の出席をしました。
毎年恒例のこととはいえ、前任の神忠男さんから阿部精一会長に体制を一新しての初めての総会でしたが、文化センターの大ホールの半分にも満たない参加者と、変わりばえのしないいつもの質問者という流れでしたので、大きな混乱もなく16:00前には閉会を宣言する、低調な総会でした。

私自身は、今年が最後の総会でしたので、おとなしく聞いていようと思っていたのですが、今年度の活動方針として「ごみの減量化とリサイクルへの協力」というのが掲げられてあり、それについて先に質問した方があったものの納得のいく回答ではなかったので満を持して挙手した矢先に、議長役の町会長から「今年もたくさんの意見をいただきましたので、このへんで」と機先を制されてしまい、苦笑しながら席に戻りました。
先に質問した方は、市から今後提案されてくるごみの有料化に対してどう対応するのかとたずね、阿部会長からはまだ市の方針が定まっていないので提案があった場合には理事会で協議するという答えでしたが、私が追っかけで質問し提言しようと思っていたのは、実際のごみの収集量からして対策を打つべきであるのは一般の家庭系ごみの前に事業系ごみであるのは明白であり、連合会として前倒しでごみの減量目標をクリアするかわりに有料化を食い止めることを申し入れるということでした。
今回の総会では阿部会長が先頭に立って答弁するのが目立ちましたが、実際の活動の中でも市が動くのを待って考えるのではなく、先に自ら動いて市の結論にプレッシャーをかけるくらいのアクションが求められていると思いますので、今後の阿部会長の手腕に期待したいと思います。

終わってからの懇親会には先約があって参加しないことをわびて会場を後にしましたが、5万世帯を超える町会を代表している会だけに、創設した故鳴海修先生が唱えた「自主独立」を堅持しながら、これからも市民自治の中核組織として奮闘していってほしいと思います。

« 憲法施行70年に誓う | トップページ | 問答無用の高校再編に向き合う »

弘前市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/65287161

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の総会で見送り:

« 憲法施行70年に誓う | トップページ | 問答無用の高校再編に向き合う »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ