« 野田村でドリプラを! | トップページ | 「かつての仲間」の揶揄を借りて、思いを伝える »

2012.12.16

最高の野田村、最低の総選挙

先月唐突に決まった解散総選挙の日、私は今年最後の野田村でのイベントに向かいました。
今回は昨年11月に津軽弁川柳と指笛で楽しませてくださった寺田北城さんが弘前公園で仲間と「歌声広場」をやっているのを運んでいただいて、アコーディオンの斎藤さんの演奏に合わせて参加者にも年忘れで歌っていただこうという企画でした。
歌ばかりでなく、お二方の当意即妙な話術に笑いが絶えず、寺田さんからは簡単そうでタネが見えないマジックも披露してくれ、さらには9月には野田村を取材してNHKで放送された際にもテーマソングに使われた「花は咲く」を歌う場面があり、歌を通じて伝わる思いには涙がこらえられないものがありました。

本来はここで終わるはずだったのですが、最大の野田中仮設住宅で15:00から忘年会があると聞いたので、アポなしで集会所に飛びこみ、畑村町会長以下の皆さんの歓待で1時間以上も歌い語らうことができました。
さらには、帰りの道の駅での買い物の際にも寺田さんが指笛を吹いてくださったおかげで、一番顔を合わせていながら楽しんでもらう機会のなかったショップの職員さんにも喜んでいただくことができ、今年最後の訪問で一番多くの場面で楽しんでいただくことができたので、感謝感激で帰路につきました。

帰宅したのは投票終了直前でしたので、すぐに出口調査による予想議席数が発表され、それを上回る勢いでの自民党圧勝政権復帰が現実になってきました。
昨年の藤崎町長選以来、今回も当選した地元の自民党代議士とのご縁は絶っていますので、選挙にまったくかかわることのない近年にない平静な選挙期間を過ごすことができましたが、政権交代を成し遂げる原動力であったマニフェストを踏みにじり続けた民主党に投票する気にはなりませんでしたが、反TPPはさておき消費税増税・原発再稼働に国土強靱化の名の下に公共事業をばらまこうとし、さらには集団的自衛権や国防軍などと右翼丸出しの安倍晋三総裁率いる自民党が政権復帰する情勢というおぞましい報道が現実にならないことを願っていましたが、史上最低の投票率になるほどの政治不信の中で合ってはならない結果となってしまいました。
総理復帰が見えてきてからこそ笑わないインタビューに終始していた安倍総裁でしたが、その内容は景気や外交、予算編成には言及しても、震災復興や脱原発に関してはまったくふれることもありませんでしたし、聞く側からも質問がありませんでした。

これは世論調査での優先事項とも符丁があっているのですが、曲がりなりにも震災支援に取り組んできて、被災地でも避難移住者でも道しるべすら見えないような遅々とした復興の状況に切歯扼腕の思いの立場からは、大震災が忘れられ捨てられていく状況に危機感を感じます。
日中のイベントでの達成感と、震災を無視するのを確定的にするような政権交代への絶望感、あまりにも大きなギャップに立ちすくんでしまいますが、私のような者でも頼りにしてくださる方々のためにもできることを続けていくしかありません。

« 野田村でドリプラを! | トップページ | 「かつての仲間」の揶揄を借りて、思いを伝える »

政治活動」カテゴリの記事

震災支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/56335467

この記事へのトラックバック一覧です: 最高の野田村、最低の総選挙:

« 野田村でドリプラを! | トップページ | 「かつての仲間」の揶揄を借りて、思いを伝える »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ