« 本当に思いを受けとめるために | トップページ | 「遺体」に思い知らされたこと »

2013.03.31

「津軽衆の日」がつないだもの

あの3.11から20日となる2011.03.31に、津軽からの官民あげての最初の大規模部隊「津軽衆有志野田村支援隊」が、それまでほとんど縁のなかった野田村へ大型バスを先頭に入りました。
私にとっても最初の野田村行きでしたが、まさか110回を超えるまで往復することになるとは思わず、何ができるでもなく呆然としていたのを思い出します。
これが津軽弘前にとって震災支援の第一歩を刻んだ記念の日であり、野田村との絆そして今後とも交流を続けていく約束の日として、これまで一芸を持って野田村を訪問してくださった方々を一堂に会するイベント「津軽衆の日」を開催しました。

小田村長のごあいさつに葛西市長からのメッセージで開会し、追悼の思いを乗せた佐藤ぶん太、「祈り」の独奏からはじまって、五代獅子舞保存会・寺田北城さんの指笛から渋谷和生さんと和三弦会が前半のメイン、鈴木秀次さんのパフォーマンスが進む中で横笛ギネス実行委員会の囃子・佐藤ツリばっちゃと津軽昔コ村の皆さんで昔話・古川里美さんのマンドリンに、葛西悟・愛子さん夫妻には野田村の合唱サークル「コールわさらび」との共演で、最後は全員が舞台に上がっての「ふるさと」がフィナーレでした。
そこで私がお礼のあいさつをして、エピローグとして佐藤ぶん太、に再び「希望の粒」を吹いてもらう段取りでしたが、さすがに高揚しすぎて一度は忘れて降壇しそうになる失態を、2年前の奇跡同様の見事な笛の音で感動のエンディングにしてもらったので、集まってくださった野田村の方々からの温かいお礼とあわせて、涙なしにはいられませんでした。

IMG_6792

これで2年の節目を自画自賛ながら見事に無事に終えることができて、補助椅子まで満席の大型バスで帰途についたのですが、途中からアコーディオンの斎藤さんの勢いにつられて、ぶん太、の笛に本番では演じなかったツリばっちゃの昔コ、北城さんの指笛に新高校1年生の山口百恵メドレーまで飛び出して、失礼ながら本番以上の盛り上がりで、バスはひっくり返りそうなにぎやかさでした。

この時に思ったのは、野田村の皆さんのための「津軽衆の日」でしたが、同じ目的のために集まったさまざまな津軽の人間がつながるための場であったということでした。
野田村のため、そして津軽のための活動を、これからも続けていきたいと思います。

« 本当に思いを受けとめるために | トップページ | 「遺体」に思い知らされたこと »

イベント・まつり」カテゴリの記事

震災支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/57149199

この記事へのトラックバック一覧です: 「津軽衆の日」がつないだもの:

« 本当に思いを受けとめるために | トップページ | 「遺体」に思い知らされたこと »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ