« PTA研修旅行で倍返し | トップページ | 夜明け前の49歳 »

2013.10.14

昴再生のための「まち育て」プロジェクト

わが昴町会は「プレアデスのまち」として分譲開設されてから17年もの歳月が過ぎ、当時は先頭に立っていた方々も同じく17歳も齢を重ねた分エネルギーが失われ、一方では私たち家族のように当初のエピソードも知らない新参者には当時の雰囲気さえ伝わらず、今では普通の町会と何ら変わらない状況になっています。
町会長として、またまちづくりに関心を持ってきた立場としてこれではいけないと思い、昴が生まれ育ちはじめるにあたって一番尽力してくださった弘前大学の北原啓司先生が「まち育て」を提唱するのにつけこんで、昨年から打診を重ね今年度の相馬地区活性化支援事業の助成をいただいて、「昴まち育てプロジェクト」を進めることになりました。
その第1弾として、北原先生が「プレアデスのまち」がはじまった経緯やエピソードを振り返り、そして「まち育て」の観点から今後に向けての提言を語る「まち育て講演会」を3連休最後の夕方に開催しました。

IMG_8705

ただ、関係者以外には次代を担う若い世代の姿はなく、参集したのはやはり当初も熱心にかかわっていた方々が大半を占め、先生の講演の後ではそれぞれの当時の思いを語ったり、8年前に私たちが越してきた頃に集会所に貼られていた子どもたちやペットを紹介したものを持参してくださった方があったりで、やはり第一世代の思いの強さを感じました。
年齢的にも移住してきた時期からしても第二世代である私としては、何とかこの場に同年代さらには若い世代を引っ張りこむ工夫と努力を続けなくてはなりませんが、第一世代と北原ゼミの学生たちとでワークショップを進めるのでも一歩踏み出すことになると思いますし、北原先生が言うように当時設計コンペにかかわった建築家や当時のゼミ生といった外部の声を入れるのも必要だと思います。

何はともあれ、12月下旬に予定している報告会までできる限りあがくつもりですし、終わって送り届ける車中でゼミの学生たちが瓦版発行を話し合っていましたので、こういう動きが町会に新しい風を入れてくれることに期待したいと思います。

« PTA研修旅行で倍返し | トップページ | 夜明け前の49歳 »

まちづくり」カテゴリの記事

昴町会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/58390060

この記事へのトラックバック一覧です: 昴再生のための「まち育て」プロジェクト:

« PTA研修旅行で倍返し | トップページ | 夜明け前の49歳 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ