« 【時評】相模原事件と通底するもの | トップページ | 【時評】性犯罪被害を考える »

2016.08.01

シン・ゴジラと庵野秀明、そしてモスラ

12年ぶりのゴジラシリーズ最新作、「シン・ゴジラ」を観ました。
フルCGで野村萬斎の動きをモーションピクチャーで体現した凄まじいまでのゴジラの迫力、長谷川博己・竹野内豊・石原さとみをはじめとする錚々たるキャスト、これだけでも観るに値する作品でしたが、それ以上にこの映画には重いテーマが隠れていて、それが公開まで隠しに隠してきたものだと確信しました。

1954年の初代ゴジラは、大戸島で畏れられてきた神とされながら現実には古代生物が水爆実験で変異したものとして登場しましたが、「シン・ゴジラ」では米国から研究を委嘱された牧教授が伝説の呉爾羅からGODZILLAと名づけたとされ、放射性物質を食らって変異したと、ほぼ同じ原因で誕生したとされています。
この間のゴジラシリーズは、この原因をはしょって単なる怪獣映画として構成されてきただけに、これだけでも新たなゴジラシリーズとしてのシンの意義は十分だと思います。
一方、1954年版ではゴジラ発見後の対応を国会らしき場で議論されていましたが、2016年版では第一報が内閣に上がったところで空疎な会議の連続で後手後手に回ってしまい、国会での議論は描かれることもなく総理以下主要閣僚が亡くなるという緊急事態で、長谷川博己・竹野内豊そして平泉成らによって構成される臨時政府が危機に立ち向かいます。
また、1954年版では登場しない米国および米軍が、今回は放射性物質を廃棄した者として、さらには日米安保条約や国連多国籍軍の相手国として、ゴジラと日本に向き合います。
ここにこそ、真実のゴジラシリーズとしてのシンの意義があると思ったのは、米国からの圧力を感じさせる場面ばかりでなく、長谷川と竹野内の会話の中で、「属国」という言葉が飛び出してきて、これはまさに白井聡の「永続敗戦論」そのままだと感じました。
「属国」としての日本が、ゴジラと米国に対してどのようにしていくのか、これがクライマックスにつながっていきますので、ぜひ劇場でご覧いただきたいと思います。

ところで、今回の総監督は「エヴァンゲリオン」シリーズの庵野秀明ですが、彼にはもう一つ宮崎駿監督の「風立ちぬ」の堀越二郎役の声優という立場があります。
この映画での声優になぜ庵野監督を選んだのか不思議に思いながらも、抑制のきいた声での伝説の戦闘機設計者役には好印象を持ちましたが、今にして思えば、戦争を描くことで反戦平和を考えさせるジブリ作品の遺伝子を受け継ぐ存在と宮崎監督は認めていたのだと思います。
今回のシン・ゴジラは、圧倒的な存在であるゴジラに対して、日本が自衛隊ばかりでなく内閣も産業界も総力を結集して立ち向かうのが描かれており、東日本大震災や熊本地震などで見せたオール・ジャパンの底力が再現されているのも必見ですが、こういう日本を見せるのが庵野監督の表現したかったものなのだと思います。

ただ、ゴジラと立ち向かうために、東京は壊滅的な被害と放射能汚染に襲われてしまいますし、軍民ともに多数の死者が出てしまったのも冷酷に描かれています。
個体そのものが進化する超生命体として登場するゴジラですが、その知性もしくは知能は未知数であり、今回は神や呉爾羅として拝み鎮めようとすることはありませんでした。
折しも、公開前に「モスラ」で妖精役を演じたザ・ピーナッツが亡くなったことが報じられていましたが、あの歌声にモスラが従ったように、ゴジラと戦うのではなくなだめることで収束を図ることも映画としては考えられるのではないでしょうか。
人知を尽くしてもどうにもならない時、最後に人間ができるのは祈ることのみであり、その役を果たしたザ・ピーナッツがいなくなった年に、シン・ゴジラが上映されるのも、何かの因縁を感じますが、庵野監督にはぜひモスラもやってもらいたい気がします。

これだけのことを考えさせてくれる映画、それがゴジラです。

« 【時評】相模原事件と通底するもの | トップページ | 【時評】性犯罪被害を考える »

戦争と平和」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/63999328

この記事へのトラックバック一覧です: シン・ゴジラと庵野秀明、そしてモスラ:

« 【時評】相模原事件と通底するもの | トップページ | 【時評】性犯罪被害を考える »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ