« 政務活動費問題への異論 | トップページ | 私たちの図書館戦争 »

2015.09.30

三たび意見交換会で言いたい放題

3回目となる「弘前市立小・中学校の教育改革に関する基本方針」にかかる地域意見交換会に出席しました。
昨年は具体的な中身を伴わない茫洋とした内容でしたが、今年は別の中学校区とはいえ3つの小学校統合案が出てきていることもあり、言うべきことは言うつもりで臨みました。

説明としては、夢を育む独自の教育自立圏(中学校区)を形成します/教育上望ましい集団活動が実践できる環境を整えます/安全・安心な環境を整えます、の基本方針に沿って、小中一貫教育システムおよび学校支援システムの構築/全教室に弘前式ICT3点セット(教師用タブレット・実物投影機・電子黒板機能つきプロジェクター)の導入/一部の小学校での統合/通学区域(学区)の見直し、などを進めるということでした。
昨年の続報では相馬学区も候補に上がっていた小中一貫教育システムは、石川中と東目屋学区で試行することになったようですが、昨年のコミュニティスクールの答弁で危惧したとおり、名前ばかりの一貫教育と責任を持って取り組む形になり得ないコーディネーター配置というのでお茶を濁して、コミュニティスクールで地域に学校運営を委ねる気はないのが見え透いたので、大館市・城西小の例を改めて引いて、専任のコーディネーター配置と地域主導で人事権まで持つことが必要としておきました。
もう一つ、複式校でありながら統廃合できる距離にない岩木山麓の常盤野小中が特認校(全市から入学できる学校)とされることが記述されていないことを指摘し、小規模校である相馬小・中でもこれを検討すべきではないかと注文をつけておきました。
全体のことから相馬学区についての意見交換となったところでは、朝陽小と青柳小の統合について横槍を入れ、市内一の格式の学校にりんご農家の子弟が通うくらいなら相馬小との統合を進めるのが合併した弘前市で考えるべきことだと思うし、それにともなって中学校区の再編は長期的課題ではなく短期的に検討すべき課題と突きつけました。
司会役の職員は、案の定という表情で辟易して「もっと簡単なことを質問してもいいですよ」と曰わっていましたが、そうやって方針の中核に手つかずのまま通してしまうわけにはいかない内容だけに、意見できる場では言いたい方だいしておかなくてはなりません。

それにしても、小中の関係者4人に町会から2人と少なく顔ぶれも変わらない参加者で、地域の教育力があると言われてもお世辞にしか聞こえない状況こそ何とかしなくてはなりません。
なお、残り13中学校区ごとに意見交換会は続きますので、市民の皆さんには足を運んでいただきたいと思います。

« 政務活動費問題への異論 | トップページ | 私たちの図書館戦争 »

子育て・教育」カテゴリの記事

相馬村」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/62385679

この記事へのトラックバック一覧です: 三たび意見交換会で言いたい放題:

« 政務活動費問題への異論 | トップページ | 私たちの図書館戦争 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ