« ろうそくまつりに「やっぱはまり」 | トップページ | あっという間の3年間 »

2014.02.22

やすらぎ館はフル回転ですが

22日は相馬やすらぎ館フル回転の日で、まずは相馬地区における都市計画マスタープラン策定のための地域別懇談会つまりワークショップの2回目が午後に行われました。
8日に行われた1回目は20人を超える参加者だったそうですが、今回は村内からは10名に満たない参加で2グループの予定を1つにまとまって話し合うことになりました。
それでも、村外から参画している関係者から紙漉きや地名のオリジナリティや、風景を生かした観光といった地域づくりのヒントをいただき、私も昴のまち育ての経緯や若い世代の思いなどを披瀝することができ、内容としては充実したものになりました。

夕方からは、中央公民館相馬館の事業としても位置づける形で、まちづくり1%システムによる弘前アフタースクールによる「市民先生養成講座」で、この活動のモデルとなっている「放課後NPOアフタースクール」の平塚栄子さんによる講演と参加者との意見交換でした。
アフタースクールとは、2006年にはじまった子どもたちが夢を持って生きていくように放課後に市民先生500人によるさまざまなプログラムを実施する活動で、弘前市では「あんよ・せらぴー」の堺江利子さんがヒロロで毎週水曜日に試行しています。
境さんには野田村に一緒していただいたご縁もあり、その際にアフタースクールのことも教えていただいていたのですが、今回の養成講座を開催するにあたっては伊藤公民館長とのご縁もあって相馬を選んだのだそうで、ぜひ小学校単位のプログラムを展開するなら相馬でと言ってくださったので、私としても全面的に協力する旨お伝えしておきました。

ただ、こちらも村内からの参加者は5人もいない状況で、市の中心部から近いロケーションとやすらぎ館の機能があっても地元で生きてこないのが何とも残念です。
アフタースクールの話もPTAやなかよしクラブ関係者に聴いてもらいたい中身でしたし、都市計画の方は第3回を週学校の卒業式とずらしてもらう申し出をしたこともありますので、行政任せで参加するだけではなく、縁ある立場としての働きかけをしなければと思ったところです。

« ろうそくまつりに「やっぱはまり」 | トップページ | あっという間の3年間 »

子育て・教育」カテゴリの記事

相馬村」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/59184823

この記事へのトラックバック一覧です: やすらぎ館はフル回転ですが:

« ろうそくまつりに「やっぱはまり」 | トップページ | あっという間の3年間 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ