« 弘前市議会の質問時間制限問題 | トップページ | 新Blog「市民と市政のハブをめざして」 »

2014.03.30

まち育て報告会からのスタート

10月の北原啓司先生による講演会からスタートした「昴まち育てプロジェクト」ですが、11月に2回のワークショップ、12月には子ども会クリスマス会にあわせてのインタビューを行い、そこで出された意見をもとに北原ゼミの学生が提言をまとめて、まとめの報告会となりました。

IMG_1449

今回は北原先生も聞く立場に回って、ゼミのリーダーである高森えりかさんがプレゼンする形でしたが、これまでの流れやそこで気づいたことをしっかりとまとめ、その上で3つの提言をしてくれましたが、コンパクトにまとめられた報告書ともどもすばらしいできでした。
中でも、「集会所を放課後の遊び場として開放する」という提言は、クリスマス会の際に参加して言い多少学生からの「ここは集会所で公民館じゃない」という声を受けてのものだけに、行事のある時だけ開けるのではなく、大人が見守り役や自分の趣味特技を生かした教室を開催するといった形で、平日の夕方や土日に自由に出入りできるようにするというのは、一番光る提案でした。
報告後の意見交換でも、これにからめて町会スタート時点でも開放の話し合いがされたものの実現できなかったことや、実現する上で大きな役割を果たしてもらうことになる「月曜会」(老人クラブ)の前向きな発言などもあり、少ない人数ながらも次につながる場であったと思います。

23日には総会で次期会長を承認されたところですが、その際にも町会長マニフェスト2014として「まち育てプロジェクトの提言を最低一つは実現させる」と掲げていますので、理事会や各委員会そして町会の皆さんばかりでなく北原ゼミや市民有志の力も借りて、集会所の開放を実現させたいと思います。

« 弘前市議会の質問時間制限問題 | トップページ | 新Blog「市民と市政のハブをめざして」 »

まちづくり」カテゴリの記事

昴町会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/59392689

この記事へのトラックバック一覧です: まち育て報告会からのスタート:

« 弘前市議会の質問時間制限問題 | トップページ | 新Blog「市民と市政のハブをめざして」 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ