« 合併10年で見直すべきこと | トップページ | 棟方志功サミットでの再会 »

2016.05.16

紛糾の町会連合会総会の先に

5回目となる弘前市町会連合会草加に出席しました。
会場の500名を超える文化センター大ホールに、全324町会のうち180余名の出席でしたので、半分以上が空席という閑散とした雰囲気でしたが、ある議案のために白熱というべきか紛糾する一幕がありました。
それは、自主財源確保のためにこの数年徴収されていなかった世帯ごとの負担金20円を徴収するというもので、約53,000世帯ですので106万円となるのですが、その是非だけでなく予算の前に提案されたことで議論そのものが錯綜してしまいました。
反対の意見には、ごみ袋販売の特別会計からの繰入金が100万円減額されて、その分が留保金として残っているというのでは今期の財源対策としては必要ないというもの、ようやく町会交付金が650円から700円に増額になったのに、そこから20円差し引くのでは苦しい町会運営に差し障りがあるといった至極まっとうなものがあり、採決の際は私も反対に回りました。

おかげで、例年であれば16:00前には終わるのが17:00を回るほど長引いてしまい、その後の審議で発言するのは気が引けるところでしたが、意を決して基本方針の中に残っている「りんごを食べる日」について、もう一つ地域コミュニティ強化プロジェクトチームによるFacebookページについて質しました。
「りんごを食べる日」に関しては、毎年のように質問していて、昨年は大谷事務局長から来年度には消しておくのでと言質をいただいていたのでふれませんでしたが、何と今年も生き残っていただけに、市長交代してから有名無実となっているだけに農業振興への協力といった文言に修正すべきだと迫りましたが、神会長からは外すつもりはありませんとつっぱねられました。
また、Facebookページですが、「いいね!」している人が155人で、更新されている内容も他からシェアしているものが多く、これで町会活動に関心を持って加入してもらうという目的は果たせるはずもありませんし、そんなことより毎月の理事会の概要といったことを報じて、活動内容が見えるようにしていく方が有意義だと思うのですが、そもそもFacebookをやりそうにもない理事諸氏に期待してもムダとしか思えません。
そこに関心を持っているのは大谷事務局長には受けとめてもらっただけに、旧知の阿部精一新会長に打開策を講じてもらいたいものだと思っています。

何はともあれ、町会長としての任期は残り2年、その間に町会連合会改革でできることに取り組みたいものです。

« 合併10年で見直すべきこと | トップページ | 棟方志功サミットでの再会 »

弘前市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/63644513

この記事へのトラックバック一覧です: 紛糾の町会連合会総会の先に:

« 合併10年で見直すべきこと | トップページ | 棟方志功サミットでの再会 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ