« 校長お二人の卒業式 | トップページ | 町会長として最後の1年に向き合う »

2017.03.11

津軽で過ごす3.11

6回目となる3.11は、前後の予定をはずわけにもいかず、その時刻に自宅で黙祷を捧げるのが精いっぱいでした。

この一年で、被災地である岩手県野田村にできたことは、4月の二回目となったイベント「津軽衆の日」開催が最大のもので、その後はウォーキングのイベントに何度か参加し、8.11のLIGHT UP NIPPONで花火を眺め、8月末の台風被害には一度だけ片づけのボランティアをしたくらいで、6月の三味線コンサートでは渋谷和生×佐藤ぶん太、の共演という夢をかなえたものの、秋に予定していたジャズコンサートは中止となって、私ばかりでなく津軽からの訪問回数もガクッと減ってしまった感は否めません。
前後の報道を見ても、翌月から避難指示が解除となる浪江町の請戸小学校、最大の死者・行方不明者を出した石巻市の日和山公園、原住地訪問の際に通り過ぎた陸前高田市の一本松など、見覚えのあるまちやものが目につきましたが、死者が千人どころか3ケタにもならない野田村の様子は、まったく伝わってきませんでした。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_19d1-2017-03-11-14-46.jpgUNADJUSTEDNONRAW_thumb_2834-2017-03-11-14-46.jpgUNADJUSTEDNONRAW_thumb_2850-2017-03-11-14-46.jpg

NHKでは、当日の特集番組で飯舘村などでの分断の悲劇を取り上げていましたが、自治体の中で起きている分断だけでなく、被災をした自治体間での報道の格差が広がっていく現状は、見えなくなりつつある野田村とかかわっているからこそ見えてくるものだと思います。

それでも、私にとっては被災地というより第二のふるさととなっている野田村とのご縁は続けていきますので、野田村の皆さんにはこれからもお世話になりたいと思います。
この、すばらしい海と山と、そして温かい人たちがいてくれることに感謝し、生涯かけての交流を改めて誓います。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6a89-2017-03-11-14-46.jpg

« 校長お二人の卒業式 | トップページ | 町会長として最後の1年に向き合う »

思い」カテゴリの記事

震災支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/65005229

この記事へのトラックバック一覧です: 津軽で過ごす3.11:

« 校長お二人の卒業式 | トップページ | 町会長として最後の1年に向き合う »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ