« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016.03.23

町会長、3期目のマニフェスト

春分の日、昴町会では総会が行われ、私は3期目の町会長の役割を仰せつかりました。
実際のところは、1月に8班から順送りで選出される理事の方々からの推挙で内諾しており、総会では承認をいただくという型どおりの流れではありましたが、今回の総会に行事不参加の人への事業負担金を創設し、また今期のマニフェストとして役員の任期制限を打ち出しているだけに、反対されてもやむなしの思いで臨みましたが、何とか杞憂に終わり、楽しい懇親の酒席となりました。
thumb_IMG_2918_1024-2016-03-23-16-18.jpg

事業負担金のことはさておき、任期制限は3期以上の再任を認めないとするもので、当然私は今期で最後となります。
これまでの2期4年の間、理事として何期も続けてこられてきた方々に支えられてきたのは事実ですし、そのおかげで前向きな町会運営をしてこられたことには感謝の一文字しかありませんが、特定の人が役員を占め続けることで増させておけば大丈夫、さらには勝手にやっていればという冷めた考えに至っている町会員も出てきており、これを変えていくにはまずは自分たちが退くのが何より早いという気持ちで打ち出しました。
これを、これからの一年で議論し、来年の総会には提案したいと思っています。

思えば、施設時代には施設長を退くにあたって「権腐十年」をうたいましたが、実際にはその後も院政を敷く体制でしたし、プロ議員としての3期で引退という提案は自ら落選して日の目を見ることもない形に終わっただけに、今回の任期制限が実現し、ねらった成果を引き出してくれることを願っています。
そういえば、地区老施協では2期4年で退任として自ら従ったものの、後任の会長はいまだにその役を続けているほど権力の魔力にはあがなえないものだと思いますが、政治という場においてはマニフェストを実現できたら退場するとか、何期以上はやるべきでないと考えるとか、出処進退を自ら厳しく律すべきだというのは、改めて言うべきことではありません。
そのけじめを、町会という場で実現するのが、私のあり方です。

2016.03.12

野田村に6年目のゴスペル

野田村をはじめとする東日本大震災の被災地は、5回目の3.11を迎えました。
当日は、厳粛な雰囲気の中で粛々と追悼式典が行われ、その後弘大や関西の各大学などで組織されているチーム北リアスのフォーラムが開催されましたが、どれも予定調和で進んでいき、私としてはその前の時間に「津軽衆の日」のポスター掲示を依頼でかつての避難所や懐かしい方々に再会したことの方が心に残る一日でした。

明くる12日、6年目の最初の日に防潮林再生と野田村の特産である山ぶどうのワイナリーの植樹祭が行われるというので、再び野田村へと向かいました。
野田村の玉川地区には、マリンローズというマンガン鉱跡を活用したパークがあるのですが、今回はここをワイナリーの拠点に改装し、そこで松の植樹を行うというのです。
おじゃましてみると、いつもはお会いしたことのない人たちがたくさん集まっており、その中に「のだ千年の松」プロジェクトの代表として苫屋の坂本久美子さんやだらすこ工房のお父さん方、またワイナリーにスピンオフするえぼし荘の坂下支配人など見慣れた顔もあり、さらには全体の司会を小林由美さんが務めていたのが驚きでした。
公的な主催者である国土緑化推進機構のあいさつや防潮林を説明する紙芝居、協賛しているDCMホーマックの社員による植樹の仕方の説明を受けて、植樹が行われました。
thumb_IMG_3569_1024-2016-03-13-19-47.jpg

その後、振る舞いの炊き出しと音楽祭という第2部がはじまり、地元のブンドーズと名古屋から昨年は5回も足を運んでいるVSMYBLUESのライブがあり、その後はるばる福岡県久留米市から支援してくださっているゴスペルクワイヤVOGの代表である広重貴子さんからツツジの苗木の提供、そしてアメイジンググレイスの独唱と会場全員での翼をくださいの合唱となりました。
だらすこ工房への支援の関係で広重さんとやりとりする機会があった私としては、この歌声を聴くのが最大の目的でしたので、寒さにふるえながらもうれしい気持ちでマリンローズを後にしました。
thumb_IMG_3575_1024-2016-03-13-19-47.jpg

ワイナリーの開設には、横浜市のネパリバザードという会社がかかわり、千年の松にはホーマックと、ビジネス側からの社会貢献がセットになっており、これまでの大学や市民の支援や研究という流れが変わっていきそうです。
とりわけ、オール弘前の訪問が不定期で回数が減り、私たち「動こう津軽!」も4/3の「津軽衆の日」で区切りをつけるわけですから、津軽からどのようなかかわりを持っていけばいいのか、真剣に考える必要があると痛感します。
ただ、いつでも今回もそうだったように、野田村にいても何の違和感もなく存在しているのが私のとりえですから、変わりゆく野田村を、つかず離れず見守っていきたいと思います。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ