« 野田村でボランティアする理由 | トップページ | 上を向いて歩こう »

2016.10.16

AppleFestivalで懐かしき未来と出会う

今日はこの秋一番の快晴のもと、藤崎校舎の文化祭AppleFestivalが開催され、PTA会長として出店の手伝いに出かけました。
例年より準備は遅かったものの、1・2学年の保護者を中心に10数名が集まり、恒例となっているアップルパイやロールケーキ、蜜かけにポップコーンを販売しながら、我が息子を含めて全校70余名の活動ぶりをウォッチする形でフェスティバルはスタートしました。
好評をいただいている野菜やリンゴ、ジャムなどの販売には開会前から行列が並び、藤崎町の秋の風物詩の一つとなっているのを実感しました。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6a42-2016-10-17-00-45.jpg

ところで、PTAの販売コーナーはにぎわいは見られないものの着実に売上を伸ばして、開会4時間後には完売し、全員で集合写真を撮って会長として売上の確認を終えたのは14:00を少し回ったところでした。
これも参加してくれた保護者の協力が何よりでしたが、ぶっきらぼうにしていながら時折顔を出しては買っていってくれる生徒たちの貢献度も高く、何ともほのぼのとした時間を過ごすことができました。
もうすぐ募集停止が公表される見こみの藤崎校舎ですが、寄っていってくださる近隣の町民の皆さんや見違える姿で驚かせるOB・OG、そして無邪気にふざけながら買いこんだ野菜運びの手伝いをしていた生徒たちを見ていると、進学率や退学者などに振り回されずに普通の高校生活を送っている幸せを感じずにはいられませんでした。

普通の高校生活と書きましたが、自分では送ったようでそうではなかった気もしますし、懐かしい未来が現前した感覚だけに、その中で暮らしている息子の将来に期待したい気持ちになりました。

« 野田村でボランティアする理由 | トップページ | 上を向いて歩こう »

子育て・教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/64359011

この記事へのトラックバック一覧です: AppleFestivalで懐かしき未来と出会う:

« 野田村でボランティアする理由 | トップページ | 上を向いて歩こう »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ