« 紛糾の町会連合会総会の先に | トップページ | 【時評】現代の奥羽越列藩同盟を夢想する »

2016.05.29

棟方志功サミットでの再会

先日、青森市内を歩いていたら、創立10周年を記念して「森羅万象・棟方志功展」を開催している青森県立美術館で29日に「棟方志功サミット in 青森」という企画があり、志功さんゆかりの5自治体の首長がパネリストとして出席する中に、富山県南砺市の田中幹夫市長の名前を発見したので、矢も楯もたまらず参加しました。

開館前から行列ができており、はじめて足を踏み入れた美術館のシアターには満員の聴衆が集まるほど関心を集めていましたが、基調講演を倉敷市にある志功作品の収蔵でも知られる大原美術館の大原健一郎理事長がされ、文化・芸術・人文学の危機に直面している現在の日本だからこそ、世界一流の地方を創生するために美術館の果たすべき使命があると高らかに表明しました。
クラレの創業家であり岡山県はもとより日本経済界でも知られた存在のお方ですが、これほどまでに格調と情熱にあふれた講演を拝聴したことはなかっただけに、心からの感銘を受けました。それも、時間を守らず自分の長話に酔う人も多い中で、遅れてはじまったにもかかわらず時間どおりにまとめるという話法も、参考にさせていただきたいものでした。

続いて、大原さんと東京都中野区・倉敷市・南砺市・杉並区と生地である青森市の5首長によるパネルディスカッションに移り、それぞれの地での志功さんをまちづくりに生かす取り組みが紹介されましたが、中野区の田中大輔区長が当日は代理出席だった杉並区も田中区長であることから、「今日は田中サミットです」と発言して場内をなごませていましたが、それは田中市長から言わされたのだそうで、場をリードしていただけでなく実際の取り組みの内容からしても南砺市のまちづくりは一段高いところにあると感じました。
それは市議時代に視察させてもらって承知していたのですが、今年は新しい資料館もオープンし、それを核にした「棟方志功まちづくり連絡協議会」も発足させたそうですし、今も志功さんが息づいているまちを、五箇山の世界文化遺産とあわせて再度訪問したくなりました。

thumb_IMG_3219_1024-2016-05-30-10-08.jpg

最後に、5首長が握手して共同宣言が採択されて来年度は中野区でサミット開催と発表されましたが、閉会後に田中市長と再会の握手を交わすことができ、私個人の目的も達して、うれしく企画展を観て戻りました。
議員時代からの交友を続けてきた人が、自分のずっと先を歩んでいるのを見て、どんな形であれ追いつきたいと思いましたし、短い会話にこめられた激励を糧にがんばっていこうと思います。

« 紛糾の町会連合会総会の先に | トップページ | 【時評】現代の奥羽越列藩同盟を夢想する »

まちづくり」カテゴリの記事

政治活動」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/63704682

この記事へのトラックバック一覧です: 棟方志功サミットでの再会:

« 紛糾の町会連合会総会の先に | トップページ | 【時評】現代の奥羽越列藩同盟を夢想する »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ