« 2013年5月 | トップページ | 2013年9月 »

2013.06.25

県立高校再編は後の祭り

先日、学校を通じて「岩木高校・弘前中央高校統合準備委員会委員の委嘱について」という青森県教育長発の文書が届きました。

これは岩木高校が募集停止となった後の物品などを統合先とされる中央高校でどのように受け取るかといったことを協議する場というものですが、PTA会長である私には寝耳に水の話であるだけでなく、前期計画の際に高橋修一県議が反旗を翻したことがあっただけに、今回の県立高校の再編に関しても県議会での議決があるものと思っていたので、議決前に委員会を準備するとは議会軽視も甚だしいと県に怒鳴りこもうと思っていました。
ところが、旧知の県議に確認したところ、今回のは基本計画が後期計画として変更されたということで議会の議決は必要なく、前期の戸山高校の廃止についても先ごろ条例改正の手続きがあったばかりだということで、教えてくれた本人も何らかの意思表示をする機会がなく残念だと話していました。
改めて高橋県議の当時のBlogを確認すると、前記の県議が説明したとおりの流れであったのがわかり、紹介した記事にも意見書に対する反対をしたことが書かれてありました。
この誤解によって、学校やPTAの関係者にいらぬご迷惑をかけてしまった点がありましたので、この場を借りておわびいたします。

それにしても、財政難や少子化の進行といった現実はあるにせよ、素案をまとめ県民に対しては説明会とパブリックコメントでガス抜きをすれば、行政の一方的な考えで高校という貴重な学びの場であり卒業生にとっては思い出のつまった母校がいとも簡単に廃校となる仕組みでいいのでしょうか。
せめて議会の議決を経る形になっていれば、高橋県議のように与党であっても反対することもできるわけですが、「これは決まったことだから」と逃げ道にする方が楽と考える県議諸侯には条例を見直す考えもないのでしょう。
いずれにしても、中南地区において普通の学力の生徒が通う普通高校もふじ発祥の地のりんご科もなくなってしまうのを止める術はすでに後の祭りになっているのを知り、悔やんでも悔やみきれない思いです。

2013.06.21

議会の本分から離れていく弘前市議会

毎回傍聴している弘前市議会の一般質問ですが、今回は2日で2人だけにとどまってしまいました。
ただし、その2人とも前回指摘した一問一答式の落とし穴にはまって、枝葉末節の質問を繰り返したために最後は尻切れトンボに終わるという内容でしたので、非常にガッカリさせられました。
「質問」とは銘打たれているものの、本来この場で行われるべきは採り上げたテーマに関して問題点を明確にすること、行政的思考を超えた政治家としての提言をすることだと心得て臨んでいたものですが、今日の菊池勲市議は質問によって教えを乞うことが続き、答弁の中にあった足がかりとなるキーワードをスルーしてしまって掘り下げるところに至らずじまいでしたが、事前の準備からすれば突っこんだ議論ができるはずだと思うだけに残念でした。
この4日間を傍聴してきた人などからも同様の感想が聞かれますので、私一人の思い過ごしではないだけに、どういう展開で論戦を挑むのか、それ以前に質問ではなく論戦なのだという気概を持って臨むのかを考え直してもらいたいものだと思います。

考え直してもらいたいといえば、議会改革にかかわる特別委員会で予算決算の特別委員会に時間制限を導入するという提案がされたという報道がありました。
3月の委員会審議が4日で収まらなかったことを過剰にあげつらっての提案ですが、最後の予算委員会に70項目もの質疑通告を突きつけたことのある身としては、項目が増えれば増えるほど「また、そんなに聞くのか」と呆れられたばかりか実際の場では「早く終われ」と野次られた実体験があるだけに、そのトラウマがあるのだと思ってしまいます。
ただ、委員会傍聴をして感じていたのは、項目が多いから時間がかかるのではなく基礎的な情報確認のために質問しているものが多すぎるということでしたので、時間制限をしたからといって中身が濃くなるとは思えません。
仮に時間制限をするとしても、決算でいえば全事務事業の仕分け、予算でいえば査定からの「見える化」といった手法によって本質的な改革に取り組めばいいのですが、今行われようとしているのは改革なき制限であり、議論するのを放棄しようという諸侯を議員と呼ぶべきではないとすら思います。

一方で、葛西市長が矢継ぎ早に打ち出す施策の根幹には市民主権という発想があるだけに、市民が直接施策について聞き学ぶ場をつくろうと動けば実現する可能性があると思いますし、それがあれば「質問」するだけの議会は不要という風潮ができてくると思います。
知己ある議員にはそこまでの危機感を持ってほしいと思いますが、素浪人だからこそ感じるものを次の自分のために大事にしていかなくてはなりません。

2013.06.18

「やすらぎ館」になってよかったこと

弘前市・岩木町そして相馬村の3市町村合併で戦略的重点プロジェクトとして約束された「相馬やすらぎ館」建設ですが、合併から7年経ってようやく3/24に落成開設となりました。
相馬村時代の壮大な計画からすれば規模縮小したのは関係者としては少々残念ですが、ハード面では老朽化した役場と旧開発センターの建て替えによる行政機能の集約、御所温泉のリニューアルによって活用されているのは何よりですが、今回開催された「やすらぎ館セミナー」でソフト面での価値が確認できましたので、ぜひお伝えしたいと思います。

IMG_6732

今回は、昨秋の野田村での珈琲茶会以来さらにご縁の深まった成田専蔵先生が講師でいらっしゃるということなので馳せ参じたのですが、30名近い参加者それもいつものお母さん方にまじって同年代より下のママさんから最年少は20代という幅広い年代だったのは、やはり珈琲というテーマ設定が集客につながったのだと思います。
専蔵先生は例によって明るく熱く珈琲の魅力と課題を語り、後半にはおいしい珈琲を入れる実習もあって、皆さん楽しんで盛り上がったセミナーとなりました。

IMG_7094

今までの村内の公民館事業でこれだけ人が集まり楽しめたというのは寡聞にして知りませんが、これは何といっても4月から中央公民館相馬館・館長が専任で配置に復し、これで独自の事業に注力できる体制となり、またそれができる方が配属されたのが大きいと思います。
それは、市の職員として以上にもう一つの顔で躍動する姿に接する機会が多い方であり、別のチームから羨望の目で見てきた私としては、本当にいい方に来ていただいたと思っています。
ぜひ、ご自身でのYOSAKOIセミナーも開催してください、伊藤館長。(笑)

2013.06.09

参加してわかる健康プロジェクトの意義

昨年12月からスタートした、2年目の相馬地区健康プロジェクトに参加し、ようやく最後の健診まで完走することができました。
元々は弘大医学部の中路重之先生が岩木町時代から取り組んでこられたものを、相馬地区でも実施することになったものですが、町会長となって参加案内を回す立場になったので参加することにしたのですが、最初の健診で2時間がかりで本当に細かいところまでデータを取るのに驚き、毎週行われる健康教室ではアップルストレッチからアップル体操で体を温め、チューブやボールでの運動からステップでの有酸素運動に音を上げながらも所用で3回休んだだけで乗り切って、最後の健診となったわけです。

参加して印象に残ったのは、中間の健診も含めて3回とも責任者である中路先生が顔を見せていたばかりでなく、弘大医学部が全面的に協力していることもあって大学院に在籍しているアーチェリーのメダリスト山本博さんまで現場対応されていましたし、市で養成した健幸リーダーの方や保健師が毎週の教室で指導にあたり、まさに官学民あげてのプロジェクトだということでした。
また、2年目となる相馬地区では倍の登録者であったばかりでなく、実際に毎週40名前後の参加者をキープし、チューブやステップの回数も他よりハードだとほめられるほど皆さん熱心に取り組んでいたのに、稀少価値ある男性として参加できて何よりでした。

旧知の中路先生には、お世辞抜きでアップル体操を市内全部の小学校でも取り入れてほしいと話しましたが、これも参加して体験しないとわからないことですし、本当に参加してよかったと思っています。
これを市全体に実施エリアを拡げ、さらに幅広く年代や性別を超えて参加を進めていくべきだと思いますが、それを直接自分でできない立場であることに切歯扼腕するばかりです。

« 2013年5月 | トップページ | 2013年9月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ