« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015.10.20

介護の漂泊者(アウトロー)からのエール

先日は障がい者差別というテーマから福祉の世界に戻ってみましたが、今回は盛岡市に本拠を持ち最近弘前市にも進出してきた福祉用具貸与などを業態とするサンメディカル社主催の研修会に参加し、今回の改正から2年半後の次期改正を見すえた介護保険制度について、久々に最前線の情報にふれてみました。
講演は、シルバー産業新聞の橋川記者による厚生労働省の内側に食いこんだ最新の情勢、そして元弘大医学部保健学科准教授で現在は埼玉県春日部市・介護環境研究所代表兼株式会社バリオンの金沢善智代表取締役による医療・介護連携と認知症への効果的なアプローチでしたが、今は社長でも私にとっては介護保険法施行以前の相馬村住宅改修制度立ち上げからはじまって現日本介護支援専門員協会会長である木村隆次さんと3人で医療保健福祉の垣根を越えた勉強会を主催した仲である金沢先生に再会できたのは、何よりうれしいことでした。
また、会場にも旧知の介護支援専門員や同じ職場で苦労してくれた顔もあり、この世界こそ自らのホームグラウンドであるのを改めて感じました。

お二人の講演の内容はこちらのメモから参照していただくとして、要点としては今回の改正でも十分打撃であるのに2年半後の改正では要介護2以下は市町村による地域支援事業、軽度者の福祉用具などは全額自己負担、さらに安倍総理の無知蒙昧な介護離職ゼロ方針で特養建設が進めば地域包括ケアとの矛盾が生じるといった、お先真っ暗の話題ばかりでした。
これに対して、サンメディカルの責任者の方からは、ここに参加している皆さんで力を合わせて声を上げていきましょうというまとめがありましたが、介護保険制度の方針を決める社会保障審議会分科会には木村さんをはじめとして職能・施設団体からの代表も加わっているにもかかわらず制度は複雑怪奇で生活無視の方向へ進む一方ですし、自民党よりは山井和則さんをはじめとして福祉介護の専門家が多い民主党政権時代でもよくなることがなかったのを見れば、霞ヶ関主導の岩盤の最たるものだけに、そんな簡単なことで変わるとは思いません。

それは、介護がいまだに国民的問題と映っていないからだと思います。
65歳以上で介護保険の対象となっているのは約20%であり、残り8割は医療のお世話にはなっていても介護には縁がなかったり、心臓発作や脳出血で急死というのが現状でして、これからしてもまだまだ介護が国民全体にかかわることだと受けとめられないのは理解していただけると思います。
私にしても、5年現場から離れて後期高齢者となった親と絶縁している立場からすれば、まったく介護を身近に考える必要もありませんでしたし、多くの皆さんも必要になったときにはじめてどこに相談すればいいのか悩むのが普通の流れですから、いずれ自分もかかわる問題だと思われていないのは間違いありません。
それでも、介護が必要になった場合はしっかりとしたサービスが整っているのが望ましいことですし、それが成り立つ財源や制度が構築されるべきですが、これまで5回の改正においても改悪と言いたくなるようなことが重ねられても、国民からおかしいという声は上がりませんでした。
それにひきかえ、障がいの側では障害者自立支援法が制定されて利用制限がかかるといわれた際には障がい者自身が先頭に立って国会を取り囲む行動に出たこともありましたし、先日の戦争法案では直接の被害を受けるわけではなくても国の根幹を揺るがすことだと思えばあれほどのデモが何度も繰り返されるわけですから、介護には当事者の主体的な行動がないこと、そして国民的課題と受けとめられていないことの証明であると思っています。

介護のことでは、日本創生会議が介護移住などというバカげた提言をまとめてこれも話題になっていますが、これから介護を受けることになる団塊の世代であり集団就職の金の卵だった皆さん、戦後民主主義の代表として自らが築いてきた場所で最後まで住み続けられる介護を保障しろ!と立ち上がるべき時は今しかありません。
業界でいくら動いても変わらないものを変えるために、今はアウトローである私も外から動きます。

2015.10.19

福祉の浦島太郎にならないために

県職員時代からお世話になっている山内修さんからFacebookでの招待をいただいて、「障がい児・者差別解消推進セミナー」に参加しました。
内容としては、来年4月から施行となる障がい者差別解消法について知るとともに、この機会に障がい児・者の置かれている現状を語り合うというもので、会場の青森市社会福祉協議会が管理している「しあわせプラザ」に入るのも何年ぶりかで、旧知の福祉関係者や支援というより交流してきた障がい者の姿もあり、こういう方々とこういう場所で活動していた時代が懐かしくなりました。

法の内容と問題点についてはこれまた旧知の沼田徹弁護士から、法制定の経緯と意義、登場人物としての障害者・行政・民間事業者の区分、不当な差別的取り扱いと合理的配慮の不提供という二つの差別を禁止する内容、最後に差別の具体的な定義がないこと、罰則規定がないこと、支援地域協議会を設置することが求められているものの権限があいまい、意思の表明の支援という課題について詳しく説明がありました。
続いて、自閉症児の親、知的障がい者、身体障がい者それぞれの立場からの報告と、それに応える形で青森市障害者支援課長も発言して、最後はフロアを巻きこんでの熱いやりとりが展開して、現実社会で暮らす中でどのような苦労を背負わされているか、どんなことを行政に改善していってもらいたいか、非常に伝わる内容となりました。
その中で協議会にからんでは、近年は社会保障にかかわる法が制定されるたびに協議会設置がセットになっているそうで、高齢者や障がい者の虐待防止法ばかりでなく、私が梁山泊!を通じて支援したいと考えてきた孤立無業=SNEPを対象とする生活困窮者自立支援法でも同様だそうで、支援課長からは役割や顔ぶれが重複していることが多いので総合的な協議会の部会という立ち上げ方もあるという話題もありましたが、介護や年金といった目につきやすい制度以外でも大きく動いているものがあり、それがまだまだ現実に対応できていないことも知ることになりました。
その例として、意見交換でのテーマの一つとなったものにタクシーチケットでの障がい者割引があり、青森市では48枚のチケットが支給されるものの、手帳の提示以外に氏名電話を伝えることを求める会社や運転手がいるという対応のまちまちさや個人情報保護の観点からの問題をそれぞれの立場から論じていましたが、弘前市では今年度までは24枚の支給で来年度からは介護保険などでの乗降介助・ケア輸送を使えばよいと廃止されることになっているようですし、彼我の問題レベルの違いを情けなく思いながら聞いていました。

タクシーチケットの件は議員再起の際には取り上げなければならないことだと思っていたものの、今の身の上ではあたる権限もないと捨て置いてしまっていたのですが、福祉の浦島太郎にならないためにもかけ合ってみようと思います。
そもそも、議員だったら動かせる、一市民ではどうにもならないでは、皆さんおかしいと思いませんか?

2015.10.12

久々にラグビーに荒ぶる

戦前は、新国立競技場問題にからんで、そういえばラグビーのW杯もあるんだっけという感じだったのですが、名将エディー・ジョーンズが4年がかりで作り上げたチームは想像を超える強さで、24年ぶりの勝利を優勝候補・南アフリカから上げたのが奇跡とは呼べなくなるほどの快進撃をみせ、サモア・米国にも快勝し、3勝しながら決勝トーナメントに進出できない初めてのチームとなる「勲章」を得て、2015年のW杯を終えました。
1983年入学のワセダ生である私にとって、ラグビー伝統の早明・早慶戦はもちろん、大学選手権も準決勝決勝は必ず応援に行くほど好きだっただけに、今回の活躍とりわけ後輩・五郎丸選手の最後のインタビューでの涙にはもらい泣きしてしまうほど、のめりこんでしまいました。
本当に「JAPAN WAY」を掲げたエディーの残したものは大きいですし、選手の皆さんにもご苦労様ありがとうの思いでいっぱいです。

そのエディー・ジョーンズは今大会限りで退任することを表明しており、2019年のW杯は日本開催だけにぜひとも日本人監督で臨んでほしいと思いますが、最近では早実野球部の怪物・幸太郎選手の父の方が知られている清宮克幸ヤマハ発動機監督が名乗りを上げているだけに、個人的には実現してほしいと思っています。
ワセダの3年後輩になる清宮は、1年下に堀越・今泉・藤掛の1年トリオが入ったことで大学選手権優勝したチームを引っぱり、4年時には当時は大学と社会人の優勝チームの対戦で日本一を争った日本選手権で東芝府中を破って最後の大学から日本一のチームのキャプテン、その後低迷したチームを監督として復活させ、社会人チームでもサントリーそして現在のヤマハを日本一にした、日本を代表するラガーマンです。
顔や現役当時のプレーに似合わず理論的なチームづくりをすることでも知られていますが、清宮がサントリー退任後にチームを率いたのがエディーであり、その際チームを根本から見直したということですから、その意味では方針が水と油なのかも知れません。
それからすると、清宮の次のワセダ監督であり現在はU-20日本代表ヘッドコーチである中竹竜二の方がエディー流を引き継いでいくには適任なのだとインタビューからも受け取れます。
ただ、今回の戦術はあまりにサイドアタック一辺倒で10番=スタンドオフの存在感がまったくなく、得点した際にはやはりバックスのオープン攻撃が決め手だったことからしても、フィットネスの面では継承しても戦術としては往年のワセダそして日本代表の接近・展開・連続への回帰が見たいのがホンネだけに、個人的には清宮推しです。

いずれにしても、今までにないラグビーへの関心が高まったことで、日本でのW杯にはずみがつくことでしょうから、これからも私のラグビー熱も「荒ぶる」(ワセダラグビー部歌)一方になることでしょう。

2015.10.10

これが教育委員会のやり方か!

先日、小中教育改革の意見交換会に出たことはお知らせしましたが、その報告がアップされたようだったので見にいったのですが、これぞお役所仕事の典型でした。

そのページには、相馬地区で配布された資料と当日の概要をまとめたという「かわら版」がアップされていましたが、掲載されたのは3つのやりとり、そのうち言いたい放題の私の分は特認校という一番差し障りのないもので、コミュニティスクールの早期導入や朝陽・青柳小の統合ではなく相馬小との統合で、合併したことで旧来の枠を超えて土地柄が近いところでの統合を進めるべきという、今後の論議に大きくかかわる問題は削られていました。
当日の説明の際に発言を紹介することがあるとはしていましたが、こういう取捨選択では平穏無事に会が終わったかのように見えますし、これから予定されている朝陽・青柳小も含まれる四中学区での意見交換会にも反映されない形になってしまいます。
まさに、事なかれ主義で自分たちに不利な情報は出さないというやり方で、「これが教育委員会のやり方か!」と叫びたくなります。
小中一貫教育や弘前市ICT3点セットといったことも今後の教育にとって大事なことではありますが、やはり地域の核である小学校を統廃合するというのは何より重い意味があるだけに、この問題に関する声をなるべく伝えるべきだと思います。

この件、教育委員会に修正版の発行を求めるとともに、それがかなわなければ四中学区の意見交換会に相馬からの声を届けるために出席しようと思っています。
教育委員会、覚悟せよ!

2015.10.07

正体不明の告発者に告ぐ

昨年の今頃にも怪文書が送られてきたのですが、またしても山本昇経営戦略部長にかかわる文書が送付されてきました。

就活中の弘大生と名乗って、市役所への就職を考えているが人事権を握っている部長は県から来た若輩者で任にたえない人材だと聞くと志望できないで悩んでいるとしていますが、宛先の住所が町名変更の前のものでしたし、この時季に新緑といった時候のあいさつが入っていたりと、おかしなものでしたし、書かれている内容も確認もできないことばかりですので、公開する気にさえなりません。
さらには、返信先が大学の寮の事務室とされていたので電話してみるとまったく感知していないということですし、同封されていたものに「我々が、プライドを持って働ける職場を取り戻したい。」とあるのからすると、学生ではなく現職で働いている市職員と考えざるをえません。

職員が不満を感じているのであれば、まず動くべきは労働組合ですが、その役割を果たせないのであれば何の意味もない団体です。サヨクな私ですが、こういうことだから労組はキライです。
また、課長級以上であれば会議の場で申し入れるのが筋だと思いますが、そういう批判ができないのでは風通しのよい職場とは言えませんし、そういう話を仄聞はしています。
だからと言って、名も名乗らず怪文書だけで何とかしてほしいというのは、あまりに虫のいい考えですし、本人から話を直接聞いて納得できるものでない限り、私が動くことはありません。

酔っ払いでもケンカするときは「表に出ろ!」となるものです。ましてや、相手に非がありただそうとするなら、表沙汰にして戦うべきです。
それなら私も、そして市民も助太刀するに違いありません。

2015.10.04

B-1グランプリが生み出すもの

全国でB級グルメでのまちおこしの例は数々あれど、その頂点を決めるB-1グランプリが近くで開催されるのは滅多にないことですし、十和田市の場合はこれまでの開催都市としては最小規模でどれだけがんばるのか気になりますし、何といってもその先頭に立つ畑中宏之さんへのエールの思いを持って、八甲田を越えました。
あいにく少し雨がこぼれる残念な天気でしたが、十和田市の全人口の数倍になる人たちでにぎわう会場で全国62団体が、料理ばかりでなく自分たちのまちのよさを伝えようという熱気があふれていて、このエネルギーが八戸からはじまったことのすごさを感じました。
thumb_IMG_3636_1024-2015-10-4-09-30.jpg

それ以上に感銘を受けたのは、八甲田から十和田市に入って最初のシャトルバスの発着場所となっている旧十和田湖町役場のところで中学生の一団が合い言葉である「ボンジュール!」と笑顔で迎えてくれ、到着した駐車場でも同じく元気な出迎えがあり、会場では高校生がゴミの回収に回っていて、62団体の紹介のノボリには制作した小学校の名前があったことです。
5000人以上のボランティアでおもてなしの態勢を整えていたそうですが、その中にこれからの十和田市の未来を担う子どもたちがたくさんかかわっているというのは、自分たちのまちに対するプライドにつながりますし、これはグランプリという一大イベントだからこそ可能になることだと思います。
さすがに開始早々からおみやげ分も含めて7品並んでは食べる繰り返しで、正午には満腹になって帰る頃には雨がこぼれてきましたが、駐車場でも役場前でも中学生が元気に「ラビアンローズ!」と見送ってくれて、本当に感動してしまいました。
thumb_IMG_3631_1024-2015-10-4-09-30.jpg

同じ日に、弘前市ではこれまで最高の出場者でアップルマラソンが行われていたのですが、子どもたちまで巻きこんだ市として一丸となったお出迎えということでは負けているように思いますし、その点では短距離偏愛マラソン嫌いの私も、走らないにしても協力はしないといけないなあと反省しているところです。

私たちの図書館戦争

おととい軽い気持ちで流したツイートが、何と何と90を超えるRT=リツイートに20近い「お気に入り」してもらっています。
内容としては、ツタヤが図書館を指定管理している武雄市や海老名市で問題がおきているのにひきかえ、千代田区では日比谷図書文化館をはじめ充実した展開をしているという記事を引きながら、その指定管理JVの一翼を担っているTRC図書館流通センターが同じく指定管理している岩手県立図書館を紹介しつつ、指定管理そのものではなく事業者の質が問題なのだとまとめたのですが、きっと最初にRTした中に影響力のある人がいたことで次々と広がっているのだと思います。
柳の下のどじょうをねらうわけではありませんが、この機会と映画「図書館戦争」上映にあわせて図書館についての見聞や思いを改めてまとめておきます。

私自身は図書館をほとんど使わず本は買うものと思っている人間のですが、文化の拠点としての図書館という存在の大きさは了解していまして、市議時代に仲間と図書館弾丸ツアーをしたり、岩手県立図書館に移ってこられた図書館革命の父といってもいい小林是綱さんから学ぶ機会をいただいたり、当時は全国一の貸出件数を誇った浦安市立図書館も文化館の前身である日比谷図書館も見学したことがあります。
浦安市立図書館のように、自治体直営であっても館長が図書館法よりも地方自治法に重きを置いて住民福祉の向上を掲げて運営するだけでも全然違うのを実感しましたが、日本初の指定管理による図書館である山中湖情報創造館で、これまた日本初の自動貸出やビデオ貸出を小林是綱さんとの知己を得て、行政の枠を超えた取り組みをできるのが専門家による指定管理なのだと得心してしまいました。
それからすれば、我田引水な蔵書管理やスタバ併設といった図書館本来の機能とは違うことばかりが目立つ武雄市立図書館には疑問を感じていましたが、その後に貴重な近世資料を放り出してしまったことやブックオフでも買い取らないような本を選書するインチキばかりが伝わりますし、それが海老名市や小牧市でも市民から反対が起きることにつながっています。
これを推進した武雄市・樋渡前市長には以前から注目し震災支援では共鳴することもあったのですが、この件ではビジネス感覚のみを優先し目立てばいいというやり方には違和感を感じていましたので、これ以上追随する自治体が増えないことを願うばかりです。

先日は桶川市で老舗書店・丸善が運営する図書館・大型書店併設施設もオープンしたようですし、これからも指定管理ばかりでなく単一機能としての図書館ではない施設が増えてくるのだろうと思いますが、民間のよさをどこに生かしていくのかが、これからますます重要になってくるのだと思います。
それだけに、住民の図書館に対する思い入れや先進事例や失敗策の知識が必要ですし、よい図書館をつくっていく私たちの図書館戦争はこれからも続いていくはずです。

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ