« 津軽で過ごす3.11 | トップページ | 返り討ち?のごみ減量化意見交換会 »

2017.03.19

町会長として最後の1年に向き合う

多数の会員が参加してくれた昴町会の総会が行われ、無事に全議案を承認していただきました。
何といっても、今回の総会には役員の任期制限と社協負担金2100円を任意徴収とする年会費減額という二大案件をかけただけに、終わってからの懇親会では早々に酔いつぶれてしまったようで、迷惑をかけたろうと反省しています。

まず、任期制限の件ですが、任期を最長で3期6年とするもので、私自身が3期目ですので、これで残り1年で御役御免となります。
これにはとりたてて質問や意見が出なかったのは拍子抜けでしたが、何はともあれこれで長々と役にとどまることはなくなるわけで、ようやく全員参加の町会運営という方向性にルールを定めることができたのでホッとしています。
もう一つの社協負担金については、社協の助け合い会費・赤い羽根・歳末助け合い・赤十字4つで2100円を毎戸から強制徴収してきたのですが、新年度からは賛同する世帯からのみいただく形に改めるもので、皆さんから次々と質問や意見が飛び出しましたが、最終的には採決で圧倒的に賛成をしてもらって、可決となりました。
これをもって、4月末の地区社協の運営推進会議に臨むことになりますが、旧市内では300円の助け合い会費ですら任意だと聞いていますので、合併時の不平等を解消するために、まずは昴が立ち上がるというわけです。
この二つには自分の進退をかけるつもりで臨んでいましたが、通していただけると信じてよかったと思っています。

ところで、事業計画をまとめるにあたって、毎年何か一つをマニフェストとして掲げているのですが、今年はちょうど町会ができて20年という節目の年にあたりますので、市の「まちづくり1%システム」を活用して、町会として記念行事を開催するとしました。
以前も集会所開放事業で使った1%システムですが、今回は開設当初から深くかかわっている弘大・北原啓司先生の記念講演と町会の未来を考えるワークショップを開催することをもくろんでいます。
町会としての大きな行事でもありますし、町会長としての最後の仕事になりますので、4月になってから北原先生に相談に上がろうと思っています。

何はともあれ、町会長としての最後の1年、全力でがんばろうと思います。

« 津軽で過ごす3.11 | トップページ | 返り討ち?のごみ減量化意見交換会 »

まちづくり」カテゴリの記事

昴町会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/65043185

この記事へのトラックバック一覧です: 町会長として最後の1年に向き合う:

« 津軽で過ごす3.11 | トップページ | 返り討ち?のごみ減量化意見交換会 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ