« 伏魔殿の近代化をめざして | トップページ | 木村衆の郷愁と現実 »

2014.05.17

社会福祉法人というシーラカンス

今の私にとって福祉の世界との唯一の接点である、精神障がいの社会福祉法人の評議員会に出席しました。
今回は決算と事業報告がメインですが、3月に持ち上がったグループホームなどの新規事業の状況報告もあり、予定を30分近くオーバーする形となりました。
この件は、前回の評議員会後に開催された理事会で事業のめどや土地建物にかかわる借入金のことなどで激論となり一日で終わらなかったいきさつがあるだけに、事業遂行は決定しているものの進捗状況については詳細な報告が求められるところです。
今回も、土地の購入が予定より遅れたことや銀行からの借入金利が高いので信金にあたってみるといった難題山積なのが見えてくるものの、これで入居できるようになる定員の倍近い待機者が見こまれているという現実からすれば、少しでも早く少しでも多く整備をしたいという気持ちはわかります。
ただ、4月から新任の事務局長がもう一つの就労支援事業の件で現場職員のプロジェクトチームで話し合って今月末に結論を出すという発言をしていたので、現場の意向は大事だが決定するのは理事会であり評議員会だと釘を刺しておきましたが、次の会議は8月予定だけに現場と乖離した存在によって間延びした決定を経て動くことになるというのは、スピードが求められるこのご時世についていきようのない仕組みです。
一方で、評議員はまだしも理事であれば借入に責任を持つことになるのですが、実際にそこまでの認識を持って役を引き受けたり事業の採否を論じている人は稀有であり、それ以前に縁あって役を引き受けている立場だけに出された案に意見はしても反対することはあり得ないので、原案をまとめる側で「結論を出す」と言ってしまうのもむべなるかなといったところです。

それだけに、以前の私は法人の本部長=CEO<最高経営責任者>と名乗って、自分が決めればすべてが動くというスタイルで臨んでいましたが、それではいかない仕組みに縛られたままなのが社会福祉法人という存在なのです。
CEOというモダンな存在であればコンプライアンスに配慮した経営をするのでしょうが、実際のところは私もそうだったように個人商店の店主のような感覚でしかないのが理事長という存在なので、我が身のことだけでなく今朝の地元紙に元施設長から裁判をおこされた法人の記事が載っていたとおり、至るところで悪弊が見えてくるのは必然と言うべきでしょう。
一法人が襟を正せば何とかなる問題ではないだけに、その存在意義から見直す時期に来ていることを皆さんにも知っていただきたい考えていただきたいと思っています。

« 伏魔殿の近代化をめざして | トップページ | 木村衆の郷愁と現実 »

福祉と介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/59658176

この記事へのトラックバック一覧です: 社会福祉法人というシーラカンス:

« 伏魔殿の近代化をめざして | トップページ | 木村衆の郷愁と現実 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ