« 義父が導いてくれたこと | トップページ | 1995年という節目 »

2015.08.14

「日本のいちばん長い日」の前に

お盆ではありますが、戦後70年の節目を迎える前に見ておかなくてはと思い、映画「日本のいちばん長い日」のために青森市まで足を伸ばしてきました。

「いちばん長い日」とは、もちろん1945年8月15日をさすのですが、原作では7月末のポツダム宣言が突きつけられてからを、映画では幕引き役を果たした鈴木貫太郎首相への大命降下から、太平洋戦争最終盤の政権中枢ではどのようなことがあったのかを克明に描いた内容です。
映画としてのできばえは、配役の重厚さや戦時中を伝える舞台選びなど見るべき価値があり、戦後70年ともなって敗戦記念日がいつなのか敵国はどこだったのかも知らない世代が増えているご時世だけに、ここで改めて描いておく意義はあるストーリーだとは思います。
ただし、本当にポツダム宣言から原爆投下・ソ連参戦まで至らなければ敗戦を受け入れることはできなかったのかという冷徹な分析は必要ですし、映画でも中枢の人物や兵士たちは登場してきても一般国民はほとんど出てこないように、天皇や軍隊と護るという国体護持には意を注いでも、長引いて本土空襲まで受けるほどの劣勢に立つ中で多くの兵士ばかりでなく国民までもが殺されていくのを少しでも早く終結させるという思いがなかったのを、映画の陰から読み取ることを忘れてはならないと思います。

それにしても残念なのは、この映画が弘前市で上映されていないことです。
シネコン側の配給戦略によるものですからいかんともしがたいこともあるでしょうが、津軽や青森県を舞台にしたものなら先行上映やロングランともなることがあるだけに、かつての第8師団司令部が置かれ軍都を標榜していたのですし、映画には登場しませんでしたが昭和天皇の弟で大隊長として弘前市に赴任在住されたこともある秩父宮様とのご縁もあるのですから、この映画はぜひにも上映してほしかったと思います。
弘前市は、軍都として真っ先に空襲を受けてもおかしくなかったのを、弘前城をはじめとする文化財が多いことで思いがけず空襲を逃れましたし、わが相馬村では食糧に困ることなく「すいとん」を食べた記憶もない高齢者がほとんどというくらい戦争の傷跡の少ない土地柄ではありますが、だからこそ余計に戦争を振り返る機会を大事にしなくてはならないと思うのです。
まあ、今の市政にそれを望むのは、旧師団長官舎をあろうことかスターバックスにしてしまうような仕打ちができるくらいですから、まさに負け犬の遠吠えでしかありません。

それでも私は、二人の祖父とも憲兵を務めていたという軍人の血を受け継ぐ者として、とりわけ父方の祖父は満洲に夢を託して中枢にかかわり70年前のその日に京城=ソウルにいたおかげで処刑を免れて帰国できた人だけに、皇国日本とあの戦争の罪を考えずにはいられません。
その思いを胸に刻んで、明日を迎えたいと思います。

« 義父が導いてくれたこと | トップページ | 1995年という節目 »

弘前市」カテゴリの記事

戦争と平和」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/62081765

この記事へのトラックバック一覧です: 「日本のいちばん長い日」の前に:

« 義父が導いてくれたこと | トップページ | 1995年という節目 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ