« 2016年12月 | トップページ | 2017年3月 »

2017.02.12

ろうそくまつりの「限界」を食い止めたい

相馬の長い歴史の中で約450年もの伝統を誇る、沢田ろうそくまつりが旧暦1月15日の満月の日に開催されました。
建国記念の日と重なったこともあり、弘前公園での雪灯籠まつりに客足が奪われたようで例年より若干少ない人出でしたが、多くの人たちが参拝に訪れ、豊穣への祈りをこめたろうそくを立てていきました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6afd-2017-02-12-10-30.jpg

翌日の例大祭では、氏子総代によるご託宣が告げられ、今年の天候は平年並みだが地震が少し心配とのことで、その後の直会では相馬の主だった顔ぶれと沢田地区の方々とで楽しい歓談のひとときを過ごしました。

私は数年前から実行委員の端くれとしてかかわり、例大祭には昴町会長として招待をいただく立場ですので、今年も任務にあたっていましたが、その中で気になったのは実行委員の主力をして動いている人との会話でした。
荷物運びの車の中でのことでしたが、町会が10世帯になってまつりの開催もおぼつかなくなった沢田町会に対して、実行委員会方式で後押しをしようと10年ほど前からかかわっているが、実行委員のメンバーも変わらず、自分たちがリタイアしたらどうなるのだろうという不安を語っていました。
現実に実行委員会は60・70代が中心で、50代は私一人、その下は一気に30代となるような構成ですし、限界集落化している沢田地区を支えるはずの存在が、逆に組織としての限界を迎えるのが早いような、矛盾をはらんだ状況です。
このことに関しては、不在となっている私たち世代の責任は大きいですし、ろうそくまつりにかかわらず村内の行事イベントでの役割を考えてみても、あと10年続けていくことで、さらにその先までつながっていくと予想されるだけに、自分たちがしっかりしなければならない立場にあると感じています。

今すぐ何とかできることではありませんが、地域の伝統を継承していく役割を果たすことは、私たちにとっての大きな宿題を出されていると思っています。

« 2016年12月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ