« 町会長として最後の1年に向き合う | トップページ | 社協負担金を見逃しで通す »

2017.04.16

返り討ち?のごみ減量化意見交換会

相馬地区では初回から約半年ぶりとなる、第2回ごみ減量化・資源化意見交換会があり、出席しました。
参加者は前回から大きく減って、たった3人でしたが、旧知のコーディネーターの鶴見實弘大名誉教授の引き合いもあって、だいぶ好き勝手に言わせてもらいました。

まずは、ゴミの排出量が県内最下位レベルとはいえ、その分売電収入があるのではと質問したところ、確かに支出32億円に対して収入が1億円あるのだそうで、額としては県内トップであるということでしたが、これは鶴見先生にどんなことをしても収入が支出を上回ることはないと釘を刺されてしまいました。
それから、前回も提言した町会もしくは連合町会単位のゴミ排出量を測定し、2・3年後をめどに基準を下回ったところは無料を継続し、上回ったところから有料化とするインセンティブを導入すべきという点に関しては、実態が把握できるのは旧市町村単位なのだそうで、それによれば岩木・相馬地区はごみが多い傾向にあるということでした。
また、旧市内で行われているごみの戸別回収は、それなりの負担を招いているのは認めた上で、これを解消していく方策を検討しているということでした。
どうにも納得のいくやりとりにならないので、上勝町の40分別の例を引き合いに出して、いっそこういうところまでやってはと話したところ、鶴見先生から確かに資源化ということでは価値のある取り組みだが弘前市とは人口の差異が大きい、いっそ相馬地区で試験実施してみてはと切り返されたので、無料を継続していただけるのならと応じるのが精いっぱいで、返り討ちに遭った気分で終了となりました。

ただ、先日の記者会見でも市長からは2・3ヶ月で結論を出すということでしたので、事業系ごみの徴収強化ということで済むのか、予定どおり家庭系ごみの有料化を推進することになるのか、今後の話し合いも注視していきたいと思います。
有料化に関しては、最初に反対であると伝え、それが実施された場合には相馬地区など面積に余裕のあるところではごみを野焼きして済ませるようになると警告しておきましたが、こういう生活における土台にかかわる問題だからこそ、時間をかけて慎重に考えてほしいものだと思います。

« 町会長として最後の1年に向き合う | トップページ | 社協負担金を見逃しで通す »

暮らしと仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/65157941

この記事へのトラックバック一覧です: 返り討ち?のごみ減量化意見交換会:

« 町会長として最後の1年に向き合う | トップページ | 社協負担金を見逃しで通す »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ