« ゴミ有料化説明会に出席 | トップページ | コミュニティ・スクールへの回り道 »

2016.11.28

市政懇談会は封印すべし

8月末の予定が台風の影響で3ヶ月伸びて、ようやく相馬地区での市政懇談会が開催されました。
葛西市長以下市の幹部が顔をそろえて各町会からの要望に回答し、その場に参加した人たちからの質問にも応じる形で進む3年ごとの恒例行事ですが、今回は事前に出された要望が4つにフロアからの質問も10件で、1時間少々たったところで終了する流れでした。

実際に出された質問としては、土木事業にかかわるものが多かったので板垣建設部長が答弁に立つ回数が多く、他には要望というより事業そのものの内容に対する質問というものでしたので、市政懇談会という域を超えないレベルでした。
私からは、昴町会の街灯更新に関することと岩木・相馬地区と市の社協負担金の違いについて質問しましたが、街灯については終了後に所管している課にいる同期が説明にきてくれて再来年度から取りかかることがわかりましたし、社協負担金に関しては健康福祉部長から話題に上っていたことを社協に伝えておくという回答でした。
そのやりとりで感じたのは、取りたてて重要とは思えない内容であったかも知れませんが、質問を受けた各部長からしっかりとした回答が得られずに、後ほど調べて回答するとなったのが数件続いてしまい、まるで最近の予算決算審議で答弁に窮する場面を頻発させているというのが再現されていたことへの残念感でした。
地区の市民からすれば、せっかく3年ぶりにやってくる市政懇談会に出席しているのに、何とも歯切れの悪い回答ばかりでは、市に対する信頼感をアップさせる形にはならなかったろうと思います。

それにしても、質疑応答に移っても会場で我先に手を上げようとしている人は少なく、進行役の大谷さんから何度も促すような発言が重ねられる状況でしたが、それはやはり合併11年目ともなると市のやり方はこんなもので、その中で自分たちは暮らしていくしかないというあきらめの気持ちが強まっているからだと思います。
以前出席したのは6年前で、そこには当選してエネルギーにあふれた葛西市長や農林部長に昇進したばかりの蛯名副市長が前任の道路維持課への質問に越権で答えるといった場面もあり、新市長誕生を受けて市政は変わっていくのだという雰囲気に満ちたものでした。
それと比べると、今回の懇談会は市長のあいさつに続くプレゼンもサラッと終わってしまいましたし、もう一人の副市長である山本氏は欠席するというのでは、市民サイドからしても市からの熱を感じる要素はどこにもありませんでした。
相馬地区だから感じることなのでしょうが、合併した地域としては現在の課題についてやりとりすることよりも、もう少し中期的な問題に焦点を合わせて多角的に話し合いを持つ場こそが必要なのだと思いますが、26連合町会のうちの一つとしてのポジションでは、そんなことを提言する気にもなりませんし、そもそもそんなイレギュラーな発言が許されるような雰囲気ではありませんでした。

こんな気持ちにさせられるのであれば、相馬での市政懇談会は封印してほしいと思わずにはいられません。

« ゴミ有料化説明会に出席 | トップページ | コミュニティ・スクールへの回り道 »

合併」カテゴリの記事

相馬村」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/64557224

この記事へのトラックバック一覧です: 市政懇談会は封印すべし:

« ゴミ有料化説明会に出席 | トップページ | コミュニティ・スクールへの回り道 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ