« 「日本のいちばん長い日」の前に | トップページ | 終わらない「満洲国」 »

2015.08.15

1995年という節目

70年目の8月15日を迎えました。
もちろん、昭和天皇の玉音放送が正午に流された重要な日ですが、日本がポツダム宣言を受託したのは前日の14日、ミズーリ号で降伏文書に署名したのが9月2日であって、国際法上の敗戦日ではないというのはトリビアな知識です。
この敗戦記念日をふまえて、昨日は安倍総理が談話を出し、今日は戦没者追悼式典で天皇陛下がお言葉を述べられましたが、キーワードを盛りこまざるを得なくなったために談話というには冗長すぎる文章で、にもかかわらず自分の思いがこもっていない内容と棒読みでは、平和派はもちろん右翼からも受け入れられないレベルにとどまってしまったのに対し、陛下のお言葉は簡潔ながら自らと国民の思いを明確に主語にされており、思いの深さと伝えるための形においても、まったく比べものにならないものだったと思います。
この場を借りて、安倍晋三一派以外の国民と同じく、先の大戦の反省とアジアの人々へのおわびを表明し、日本を戦争をしない国として守っていくことを誓います。

それにしても、阿部談話を暴走させずに終わらせたのは、村山総理の戦後50年談話が世界的に評価されており、中韓との関係や公明党への配慮を考えた上でその枠組みを踏み外すわけにはいかなくなったのが大きいわけですが、今から振り返ると1995年という年は、まさに節目の年だったのだと改めて思います。
1月には阪神大震災が起きましたが、それから中越地震・中越沖地震そして東日本大震災が発生し、御嶽山や口之永良部島などの噴火も相次ぎ、これが日本列島を取り巻く地殻変動のはじまりだったわけです。
3月には、オウム真理教による地下鉄サリン事件がおき、バブル崩壊からはじまる今後の社会への不安が無差別テロという形になって暴発し、そこからはじまる社会の信頼感のなさは増幅していく一方です。
そして、自民党が下野する政治的混乱から生まれた自民党・社会党(現在の社民党)・新党さきがけ(現在は消滅)3党による連立政権で社会党から総理大臣となった村山総理は、戦後50年の節目にあたって国会決議ではなく総理談話という形式をもってアジア諸国への謝罪と反省を語ったわけですが、これが安倍一強といわれる独裁的な極右政権が見直しを図っても乗り越えることができないほどの壁となって、平和国家・日本を守る楯となっているわけですから、今にしても大きな意義を持つ談話が出されたのも、1995年でした。
当然ながら、この20年の間に変わったことも多いのですが、前後70年を振り返って未来を考えるよりも、自ら体験してきた20年を足場に改めてスタートする方がリアルなのではないでしょうか。

「もはや戦後ではない」と言われてから生まれた私ですが、いまだに戦後70年と数えられるのが今後も続くよう、平和を守っていくつもりです。

« 「日本のいちばん長い日」の前に | トップページ | 終わらない「満洲国」 »

思い」カテゴリの記事

戦争と平和」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/62087935

この記事へのトラックバック一覧です: 1995年という節目:

« 「日本のいちばん長い日」の前に | トップページ | 終わらない「満洲国」 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ