« 政治の怠慢と行政の残酷に涙する | トップページ | 野田村に支援された4年を振り返る一日 »

2015.03.22

町会長4年目へのスタート

昴町会の総会が行われ、町会長として4年目のスタートを切ることができました。

引っ越してきた頃の総会は議論白熱で時間がかかり驚いたものですが、近年のスムーズな進行から一転、今回は久々に2時間がかりとなりました。
焦点となったのは、町会活動に参加しない人へのペナルティとして課徴金を徴収するかどうかということで、今回の総会で決めるのではなく新年度の理事会で話し合うための前提として、町会員から意見を聴く時間を取るつもりだったのですが、議案審議のところでも雪下ろしにからめて発言する人もあり、その後の意見交換でも議論百出でした。
年いってきたのですべての活動にはなかなか参加できないし年金生活者からさらに徴収するというのは厳しい、共稼ぎで参加できないことも多く心苦しいので払って済むなら助かる、以前の総会でもテーマとなり徴収しないことに決めたはずなので蒸し返すのはおかしいなどなど、それぞれの立場からの声を聴くことができました。
それでも全員の意見を把握したわけではないので、提案もあったアンケートを実施することを約束しましたが、もう一つ出された街灯を防犯灯タイプに更新するかどうかもアンケート実施してほしいという意見に対しては、街灯のランプそのものが入手困難になってきていること、昨年頻発した不法侵入や放火といった犯罪を防ぐためにも必要なことだとして市への要望を続けることを明言しました。

それから、経費節減には努めているものの、市と折半している融雪溝の電気料値上げが直撃して、繰越金や新年度の予備費がカツカツの状況になっているだけに、新たな財源確保を検討していく必要もあり、新年度の町会長マニフェストとしては2015年度の繰越金を15万円まで持っていくことを掲げました。
この件でも、子ども会への補助が大きすぎるのではないかという意見もありましたが、子どもの人数が減っている分保護者にかかる負担も大きくなるだけに、町会として子どもを大事にする姿勢を示すためにも、ここだけは譲れないと答えておきました。

懇親会に移ってからもこれらのことは話題に上りましたが、なぜ議論の場を作ったのか理解しているという声や、よく冷静に進めたとほめてくださる人もいて、おかげで酔いが早く回ってしまいましたが、過去の経緯は参考にしつつ全員参加の町会運営を進めていくにはどうしたらいいかを考えていこうと思います。
それだけに町会長としての責任は重く、総会にも全力で臨んだせいで、すっかり市議選での支援のお願いをすることも忘れてしまいました。(笑)

« 政治の怠慢と行政の残酷に涙する | トップページ | 野田村に支援された4年を振り返る一日 »

政策・マニフェスト」カテゴリの記事

昴町会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/61324720

この記事へのトラックバック一覧です: 町会長4年目へのスタート:

« 政治の怠慢と行政の残酷に涙する | トップページ | 野田村に支援された4年を振り返る一日 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ