« 成長塾に里帰り | トップページ | 野田村に6年目のゴスペル »

2016.02.13

iPadの可能性を知る

青森成長塾が終わってから、県民福祉プラザで開催される憲法フォーラムに向かったのですが、同じ会場で県主催の視覚・聴覚障がい者に教えるiPad人財育成講座交流会がはじまるところで、楽しそうな雰囲気につられてついつい参加してしまいました。
活動の中心にいる高森三樹さんとは、5年ほど前からの知り合いで、以前からこの講座を開催しているのは知っていたのですが、これまでご縁がなかっただけに、これ幸いと思ったわけです。

最初に高森さんから今年度の活動報告があり、青森・弘前での人財育成講座、八戸・青森・五所川原などでのステップアップ講座を開催したほか、事業者向けの簡易講習会、ICT利活用推進フォーラムでのブース展示、さらには全国各地での講習会に、視覚障がい者とカラオケに行ったり読書会を開いたりと、まさに八面六臂の活躍をしているのがよくわかりました。
続いて、これまでサポーターを務めてくれた青森公立大の学生たちに感謝状贈呈を行い、改めてiPadのアクセシビリティをおさらいして、グループに分かれての意見交換会となりました。
私たちのグループには障がいを持った方はいませんでしたので、健常な立場からの意見となりましたが、せっかく講座を受講しても引き続き活動する形になっていないことで組織化していく必要や、障がいを持った方のために検索などでサポートすることもできるという役割の果たし方、一方では実習にモデルで参加した障がい者が次回も同じレベルで習熟していないことについて金銭的なハードルとレクチャーを受ける機会の不足があるという現実も見えてきただけに、こういう交流会の開催を増やすとか公立大だけでなく県内三市の大学に核となる人材を育てるといった意見が出されました。
これらの意見を受けて、情報システム課では来年度からの活動の参考にぜひしたいということでしたし、直接障がい者と向き合う障害福祉課などにも活動内容をフィードバックしていくということでしたので、参加者から出ていた県の本気度が感じられるまとめとなりました。

ところで、私もiPadを使う立場ですが、アクセシビリティについてはまったく使うことのない身であり、ボイスオーバーや色の反転、ズームアップ(これらは、設定>一般>アクセシビリティと進むと設定ができますので、お試しください)などが標準装備されているだけでも驚きですが、標準アプリのメモのマイクボタンを押して使う音声認識の正確さは刮目すべきものがあり、これが数万円で入手できるようになったというのは、隔世の感があります。
実際に障がいを持っている方でも使いこなしている友人が少なからずいるのですが、ここまでできるようになったiPadであれば、より多くの人たちに使ってもらいたいものだと思います。

高森さんとは、来年度の講座での再会を約束しましたが、弘前・八戸で活動している方とも知り合うことができ、この参加が次につながる気がしています。

« 成長塾に里帰り | トップページ | 野田村に6年目のゴスペル »

福祉と介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/63210051

この記事へのトラックバック一覧です: iPadの可能性を知る:

« 成長塾に里帰り | トップページ | 野田村に6年目のゴスペル »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ