« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015.07.31

義父が導いてくれたこと

月曜日に義父が亡くなり、本日葬儀を終えました。

菩提寺である曹洞宗宝積院の住職であり、それ以外のことでも深いご縁をいただいている太田宏見さんに「良光是導信士」と戒名をつけていただき、そのうち「導」には農業指導員として働いてきたことを入れていただいたのですが、その退職間際の頃に跡取りの長女であった妻を無理を言っていただいたにもかかわらず、この20年不肖の婿を導いてくださっただけに、まさに人となりを現す戒名だと思います。
私が選挙に出るにあたっても、誰よりも多く地元ばかりか仕事のつきあいで知っている人のところまでお願いして回ってくださり、今回は体調を崩しつつあった中で最後の力を振り絞って動いてくださって、選挙期間中に石川大橋とアップルロードの交差点で一人街頭演説しているところで「がんばれ」と声をかけてくださったのは忘れることができません。
落選をわびにあいさつに行った際にも、「残念だった」とだけ言ってくださいましたが、選挙のやり方ばかりでなく生き方でも厳しく叱咤した上で私の思いがかなうように尽力してくださった姿こそ、「導」そのものでした。

ところで、今回の葬儀で宏見さんは生老病死の四苦を頂き物だと受けとめなさいと説教してくださいましたが、春先の変調からはじまって老いと病にわずらう姿、そして死を見せてくださった義父ですが、この「導」を通じて私に生の意味をも示してくださっていたのだと思っています。
葬儀にあわせて、宏見さんと同じ曹洞宗の僧であり恐山の副住職である南直哉さんの『善の根拠』を読了したのですが、そこには「なぜ生まれてきたのか、なぜ今ここに生まれたのか」という根源的な問いこそが生が苦である理由であると解かれ、自分を生み出した特別な他者としての親について論じています。
実の父に対しては尊敬はおろか見下した思いしか抱いたことがなく、さらには自分の生活や立場を崩壊させてしまう所業をされてからは絶縁したままですので、なぜこんな者が親なのかとしか思えませんが、義父は叱りながらも受け入れてくれ導いてくださる方だっただけに、私は救われて生きていくことができるのだと思います。
こうして思い返してみても、生老病死の四苦を身をもって現前させてくださった義父は我が師ですし、そのことを気づかせてくださった宏見さんや南さんの曹洞宗に帰依する機をいただいたのだと思います。

お義父さん、あなたこそ私の父です。本当にありがとうございます。

2015.07.24

【時評】「ジパング」再読

寝苦しい暑い夜が続いているせいで、かわぐちかいじ「ジパング」を読み直しています。
2000年から9年間にわたる連載が43巻のコミックスとなっているのですが、あらすじとしては海上自衛隊のイージス艦「みらい」がタイムスリップして太平洋戦争の分水嶺となったミッドウェイ海戦の最中に現れるところから歴史の歯車が狂いだしていくというストーリーです。

まず考えさせられるのは、自衛隊が戦闘に巻きこまれるとどうなるかを描いていることです。
連載当時は今よりも周辺事態に危険を感じてはいないご時世だったわけですが、それをふまえて「みらい」の乗員は専守防衛の意識に塗り固められており、可能な限り敵味方にかかわらず生命を尊重する行動で対処しようとします。
その意識と実際の戦闘を体験したことがないがために旧式ながらも命がけで向かってくる相手に対応しきれずに落命したり、最低限の被害にとどめながらも相手を死なせていく体験を重ねていくことで、一時的には帝国海軍と共同作戦を取るところまで進んでいきます。
今国会で論議されている戦争法案が成立することになれば、集団的自衛権による後方支援に徹すると言っていても後方支援の兵站こそ狙われるのが戦闘の常識と聞くことがありますし、そこで戦死者が出た場合に現場で応戦しないわけにはいかなくなったり敵を取らねばという思いが強まったりすることで、自衛隊員が兵隊の気持ちになってしまうのが不可避であるのを、先んじて描いているのを今さら理解したところです。
私個人はこれから成人していく坊主がいる立場として、単に戦争反対というより息子を戦場に行かせるわけにはいかないという思いが強いのですが、法案成立でリスクが高まるのは現役の自衛官なのですから、専守防衛の思いで就役しているはずの人たちが今どんな思いで国会審議を見守っているのか、気になるところです。

そして、時代が太平洋戦争のど真ん中、舞台は連合艦隊や満洲国果てにはナチスドイツまで拡がるスケールの中で、戦争とは何かを描こうとしているストーリーは、その戦争の敗戦から70年という節目の年だからこそ読まれる意義があると思います。
いきおい軍や政治にかかわる顔ぶれが連なり、そこに作者のひいきが加わってのフィクションですから一面の歴史物語であるのはまぎれもない事実ですが、単なる教科書的記述や年表的知識だけは身にしみて感じたり考えることにはつながらないだけに、このような入口があるのは大事なことだと思います。
そこから、この節目の年に戦争の事実を伝える書物(「永遠の0」のような付け焼き刃のフィクションではなく)を手にしたり、身近にいる数少なくなった戦争体験者からお話を聞くといった学びにつなげてもらえればと思います。

あなたは、戦争を知り考えるために、どんな本をすすめますか?

2015.07.20

【時評】「多数決を疑う」と「デモクラティア」

7/14の朝日新聞の記事「多数決って本当に民主的? 問い直す漫画や評論相次ぐ」に触発されて、以前から読もうと思っていた酒井豊貴の新書「多数決を疑う」と間瀬元朗のコミックス「デモクラティア」をまとめ読みしました。
戦争法案では世論調査の反対を無視して強行採決、新国立競技場問題では一転して国民に祝福されないとしてザハ案を白紙撤回と、安倍政権による民意の勝手な使い回しが露骨になる中だけに、民意を政治に反映させるということについて考えたいと思います。

「デモクラティア」はヒトガタという300人の登録者の意志を多数決で集約して言動が決定されるアンドロイドをめぐるストーリーで、そのロジックが不完全であるために想定外の行動となったり、登録者間の感情のぶつかり合いが「炎上」を引き起こしたりと、多数決よりも意見をぶつけ合うことの難しさが描かれていました。
一方、「多数決を疑う」では、社会的選択理論の進化を紹介しながら一人1票の選挙という方法とりわけ大選挙区制で行われる議員選挙では民意が反映されないことや、さらに踏みこんで小平市の都道問題を引き合いに執行権が強くなりすぎている弊害を解決する必要性などを示していて、過半数が投票しない選挙で票を集められずに落選した立場として非常に関心を持って読了しました。
もう一つ大きな指摘として、戦争法案では集団的自衛権の解釈改憲が問題とされていますが、現在の衆議院の小選挙区制は3割に満たない得票率でも8割近い議席を得ることが可能となる制度であり、改憲の発議に必要な2/3以上の賛成を簡単に手に入れられるのは公職選挙法によって憲法が左右される状況を生み出していることを明らかにしていますが、今提案されている参議院の合区案では一人区化がさらに進むことになるだけに、国民投票では64%以上の賛成が必要とすべきだという提言は非常に重いものだと思います。

考えてみれば、一人1票が民意反映の基礎のように思われていますが、戦後最初の総選挙は一人2票制で実施されたという前例もありますし、国際的に調べれば多様な選挙方法があることを「多数決を疑う」から知ることもできます。
また、多数決にしても、新弘前市の前に検討されて合意寸前であった旧中津軽郡3町村による合併が、最後の岩木町議会が委員長を除いて単独で存続=2/3町村で合併=8/広域で合併=7と分かれていたのを、委員長が一気に3町村合併の賛否を問うたために8対9で否決されたのですが、他の2村と同じくまず合併か存続下の賛否を問い、その後に合併の範囲を問えば存続派が3町村に回ることになったはずという重く苦い記憶があるだけに、本当の民意を形にする難しさを解決する方策は検討してしかべきだと得心しました。
ただし、憲法改正はもちろん地方政治の選挙制度を見直すにしても、今の法や条例に沿って改正案が可決されなければ変わることにはなりませんし、「多数決を疑う」でOECD諸国で社会的選択理論にもとづいて周波数オークションを実施していない唯一の国が日本であることを嘆いていていたとおり、日本最大の岩盤規制は政治そのものだと思わざるを得ません。

それでも、政治を変える、その第一歩として制度を見直すこと、民意を反映させるという根幹から考えること、これは大事な課題と肝に銘じて取り組むべき課題です。

2015.07.16

付け焼き刃の認知症サポーター養成講座

弘前市町会連合会の町会長研修に参加しました。
私が参加する主たる目的は、研修後の情報交換会で他地区の町会長さんから町会運営の工夫をうかがうことではあるのですが、この3年間は防災安全課による大震災への対応・葛西市長自ら講演したアクションプラン・佐藤三三先生による自治基本条例と内容を伴った研修だったので勉強にもなったのですが、今回は介護福祉課による認知症サポーター養成講座でした。

サポーター養成にあたるキャラバンメイトでもある課員による認知症の説明と、家族の会からご主人の介護体験を語ってくださる会員の二人による1時間半でしたが、体験談はともかくとしてテキストに沿っての説明を黙って聞くだけでサポーターとして認定されてしまう仕組みにも納得いきませんが、会場から認知症を引き起こす原因という難しくもない医学的な質問が出たのに対して、メイトでもあり担当課の職員でもあるにもかかわらず回答できなかったのはいかがなものかと思いました。
この仕組みそのものは国からのもので、県内自治体の中ではサポーター登録数が低いレベルにある弘前市としては、どんな形でも上乗せしたいということで65歳以上が圧倒的な町会長のお歴々でも何でもいいからということなのでしょうが、やるのであれば実際の生活場面で役立つようなサポーター養成を行ってほしいと思いますし、とりわけ担当課にはしっかり勉強してほしいと思います。
ちなみに、養成講座受講者にはオレンジ色のゴムのブレスレットが進呈されるのですが、全国でこんな無意味な講座とムダなプレゼントに出費されているかと思うと、新国立競技場ばかりでなく見直すべきことが山積しているのを痛感します。

それ以上に、町会という立場からすれば、市が介護保険外の建物である有料老人ホームの建築、これとセットになった在宅サービスの認可を野放しにしているせいで、知らぬ間に見慣れた顔がいなくなり、一方では得体の知れない会社が運営して町会には加入どころかあいさつにも来ないような「有料」が増え続けていることこそ、問題です。
認知症になったり介護が必要になれば次々と開設される「有料」に入れてしまえばいいんだという姥捨て山発想がはびこってしまっているのが弘前市の現状ですし、養成講座を実のあるものにするつもりがあるのであれば、市がまず取り組まなくてはならないのは「有料」と付随するサービスを制限することです。
2年半後には、今年度引き上げを見送った分までのしかかる介護保険料の大幅アップが見こまれるだけに、増額につながる最大の要因である「有料」を増やさせないのが最優先の課題だと思っていますし、町会自治にとっても問題であるだけに、担当課長が来ていれば質問をぶつけるところだったのですが、認知症についても回答できない主査のお嬢さんを困らせても無益ですので、矛を収めておきました。

議会で追及する権利はありませんが、おかしいと思うことは皆さんに知ってもらうよう、この場から発信していくつもりです。

2015.07.12

【時評】新国立競技場問題を考える

5月の東京都に対する500億円拠出要請からはじまって、ついには2,520億円という途方もない額での建設を強行しようとしている新国立競技場問題ですが、決まったとされていることの方がおかしいと思いますので、問題点を列挙しておきたいと思います。

まず、地方自治の経験からすれば良し悪しは別にして行政予算は単年度なのが原則で、2019年5月までかかる工事を行うのに支出するのであれば年度をまたいでの支出を行うために繰越明許という手続きをしなければならないはずですし、当初額が1,300億円であったのであれば、その都度補正をする必要があるはずです。
それにもかかわらず、国会に補正予算がかかるという話も出ませんし、野党である民主党からも修正案を出そうという声もなく見直しを求める質問しかしないというのは、誰が責任者なのか見えないという話以前に議会としての機能を果たしているのか疑問に思います。
自民党から答えが出てくるとは思っていませんが、民主党の国会議員の方々もしくは地方議員でこの問題を取り次いで答えてもらえないかと思っています。

もう一つ、都から拠出することになれば議会での議決が必要ですし、これをおかしいと思う都民がいれば住民監査請求さらには行政訴訟をおこす権利が発生しますし、これによっておかしな工事を止める可能性もあるわけですが、国民の大多数が反対しているのをぶつけるには、いきなり工事差し止めの裁判を起こすしかないのかどうか知りたいと思いますし、実際に裁判を起こす動きがあるのかも知りたいと思います。
それにしても、現在の案のスタートは民主党政権時代だったそうですが、安倍政権が変えられない理由としているのは五輪招致における安倍総理の約束があるからだということですし、一番最初の案から変更もあり額も大幅に増えてしまったものを国民が納得するかどうか答えもないままに進められるのはおかしいと思いますので、ワンイシューで解散で信を問うのも何ですし大阪都構想のように国民投票を行うような仕組みがあってほしいものだと思います。

政治にかかわってきた立場からの問題点をあげましたが、メーンで使う陸上協議関係者としては為末大さんの意見がもっともだと思いますし、どんなものを作るかだけではなくどのように使っていくのかを考えておかなくては、ここまでとはならなくても次世代に負担ばかりを残すことになる懸念は消えるものではありません。
何とか見直しとなるよう、あきらめずに声を上げることは続けていこうとお思います。

2015.07.09

あねっこバスに学ぶ

相馬地区町会連合会の町会長研修で、岩手県雫石町のデマンドバス「あねっこバス」を学んできました。
これは、相馬地区で運用されている予約型乗合バスに関して、5月の地区説明会そして6月に行われた町会長と都市計画課による意見交換会を受けて、よりよい公共交通システムを求めるのであれば自分たちも学ばなければということで企画したものです。

スキー場や温泉で知られる雫石町は、人口17,500人に減りつつあるとはいえ、74の集落に分かれる散村で高齢化が進んでいるだけに、公共交通が存続している意義は大きいのですが、そもそものはじまりは2003年当時に町内で8本のバス路線を運行していた岩手県交通が撤退することを通達してきたところからはじまり、1年がかりで町当局と町民の代表そして岩手県立大学の元田良孝先生のアドバイスをいただいて、これまでのバス路線を1日6本運行する予約式のデマンドバスに切り替えることにしたのだそうです。
その運行は町唯一のタクシー会社が対応し、苦情受け付けなどをNPOしずくいし・いきいき暮らしネットワークが行う形で11年目に入っているそうで、利用者数は減ってきているとはいえ運行開始時よりは多いレベルを維持しており、当時のバス会社に対する補助金よりも少ない額で運行できていることを受けて、1日おきに1往復する患者輸送バスだけ運行していた地区も来年度にはあねっこバスに置き換えることにしているそうです。

到着したのが予定よりも30分早かったのですが、担当職員の平野さんから30分の説明をいただいてからは、予約型乗合タクシーが運行している地区の町会長から矢継ぎ早の質問が続き、最後に私が質問し終えたところで11:30を回るほど熱心な質疑応答となりました。
そこで感じたのは、雫石町の場合は撤退するというバス会社に対して役場と町民がタッグを組んで向き合い、現在でも役場・NPO・タクシー会社が連携して町民の要望に応えるという一体感があるのですが、相馬地区の場合は何も知らず考えてもいなかった住民側に市から突然乗合タクシーの実証実験が打ち出され、今回の本格運行に関しても当初は説明はしても意見を受け入れるつもりではなかったという対立の構図でしたので、行政がどちらの側に立つのかは大きな違いだということです。
何とか新任の都市計画課長が聞く耳を持っていたことで、町会側でも考えるチャンスをもらったのですが、こういう場に臨んでみると先進事例から学ぶ意義は大きいですし、やはり自分たちのことは自分たちで考えなければならないことを共通認識できたのも大事な機会となりました。

ここからが、相馬そして弘前の公共交通の第2ラウンド、そのゴングは今回の研修で住民側から鳴らされたことを報告しておきます。

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ