« 津軽が忘れてはならないこと | トップページ | 参加してわかる健康プロジェクトの意義 »

2013.05.28

憲法を考える上で、津軽の若者に伝えたいこと

戦国時代から徳川幕府の成立、幕末から明治維新という二つの大きな節目の中で、津軽が学ぶべきこと忘れてならないことを書き連ねましたが、もう一つの大きな節目である日中戦争から敗戦までの中で忘れてはならないことがあるのは、さらに知られていませんし、今日市立図書館で書物を渉猟してもまとまったものがないと確認できましたので、私が知っている知識の断片を紹介します。

だいぶ前に書いたとおり、私の祖父は憲兵の職を投げ打って満州国侍従武官長を務めた板柳町出身の工藤忠氏に縁戚を頼って渡満し、聞いたところでは首都・新京市の初代警察署長からはじまって満鉄系の国策会社などで幹部として働いた経歴の人間でした。
そのため、私が生まれて母が「直樹」と命名したのを聞いて、満州で世話になった人の名だと喜んだのだそうですが、それは当時「二き三すけ」と呼ばれた満州国建設の立役者の一人、星野直樹をさしてのことだったようです。ちなみに、「き」のもう一人は東条英機、「すけ」の一人は安倍晋三首相の祖父・岸信介です。

このルート以外に、満州国建設に五族協和の夢を描いてわたった人も多く、そこには明治期以来の名家・伊東家の出身で東京帝大史学科を卒業し、北一輝・大川周明などとも交遊し、石原莞爾の「最終戦総論」には名前が出てくるほど思想的影響を与えた伊東六十次郎が満州国に長くかかわったことも大きな要因です。
当時の弘前では、渡満した人々ばかりでなく、養生会が東亜連盟弘前支部として大々的に活動し、そこには戦後弘前の市政教育に大きく貢献した小田桐孫一・鳴海修などの著名な方々の若き日の姿もあったようです。
六十次郎氏は戦後11年間ものシベリア抑留を経て帰国し、その後も最終戦総論とは戦争がなくなる社会の実現であるとの趣旨にもとづいた主張を続けたのですが、石原莞爾に連なる思想であることからか弘前においても隠されたような存在であり、まとまった評伝も存在しないようです。

一方、祖父の話に戻ると、不敗の皇国日本を信じていたようで、工藤氏が満州を去っても敗戦までとどまっていたのですが、満州国の理想である五族協和を地で行く接し方をしていたおかげで他の日本人の家が焼き討ちにあう中で「三上さんだけは、よくしてくれた」と助けてもらって引き揚げることができたのだそうです。
祖父は敗戦当時39歳であったのですが、理想の喪失と敗戦のショックからか公職追放が解かれた後も元々不和であった曾祖父が仕切る農家の仕事をすることはなく、議員や教育委員の特別職をしながら孫である私に書や将棋を教えて晩年を過ごしていたのを覚えていますが、軍隊時代の雪中行軍の追悼演習の話はしても戦争や満州のことは何も語らなかったのには、それだけの意味があると思います。
今、祖父の悲願と改憲に突き進もうとする安倍総理ですが、私は同じ満州国に縁を持つ者として、理想を持って設立したといってもまごうことなき侵略行為であり、その結末として多くの戦死者・抑留者・残留孤児を生み出してしまった行いを追慕回帰しようとする姿勢は、歴史に学べない者の態度だと思いますし、それは岸信介がA級戦犯とされながらも復権したことの受けとめ方に生まれつきの間違いがあるのだと思っています。

ところで先日、JC主催の憲法アクションDaysがありましたので、このことをふまえた発言をしましたが、同年代の津軽の若者が満州国に夢を追ったこと、戦争で多くの仲間を失ったことが伝わらずにきた中で、時代の流れで改憲へとハンドルを安易に切ろうとするのを止めるのが、先輩であり歴史を学んだ当事者の子孫のすべきことだと思っています。
JC諸君、いつでも憲法のこと戦争のことを語り合いますよ。

« 津軽が忘れてはならないこと | トップページ | 参加してわかる健康プロジェクトの意義 »

戦争と平和」カテゴリの記事

歴史・文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/57477800

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法を考える上で、津軽の若者に伝えたいこと:

« 津軽が忘れてはならないこと | トップページ | 参加してわかる健康プロジェクトの意義 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ