« 議会の本分から離れていく弘前市議会 | トップページ | 我がこととしての水害と防災 »

2013.06.25

県立高校再編は後の祭り

先日、学校を通じて「岩木高校・弘前中央高校統合準備委員会委員の委嘱について」という青森県教育長発の文書が届きました。

これは岩木高校が募集停止となった後の物品などを統合先とされる中央高校でどのように受け取るかといったことを協議する場というものですが、PTA会長である私には寝耳に水の話であるだけでなく、前期計画の際に高橋修一県議が反旗を翻したことがあっただけに、今回の県立高校の再編に関しても県議会での議決があるものと思っていたので、議決前に委員会を準備するとは議会軽視も甚だしいと県に怒鳴りこもうと思っていました。
ところが、旧知の県議に確認したところ、今回のは基本計画が後期計画として変更されたということで議会の議決は必要なく、前期の戸山高校の廃止についても先ごろ条例改正の手続きがあったばかりだということで、教えてくれた本人も何らかの意思表示をする機会がなく残念だと話していました。
改めて高橋県議の当時のBlogを確認すると、前記の県議が説明したとおりの流れであったのがわかり、紹介した記事にも意見書に対する反対をしたことが書かれてありました。
この誤解によって、学校やPTAの関係者にいらぬご迷惑をかけてしまった点がありましたので、この場を借りておわびいたします。

それにしても、財政難や少子化の進行といった現実はあるにせよ、素案をまとめ県民に対しては説明会とパブリックコメントでガス抜きをすれば、行政の一方的な考えで高校という貴重な学びの場であり卒業生にとっては思い出のつまった母校がいとも簡単に廃校となる仕組みでいいのでしょうか。
せめて議会の議決を経る形になっていれば、高橋県議のように与党であっても反対することもできるわけですが、「これは決まったことだから」と逃げ道にする方が楽と考える県議諸侯には条例を見直す考えもないのでしょう。
いずれにしても、中南地区において普通の学力の生徒が通う普通高校もふじ発祥の地のりんご科もなくなってしまうのを止める術はすでに後の祭りになっているのを知り、悔やんでも悔やみきれない思いです。

« 議会の本分から離れていく弘前市議会 | トップページ | 我がこととしての水害と防災 »

子育て・教育」カテゴリの記事

青森県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/57662926

この記事へのトラックバック一覧です: 県立高校再編は後の祭り:

« 議会の本分から離れていく弘前市議会 | トップページ | 我がこととしての水害と防災 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ