« 野田村に6年目のゴスペル | トップページ | 「花は咲く」にこめた思い »

2016.03.23

町会長、3期目のマニフェスト

春分の日、昴町会では総会が行われ、私は3期目の町会長の役割を仰せつかりました。
実際のところは、1月に8班から順送りで選出される理事の方々からの推挙で内諾しており、総会では承認をいただくという型どおりの流れではありましたが、今回の総会に行事不参加の人への事業負担金を創設し、また今期のマニフェストとして役員の任期制限を打ち出しているだけに、反対されてもやむなしの思いで臨みましたが、何とか杞憂に終わり、楽しい懇親の酒席となりました。
thumb_IMG_2918_1024-2016-03-23-16-18.jpg

事業負担金のことはさておき、任期制限は3期以上の再任を認めないとするもので、当然私は今期で最後となります。
これまでの2期4年の間、理事として何期も続けてこられてきた方々に支えられてきたのは事実ですし、そのおかげで前向きな町会運営をしてこられたことには感謝の一文字しかありませんが、特定の人が役員を占め続けることで増させておけば大丈夫、さらには勝手にやっていればという冷めた考えに至っている町会員も出てきており、これを変えていくにはまずは自分たちが退くのが何より早いという気持ちで打ち出しました。
これを、これからの一年で議論し、来年の総会には提案したいと思っています。

思えば、施設時代には施設長を退くにあたって「権腐十年」をうたいましたが、実際にはその後も院政を敷く体制でしたし、プロ議員としての3期で引退という提案は自ら落選して日の目を見ることもない形に終わっただけに、今回の任期制限が実現し、ねらった成果を引き出してくれることを願っています。
そういえば、地区老施協では2期4年で退任として自ら従ったものの、後任の会長はいまだにその役を続けているほど権力の魔力にはあがなえないものだと思いますが、政治という場においてはマニフェストを実現できたら退場するとか、何期以上はやるべきでないと考えるとか、出処進退を自ら厳しく律すべきだというのは、改めて言うべきことではありません。
そのけじめを、町会という場で実現するのが、私のあり方です。

« 野田村に6年目のゴスペル | トップページ | 「花は咲く」にこめた思い »

政策・マニフェスト」カテゴリの記事

昴町会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/63385630

この記事へのトラックバック一覧です: 町会長、3期目のマニフェスト:

« 野田村に6年目のゴスペル | トップページ | 「花は咲く」にこめた思い »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ