« 相馬地区の公共交通再編にあがく | トップページ | 葛西市長出馬表明での懸念 »

2013.11.24

ドリプラで「梁山泊」宣言!

昨年9月にアップルランドでの津軽大会で衝撃を受け、プレゼンターをやると決心したドリームプラン・プレゼンテーション青森2013、考えに考えてとうとう不眠不休でプレゼンに臨みました。
準備万端臨んだ人、プレゼン直前でようやくムービーが完成した人、それを全力で支援してくれた人、7人のプレゼンターと支援するスタッフ、そして7人の夢を受けとめてくださったたくさんの聴衆で、今年も、いや当事者だからこその最高の感動をいただきました。まず、最初に心からの感謝を申し上げます。
「本当に、ありがとうございます!」

6月のキックオフから7月のプレゼンター決定、それから何度も青森市「ドラゴンカフェ」での合同支援会や個別支援、最初は安易に考えて臨んだところがありましたが、ここまで突きつめるのかという場面を何度も与えていただいて、形としては同じ中身でも思いは雲泥の差の強さになっている経験は、何物にも代えがたいものでしたし、それを促してくれた支援者の皆さんは本当の仲間です。
この経験ができただけでも、ドリプラに取り組んだ甲斐があったと言いたいくらいです。

しかし大事なのは、それだけの経験と思いを乗せたプレゼンを、しっかりと形にしていくことです。
今回、私が打ち出したのは、40・50代で職を失った男性いわば「おやじ」が再出発するために集まli
、そこで思いを語り合ったり起業のための準備をしたり再就職のマッチングをしたりする場、「梁山泊」を立ち上げることです。
「梁山泊」とは、弘前ねぷたの題材に描かれる水滸伝に出てくる、逆境に置かれた豪傑たちが集い正義のために戦う拠点のことで、「おやじ」たちにも再起してほしいという思いで名づけました。
これは、私自身が「おやじ」そのものな境遇にあるからこそ思い立ったものであり、若い世代のジョブカフェのような年代別支援制度もなく、大半が会社人間的な生き方で相談する仲間もいないのが実情なだけに、まずは集まる場を作るところからはじめたいと思っています。
ただ、徒手空拳の私だけでできることではありませんので、これが仕組みとして成り立つような工夫も必要ですし、はじめるための場所の確保や運営していく資金といった現実の課題もありますので、ご縁や関心のある方には何でもいいのでご協力をいただきたいと思います。

その思いの丈をこめてプレゼンしたのですが、200枚を超えるメンターカードにも感想だだけでなく本当に必要と感じてくださったメッセージや具体的な提言もあって励みになりましたが、コメンテーターとして昨年の世界大会に出場した田内孝司さんから感激のコメントをいただいたのが何よりの光栄でした。
さらに、田内さんからは打ち上げの席で昨年のプレゼンを見せていただいて、ご自身の苦い経験から中小企業を倒産させない「龍馬ネットワークプロジェクト」を教えていただいて、協力して正直者が馬鹿を見ない世の中を作ろうと声をかけられて、この方と出会うためにプレゼンしたのだと涙が抑えられませんでした。

私も、田内さんのように自分のプレゼンを持ち歩き、一人でも多くの方に見ていただいて、「梁山泊」を実現させたいと思います。
それだけでなく、ふるさと相馬のために働き、野田村の被災者や介護が必要となった高齢者、そして職を失った「おやじ」、こういった自分のせいではないのに人生がうまくいかなくなった方々を一生かけて支えていくつもりです。それが私、三上直樹の生き方です。

« 相馬地区の公共交通再編にあがく | トップページ | 葛西市長出馬表明での懸念 »

思い」カテゴリの記事

起行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/58648085

この記事へのトラックバック一覧です: ドリプラで「梁山泊」宣言!:

« 相馬地区の公共交通再編にあがく | トップページ | 葛西市長出馬表明での懸念 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ