« 【時評】忍びよる言論弾圧 | トップページ | あねっこバスに学ぶ »

2015.06.27

貞真さん、さようなら

相馬地区で唯一のお寺・覚応院の住職・溝江貞真さんが、56歳の若さで急逝されました。
檀家ではないものの、息子さんと娘、お嬢さんと坊主が同級ということばかりでなく、ねぷたやお山参詣などで一緒する機会も多く、少し年上のお父さん仲間として親しくさせていただいてきただけに、本当に残念です。

覚応院は真言宗醍醐派のお寺で、真言密教の修験の一つである火中三昧で知られており、数年ごとに修験僧が熱湯の入った大釜に入る荒行を見せるばかりでなく、毎年の宵宮では参拝客がわらじで炭火を渡る体験もできるので、私も毎年のように渡らせていただきました。
また、大晦日から元旦にかけては檀家の皆さんも手伝って年越しそばや福袋の振る舞いをしたり、宗祖・弘法大師にゆかりのある四国八十八ヶ寺の石を踏み渡る集まりを開いたりと、葬儀法要のみで汲々としているのとは違って地域に開かれたお寺として活動されています。
これもひとえに貞真さんのご尽力のたまものですが、元々は青森市の生まれで覚応院とは縁戚もなかったのが養子に入る形で後を継ぐことになり、せっかく相馬に住むからにはと次々と催しを増やしてきただけに、まだまだこれからやりたいこともあったでしょうし、やってほしい役割もたくさんあっただけに、残念でなりません。
いつぞやの酒の席で、相馬村の入口にある覚応院で火中三昧があり、一番奥の沢田地区ではろうそくまつりがあるので、中央部に位置する紙漉沢にある長慶天皇御陵墓参考地にちなんで天皇の霊に京を懐かしんでもらうために大文字焼を行うことにすれば相馬三大火祭りになって、また注目を集めることができると夢を語ってくれたことがあって、それを受けとめた者の務めとして見果てぬ夢に終わらせないよう、ことあるたびに持ち出していこうと思っています。

ところで、本堂で行われた通夜は位牌堂までいっぱいの参列者で埋まり、地元の宗派でも中心になって活躍されていただけあって30人近いお坊さんが声を合わせて読経するおごそかな式でしたが、説教に立たれた和尚さんは「さようなら」や「それじゃあ」といった別れのことばは次に続くことばを残したものであり、それはこれが最後ということではなくまた会おうという思いを含んだ者なのだから、貞真さんとの急な別れは諸行無常としか言いようがないものの必ず浄土で会えると信じて「さようなら」と言いましょうと、含蓄のあるお話をされました。
私も、これまでのご縁が生死を分けても続くと信じて、今ひとときのお別れをお伝えしておきます。「貞真さん、さようなら。」

« 【時評】忍びよる言論弾圧 | トップページ | あねっこバスに学ぶ »

相馬村」カテゴリの記事

コメント

私も昨日、通夜に行きました。
そこで三上さんをお見かけしたので、声を掛けようかと思いましたが、
あの場で何ですし、ましてや三上さんにとっては初対面なので、
こちらにコメントさせて頂きます。

何度か貞真和尚にお世話になった事があり、新聞で知り、通夜に駆け付けました。
二週間前と先週、他の寺院の行事でご一緒させて頂いたばかりで、
貞真和尚のお経や法螺貝を生で聴く事が次から無いと思うと少し寂しいですが、
貞真和尚からの縁や、教えを大事にしようと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/61803974

この記事へのトラックバック一覧です: 貞真さん、さようなら:

« 【時評】忍びよる言論弾圧 | トップページ | あねっこバスに学ぶ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ