« 返り討ち?のごみ減量化意見交換会 | トップページ | 憲法施行70年に誓う »

2017.05.02

社協負担金を見逃しで通す

1年ぶりの相馬地区社会福祉協議会推進委員会に出席しました。
特別な案件もなく1時間もたたずに終わりましたが、おかげさまで今年度からの社会福祉協議会負担金の任意徴収は何のおとがめもなく実施となります。

元はと言えば、社会福祉関連法の中で社会福祉協議会について規定されているのですが、それによれば社協に負担金を納めるかどうかは各戸の賛同に任されており、わが相馬地区や隣の岩木地区で行われている毎戸強制徴収というのは例外的な方法となります。
これが、社協会費では旧市内が300円なのに対し両地区は1000円と割高な会費が合併時から継続しており、社協支部に人員を残すために続けられているといわざるを得ない状況ですが、これに関しては昨年の場で会費の多寡で配置が決まっているのではないという言質を得ています。
その社協負担金として扱っているものには、社協会費の他に赤い羽根・歳末助け合い・赤十字の合計4つで2,100円となりますが、たとえば相馬地区では赤い羽根共同募金で約40万円を納め続けているのに対して、1,600万円を集めている弘前市には850万円の助成がされている中で、相馬地区で行われた事業はあるのかと質問したところ、それに関してはないという回答でした。
負担率としては市よりも若干高いにもかかわらず、その負担に見合う形で助成を受けられないというのでは、これこそ合併のひずみが現れていると言うほかありません。
こういったことをふまえて、昨年中に理事会で話し合い、3月の総会で議決を行って、4月の町会費徴収の際に加入の可否を確認してありますので、7月の社協会費納入で社協側に現実を突きつけることになります。
その際には一悶着あると予想が立ちますが、そのことが相馬の他地区に波紋を呼んで、それぞれの地区でも社協負担金について考える機会になればと思っています。

そもそも、こういった会費納入のことばかりでなく、社協は地域の中でどういった活動をして貢献していくべきなのか、再考すべき時期にきていると思いますし、これは地域福祉で大きな役割を担っている民生委員にも言えることだと思っています。
戦前戦後を通じて地域を支えてきた仕組みを、もう一度自分たちの生活に引きつけて考え直し、これからの人口減少社会でも生かしていける制度に再構築していくべきだと考えています。

« 返り討ち?のごみ減量化意見交換会 | トップページ | 憲法施行70年に誓う »

合併」カテゴリの記事

福祉と介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/65229205

この記事へのトラックバック一覧です: 社協負担金を見逃しで通す:

« 返り討ち?のごみ減量化意見交換会 | トップページ | 憲法施行70年に誓う »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ