« 松陰室で床下村塾を知る | トップページ | 田んぼアートに合併の皮肉を感じる »

2015.08.30

市民が主人公の市政にするには

陸上大会が参加者の増加もあって時間がかかり、30分遅れで「市民が主人公のみんなの会」主催の中嶋信先生の講演会に、ジャージのまま出席しました。

中嶋先生は、弘大人文学部の卒業で徳島大学名誉教授、現在は東日本大震災に寄りそう思いで宮城県大崎市に居を移して活動されている方です。
前段の聞き逃した大半の部分は安倍政権の地方創生政策の批判だったようで、まとめとしては地方自治体が地方版総合戦略を策定する上で国の戦略を勘案するという縛りがあり、地方自治の本義を崩壊させる悪政であると喝破していました。
もう一つのテーマである弘前市の最新の総合計画「弘前市経営計画」については、ボリュームで圧倒しているものの、「子どもたちの笑顔あふれるまち弘前」を実現させるための政策事業が見えてこないと斬り、これに対して上越市の農業基本計画を引いて具体的な指標を掲げて取り組んでいるとし、こういう形にしていくには市民からのアクションが必要であるとして、現在住んでいる大崎市での「あったか宮城・大崎の会」で開催している市民フォーラムのことを紹介してくれました。

質疑に移ったところで最初に発言させていただき、経営計画審議の傍聴をした立場から構想や総合戦略ばかりでなく個別の事業まで議決している珍しい総合計画であるのに、その大事なところの議論をはしょって粛々と承認する形になった議会の責任を指摘したところ、参加していた共産党・越市議が「審議においては計画の方向性を論じるのに重心を置いて、個別の事業のことは予算などで質していけばよいと思っていた」と回答しましたが、同様に全文を議決する形式となって初めての県総合計画が議会から何の注文もつかずに通ったのを幹部として見てきた葛西市長からすれば、事業を議決する重さを認識していない議会の怠慢を見透かしていたに違いないと切り返しておきました。
その後の発言でも、タクシーの無料チケットが廃止されるのを何とかできないのかといった切実な声や、この会で5月に市の出前講座をお願いして経営計画を勉強したところ、農業よりも第3次産業重視だと言われて腑に落ちなかったといった、市民から見た市政の問題点が出されていて、これと議会のぬるま湯さのギャップが浮き彫りとなりました。

最後に会の代表から、自分たちも選挙近くにならないと動かないのを反省しないといけないとあいさつがありましたが、中嶋先生もチェックするという意味では決算が大事だとおっしゃっていたとおり、ちょうど決算審議がはじまるところですので、これを市民が集まって個別の事業ごとに成果が出ているのか継続すべきか見直すべきかを精査するような活動ができれば、市民からの提言も重みを増して市政を動かすこともできると思います。
私が考えるシンクタンクも、まずは今行われている政策事業の評価があってこそ動くものだけに、主催団体の名前のとおり市民が主人公となる市政実現のために、できるところから活動していきたいと思います。

« 松陰室で床下村塾を知る | トップページ | 田んぼアートに合併の皮肉を感じる »

弘前市」カテゴリの記事

政治活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/62196385

この記事へのトラックバック一覧です: 市民が主人公の市政にするには:

« 松陰室で床下村塾を知る | トップページ | 田んぼアートに合併の皮肉を感じる »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ