« 【時評】天皇陛下の退位問題から考える | トップページ | シン・ゴジラと庵野秀明、そしてモスラ »

2016.07.27

【時評】相模原事件と通底するもの

昨日未明に発生した相模原市の知的障がい者福祉施設における入所者に対する大量殺傷事件には言葉を失うばかりですが、まずは亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。
私も福祉の世界に身を置いてきた者であり、知的障がいの人たちと接する機会もありますので、今回の犯人の行動は許せませんし、なぜ今年に入ってから障がい者抹殺を口にするようになったのか理解もできませんが、この事件をつくづく考えてみると、今行われているあることと同じなのではないかと思えてきました。

それは、出生前診断です。
言うまでもなく、妊娠した胎児の遺伝子を調べて異常の有無をさぐり、場合によっては中絶するかどうかを選ぶ仕組みですが、診断が実施されてから1年経った2014年の記事によれば、検査を受けた7,740人のうち陽性が確定した113人中110組が中絶を選んだところから、今年の記事ではすでに3万人を超える検査が行われ、やはり陽性とされた約9割が中絶を選択したとのことです。
まだ戸籍に載る前の胎児とすでに成人となる人生を送ってきた人たちを同列で比べることはどうかと思いますが、1時間のうちに19人も殺されるのには言語道断の大合唱でも、平穏無事な日常社会の陰では1年間で5倍以上の障がい児が生まれることもなく消されているのです。
この110組の親たちは、このあと自分たちに降りかかってくるリスクを恐れて中絶したのは疑いようのない事実であり、残り3組の親たちのようにたとえ先天的な異常があっても個性と受け入れて育てていくことを放棄したわけで、そこに苦渋の決断やさまざまな理由があるとは言え、結果としては「抹殺」したのです。
この件に関しては、診断開始前の世論調査で賛成が約48%に対して反対は約3割ととどまっているように、現在の日本では障がい児を授かることを避けたいとする方が多いのだそうで、抹殺という意識はないままに障がい者のいない社会になればよいと思っているというのは恐ろしいことだと思います。

それではおまえならどうするのかと反論されそうですが、私なら出生前診断を受けることはしませんし、そもそも保険が効かずに約20万円も費用がかかるようなことをできるはずおありません。
そもそも、染色体異常がなかったとしても、原因が特定できない形で発達障がいを持って生まれる子ども、出産時のトラブルでマヒを背負ってしまう子ども、さらには生活環境などのために精神障がいを発現してしまう場合もあり、その子が障がいを持たずに人生を送れるかどうか、わかるはずもないのです。
それからしても、染色体異常のみを検査するというのはおかしなことであり、仮に知的障がいを持って生まれてきたとしても誕生を祝い、その成長を周りが見守っていく社会にすることの方が大事だと思うのです。

それだけに、殺傷された入所者には一緒に暮らしてきた家族があり、それを支えるはずの職員だった者が裏切るという最悪の結末となった事件を心に刻んで、この社会が障がいを受け入れる覚悟を改めて持つことを望みます。

« 【時評】天皇陛下の退位問題から考える | トップページ | シン・ゴジラと庵野秀明、そしてモスラ »

時評」カテゴリの記事

福祉と介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/63975417

この記事へのトラックバック一覧です: 【時評】相模原事件と通底するもの:

« 【時評】天皇陛下の退位問題から考える | トップページ | シン・ゴジラと庵野秀明、そしてモスラ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ