« 【時評】性犯罪被害を考える | トップページ | 4日遅れのお山参詣 »

2016.08.28

59回目の地区体育祭を憂う

台風の影響で雨が心配される時期でしたが、思いのほか晴れ上がった天気のもと、59回目の相馬地区体育祭が行われました。
相馬村の時代は8月第1日曜日でしたが、合併後はねぷたに参加するようになったことで第3日曜日に変更となったのが、今年はその週末に東北ソフトボール大会で会場周辺が使用占拠されたことで、史上最も遅い開催となったわけです。
それだけであれば、少しりんごの収穫を遅らせてでも皆さん参加してくれたのでしょうが、それがちょうど中学校の文化祭とかち合ってしまっていて、中学生の出場はもちろんなく、保護者もそちらに行かなければならない役割の人もあって、例年になく寂しい体育祭でした。
thumb_IMG_3788_1024-2016-09-7-10-33.jpg

実は、今年先行して開催された地区ソフトボール大会も中学校の運動会とかち合っていて、体協の事務局長は平謝りに謝っていましたが、今回は地区16町会のうちこれまでの3町会から不参加が大幅に増えて、合同で参加したところを入れても10町会の参加にとどまり、本当にこのまま続けるべきかどうか考える危険水域に入っていると思います。

そもそも、地区体協の役員にしてもほとんどが還暦を過ぎた人ばかりで、若かりし頃からすでに30年近くは顔ぶれが変わっていないことで、小中との連携が薄れてしまっているのでしょうし、そういうお歴々に予定がかち合っていることを申し出るPTA世代が加わっていないのも問題です。
合併前は、「星の里マラソン」という家族で参加できるマラソン大会を主催するほど活発だった体協活動ですが、市の時代となって大会運営の補助金が削除されるとあっという間に大会がなくなるほど自主財源とやる気が欠けてしまっているにしても、他の地区とは違って合併前の名残で地区体協への補助金が続いているからこそ体育祭やソフトボール大会、そしてスキー大会が開催できているわけです。
これは、体協に限ったことではなく社協も同じことなのは前にふれたとおりですが、来年の記念となる60回大会を終えた時点で大会の継続と組織や補助金のあり方を見直すべきだと思っています。

思えば、私たちが10代だった頃の体育祭といえば、成人男子1500mで健脚を競ったり、最後は200×4=800mリレーで真剣勝負したりと、親睦以上に体育祭にふさわしい種目もあり、親睦の場面では昼から飲むのは当たり前で皆でホルモンをつついていたのが懐かしいですが、今ではそんな種目も煙の立つ場面もなく、昼には閉会式が行われて、反省会は町会に戻ってからという形になってしまいました。
小中学生からすれば、過疎とはいえ当時の人数が多かったこともあり、地区を代表して体育祭で走れるというのは誇りに思ったものですが、わが陸上クラブは出場したもののマラソン専門のクラブや野球チームは試合に行って不在というのも、体育祭のプライオリティが下がってしまっている現れです。
反省会でも、もっとみんなが参加してよかったと思える種目にしてほしいという声もありましたし、続けるにしても種目を再検討する必要があります。

ちなみに、わが昴町会は何とか人数をかき集めて棄権種目が少なかったことと女性陣の活躍で、準優勝というちょうどいい成績でしたので、楽しい反省会となりました。

« 【時評】性犯罪被害を考える | トップページ | 4日遅れのお山参詣 »

スポーツ」カテゴリの記事

合併」カテゴリの記事

相馬村」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/64170249

この記事へのトラックバック一覧です: 59回目の地区体育祭を憂う:

« 【時評】性犯罪被害を考える | トップページ | 4日遅れのお山参詣 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ