« 負けを認めるということ | トップページ | 平成の人返し令は成就しない »

2015.05.27

予約型乗合タクシーを土俵に差し戻す

アリバイづくりの説明会を経て、昨年2月から支所のある五所地区以奥に予約型乗合タクシーが導入された相馬地区の公共交通ですが、1年半の実証実験から7月からの本格運行に切り替えるための説明会が開催されました。
明日も支所で説明会が予定されており、エリア的には私はそちらに出席する立場なのですが、実際に利用している方の人たちの声を聴きたかったので、フライング参加させてもらいました。

思ったとおり、地元の町会長方をはじめとして30人近い参集があり、元市職員として行政の裏表を知り尽くしている相馬・中沢町会長が口火を切って、そこからは周知不足のままで四角四面の運営に対する不満や予約でなくタクシーを短時間待機させる形の提言などが相次ぎ、所管課の責任者として回答にあたった都市計画課長も熱くなるほどの騒然とした雰囲気となりました。
開会から1時間になろうというところで私も手を上げて、一昨年の説明会も今回も結論ありきで住民にデータ提供もせずに押し切ろうという姿勢に問題があること、朝昼晩の3便でも従来の相馬停留所まで運行する代わりに全体の便数を減らすとかいっそのこと相馬地区全体を乗合タクシーに切り替えるといったいくつかのプランを一緒に考える機会を作ってじっくり考えるべきだと発言したところ、ようやく落ちついた課長の耳にも届いたようで、現行どおり運行を継続しながら地区や住民との意見交換を深めて方策をさぐっていくということで収まりました。
この内容は、中沢町会長もふれていたことでしたので、何だか手柄をかっさらった形になってしまいましたが、何とか話し合いの土俵までは戻すことになりそうですので、ひとまずホッとして帰路につきました。

ただ、市の独断専行を責めるのは簡単ですが、一方では常に受け身で決まってからだけ文句を言う私たちの側にも非があるのは認めなければなりません。
ちょうど明日は地区町会長会議があり、その議題は町会長研修の視察先の選定ですので、可能であれば北東北3県で公共交通の先進事例できれば住民主導で改善できた自治体から学ぶ機会にできればと思っています。

« 負けを認めるということ | トップページ | 平成の人返し令は成就しない »

相馬村」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/61654976

この記事へのトラックバック一覧です: 予約型乗合タクシーを土俵に差し戻す:

« 負けを認めるということ | トップページ | 平成の人返し令は成就しない »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ