« 最高の野田村、最低の総選挙 | トップページ | 町会長の本分を果たす »

2012.12.29

「かつての仲間」の揶揄を借りて、思いを伝える

22日の野田村での活動、23日のステイサポートの津軽金山焼ツアーに相馬ねぷた愛好会の総会懇親会と続いた疲れが出たせいか体調を少々崩した中で、毎日の雪かきと年賀状印刷に明け暮れていたため、情報発信はもとより情報収集には手も回らずにいたのですが、今になってクリスマスイブという聖なる夜に邪悪なBlogを書かれていたのを発見し、さすがに堪忍袋の緒が切れてしまいました。

その張本人は、私のことを「かつての仲間」という今泉昌一市議でして、今年読んだ本 ベスト10(上)という記事の中で、『僕はお父さんを訴えます』という本の内容はたった一行、その後数行にわたって長慶会騒動で私がしたことについて揶揄しています。
確かに、前期の相馬前市長からは「四人組」と露骨に嫌われるほど共闘していたのですが、葛西市長誕生後の最後の1年で意を異にすることが出てきて、「口利きシンポジウム」事件で広報掲載に今泉市議が関与していたという疑念を表明したのが決定的な溝を生むことになり、先方から絶縁を申し渡されたという経緯があります。
それは既に過去の問題であり、ましてや当落の境をへだてて今は素浪人の身である者をつかまえて再三にわたって批判を繰り返されていまして、何をもっての妄動なのか理解に苦しむばかりですが、一方的な批判の矢は自分と主張行動をともにしない市議に向けられることもあり。自分で勝手に敵を作りたがっているようにしか見えません。
ましてや、ご自分のポリシーとして「損得でなく善悪で判断します」とのたまわっているはずですが、長慶会騒動でいえば役員会を開かずに議事録を作成していたのは親と同罪で不適正な処理をしていたことを私自身認めていますが、最大の問題である役員日当の業務上横領は親の側だけで行った悪業であり立派な犯罪なのですから、善悪という基準に照らしてどちらの立場に立つべきか自明のはずですが、私に関しては適用しないのか、はたまた善悪と正邪は違うということなのでしょう。

この件では、親との仲直りを勧められたり、一歩引いて親を立てておきなさいという苦言をいただくことが未だに多いのですが、親孝行つまり「孝」という徳目より「義」という正邪に重きを置くべきだというのが私の根本姿勢ですし、法治主義の根幹であると信じているだけに曲げるつもりはありません。
このことはどこかで言わなければならないことだったのですが、この機会に明らかにすることができましたので、怒りとともに感謝の意をお伝えしておきます。

« 最高の野田村、最低の総選挙 | トップページ | 町会長の本分を果たす »

思い」カテゴリの記事

政治活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/56414858

この記事へのトラックバック一覧です: 「かつての仲間」の揶揄を借りて、思いを伝える:

« 最高の野田村、最低の総選挙 | トップページ | 町会長の本分を果たす »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ