« 圭一郎先生が教えてくれた違和感 | トップページ | 市政懇談会は封印すべし »

2016.11.24

ゴミ有料化説明会に出席

相馬地区で開催された、「ごみの減量化・資源化意見交換会」に町会長として出席しました。

こういう名称になってはいますが、9月に答申されたゴミ有料化に関する説明会だというのは衆目の一致するところで、市からは都市環境部長と秋元哲課長を筆頭に環境管理課一同で応対する形で、課長からの説明30分と1時間の意見交換という流れで進められました。
最初にあいさつにたった都市環境部長によれば市の方針はあくまで白紙であり市民からの意見を聞いて決定していきたいということでした。続く秋元課長からの説明では、家庭系ごみでは一人あたり全国の1.15倍、事業系ごみでは何と1.85倍ものごみを排出しているのだそうで、それによって市の一般会計予算の約4%にあたる32億円の予算があてられているのだそうです。
それをふまえて、9月には家庭系ごみの有料化が有効だとする答申が出されたわけですが、引き続く意見交換会では市としては減量化・資源化への取り組みから有料化へと進めていく段取りを考えていたようですが、いわんとしているものが伝わっているだけに市民からの質問もいきおい有料化にふれるものが多くなり、途中で秋元課長がなぜ有料化を検討しているのかをぶっちゃけで説明し直す場面もありました。

ラス前で発言する機会を得た私は、事業系ごみに関しては全国平均に近づけるために現行料金から倍増させて事業者に危機感を持ってもらうこと、家庭系ごみに関しては再来年といわれている有料化は先送りにし、まずは市から緊急事態宣言を出した上で3年後をめどに全国平均以下となる町会は無料を継続することを提言しました。
これに対しては、課員から町会ごとでは平均を出せる体制ではないことが弁明されましたが、市全体ではなくエリア単位での数値を出す努力はしていきたいとの回答でした。
他の参加者では、有料化への疑問を次々と並べ立てる方、ごみ出しの非常識を持ち出して有料化に賛同する人に的外れな発言をする人など、さまざまな意見が出されて、20:00を少し回るところまでかかる形となりました。

この後、意見交換会はヒロロで2回・岩木館で1回行われるそうですので、市民の皆さんにはぜひ足を運んでいただきたいと思いますが、部長の話どおり市民の意見が通って有料化先送りとなってほしいものですが、市民の意に反して市長提案どおりに議決してしまうのが今の市議会だけに、ごみ有料化の件は注視していきたいと思います。

« 圭一郎先生が教えてくれた違和感 | トップページ | 市政懇談会は封印すべし »

弘前市」カテゴリの記事

農業・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/64539350

この記事へのトラックバック一覧です: ゴミ有料化説明会に出席:

« 圭一郎先生が教えてくれた違和感 | トップページ | 市政懇談会は封印すべし »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ