« 2017年4月 | トップページ | 2017年7月 »

2017.05.26

問答無用の高校再編に向き合う

青森県高等学校PTA連合会=高P連の総会があり、弘実藤崎校舎の会長として出席しました。
これまで何度か出席している総会ですが、今年は最初の行政説明で県が進めていこうとしている高校改革という名の高校再編に関する説明があるということでしたが、前後に生涯学習課からの説明をはさんで、わずか10分弱で終わりました。
それにしても、時間が短いためとは言いながら、実際は質問を受けることにすれば各地区での意見交換会同様いやそれ以上の質問を浴びせられるのを嫌って、説明一本やりで済ませてしまいましたが、その概要と私の思いを記しておきます。

県の説明では、社会の急激な変化、高校教育をめぐる環境の変化、生徒の進路の多様化、そして何より10年間で約3,100人もの生徒数の減少という認識をもとに、県下11高の統合と2校舎の募集停止を中核とした全日制35クラスの削減を進めるとしています。
私たちの中南地域では、黒石高校と黒石商業の統合、弘実農業科の募集停止、そして弘前市内唯一の定時制である弘工定時制の募集停止が打ち出されており、3市の中で唯一定時制がなくなるとされています。
これが、高校関係者や統合・募集停止を打ち出された地域の人たちにとって受け入れがたいものであるのは連日の報道で伝わっていましたが、実際に説明を受けての総会での議事となったところ、今年度の活動計画では一言もふれていませんでしたので、たまらず挙手してしまいました。
私からは、7月に決定される高校再編について、6月の総会や7月の役員会などで高P連としての意見をまとめて県に対して提言すべきではないかと質したのですが、最初は事務局から意見の取りまとめは考えていないとされたので、改めて組織としての意見をまとめるよう再質問したことで、今日で退任となる大溝会長から前向きな回答をもらうことができました。

そのやりとりがあっても、他に決算に一つ質問があっただけで10分早く終わった総会でしたが、情報交換会には出席せずに帰る予定だったので退場しようとしたところで地元紙からの取材をされましたので、3年間という限られた期間でかかわる立場の私たち保護者から声を上げることで、県の考えに物申していく必要があると思っての発言だったことを話しておきました。
今回は私だけでしたが、各地区では自校の統合などに対して、きっと激しい意見をぶつけていることだと信じていますし、今回の場でも前後の少額学習課の説明とは違って、一つの拍手もなかったところに全員の総意が表れていると思っています。

このまま、スンナリと問答無用の高校再編を通してはならない、そのためにも声を上げていくつもりです。

2017.05.15

最後の総会で見送り

弘前市町会連合会総会に6回目の出席をしました。
毎年恒例のこととはいえ、前任の神忠男さんから阿部精一会長に体制を一新しての初めての総会でしたが、文化センターの大ホールの半分にも満たない参加者と、変わりばえのしないいつもの質問者という流れでしたので、大きな混乱もなく16:00前には閉会を宣言する、低調な総会でした。

私自身は、今年が最後の総会でしたので、おとなしく聞いていようと思っていたのですが、今年度の活動方針として「ごみの減量化とリサイクルへの協力」というのが掲げられてあり、それについて先に質問した方があったものの納得のいく回答ではなかったので満を持して挙手した矢先に、議長役の町会長から「今年もたくさんの意見をいただきましたので、このへんで」と機先を制されてしまい、苦笑しながら席に戻りました。
先に質問した方は、市から今後提案されてくるごみの有料化に対してどう対応するのかとたずね、阿部会長からはまだ市の方針が定まっていないので提案があった場合には理事会で協議するという答えでしたが、私が追っかけで質問し提言しようと思っていたのは、実際のごみの収集量からして対策を打つべきであるのは一般の家庭系ごみの前に事業系ごみであるのは明白であり、連合会として前倒しでごみの減量目標をクリアするかわりに有料化を食い止めることを申し入れるということでした。
今回の総会では阿部会長が先頭に立って答弁するのが目立ちましたが、実際の活動の中でも市が動くのを待って考えるのではなく、先に自ら動いて市の結論にプレッシャーをかけるくらいのアクションが求められていると思いますので、今後の阿部会長の手腕に期待したいと思います。

終わってからの懇親会には先約があって参加しないことをわびて会場を後にしましたが、5万世帯を超える町会を代表している会だけに、創設した故鳴海修先生が唱えた「自主独立」を堅持しながら、これからも市民自治の中核組織として奮闘していってほしいと思います。

2017.05.03

憲法施行70年に誓う

今日は、日本国憲法が施行されて70年となる記念の日でした。
70年もの長い間、片言隻句も変更もされずにきた、正真正銘の硬性憲法の見本のような日本国憲法ですが、昨今は改憲まっしぐらの安倍政権が長く続き、衆参ともに改憲勢力が2/3を超える状況にあるだけに、「不磨の大典」と呼ばれる憲法も風前の灯火に思えます。

そんな日に、思い立って池上彰さんの『憲法入門』(ちくまプリマー新書)を読了しました。
奥付に2013年10月とあるように、自民党に政権が戻ったとはいえ改憲の要件までは満たしていない時期に書かれたもので、特定秘密保護法も「戦争法」も成立していないのですが、阿倍政権の改憲志向をたしなめるように、憲法の持つ国民主権と平和主義に重点を置いて大切さを語りかけてくる内容でした。

そこでは文字だけで語られている軍隊化が進む自衛隊ですが、現実はさらに進んで、昨年から今年5月までとなった南スーダンでのPKOでは、駆けつけ警護まで任務に組み入れられていましたが、その派遣された部隊は青森の師団であり、その中には我が子の同級生も含まれていました。
稲田朋美防衛相が視察した際には取り上げられていましたが、日報廃棄はともかくとして、写っていないところでは危険な場面が多々あったように聞きますし、家族が心配しているのも目の当たりにしただけに、2月末に撤収が報じられた時には、本当にホッとしたものです。
今回は短期間で済みましたが、つい先日には護衛艦「いずも」による米艦警護が行われたりと、次々に進んでいく日米軍事一体化の流れの中で、早晩自衛隊員が死傷する事態が起きてしまう気がします。

そこで、改めて憲法を振り返ってみると、
「われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
(中略)
日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓う。」
と、世界の平和のために理想を掲げて取り組んでいくことが誓われています。
当時とは世相も世界情勢も違っているとはいえ、戦後日本がめざしてきた平和国家としての理想を、見えない敵におびえてかなぐり捨てる強気なようで弱虫な政治に惑わされるべきではないと思います。

戦後生まれの一国民として、憲法を護り育てていくことを、この日に誓います。

2017.05.02

社協負担金を見逃しで通す

1年ぶりの相馬地区社会福祉協議会推進委員会に出席しました。
特別な案件もなく1時間もたたずに終わりましたが、おかげさまで今年度からの社会福祉協議会負担金の任意徴収は何のおとがめもなく実施となります。

元はと言えば、社会福祉関連法の中で社会福祉協議会について規定されているのですが、それによれば社協に負担金を納めるかどうかは各戸の賛同に任されており、わが相馬地区や隣の岩木地区で行われている毎戸強制徴収というのは例外的な方法となります。
これが、社協会費では旧市内が300円なのに対し両地区は1000円と割高な会費が合併時から継続しており、社協支部に人員を残すために続けられているといわざるを得ない状況ですが、これに関しては昨年の場で会費の多寡で配置が決まっているのではないという言質を得ています。
その社協負担金として扱っているものには、社協会費の他に赤い羽根・歳末助け合い・赤十字の合計4つで2,100円となりますが、たとえば相馬地区では赤い羽根共同募金で約40万円を納め続けているのに対して、1,600万円を集めている弘前市には850万円の助成がされている中で、相馬地区で行われた事業はあるのかと質問したところ、それに関してはないという回答でした。
負担率としては市よりも若干高いにもかかわらず、その負担に見合う形で助成を受けられないというのでは、これこそ合併のひずみが現れていると言うほかありません。
こういったことをふまえて、昨年中に理事会で話し合い、3月の総会で議決を行って、4月の町会費徴収の際に加入の可否を確認してありますので、7月の社協会費納入で社協側に現実を突きつけることになります。
その際には一悶着あると予想が立ちますが、そのことが相馬の他地区に波紋を呼んで、それぞれの地区でも社協負担金について考える機会になればと思っています。

そもそも、こういった会費納入のことばかりでなく、社協は地域の中でどういった活動をして貢献していくべきなのか、再考すべき時期にきていると思いますし、これは地域福祉で大きな役割を担っている民生委員にも言えることだと思っています。
戦前戦後を通じて地域を支えてきた仕組みを、もう一度自分たちの生活に引きつけて考え直し、これからの人口減少社会でも生かしていける制度に再構築していくべきだと考えています。

« 2017年4月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ