« 48歳、「起行家」宣言! | トップページ | 最高の野田村、最低の総選挙 »

2012.11.13

野田村でドリプラを!

今年の3/10に初めて訪問して以来、野田村の最奥・日形井地区にある南部曲家の民宿「苫屋」さんにはランチを食べに行くというより、被災された方々の創作活動の支援にかかわる打ち合わせのために足しげく通う形になり、あっという間に坂本さんご夫婦とは懇意の仲になりました。
今回の訪問では、弘前大学教育学部の冨田晃先生と大学院の学生を案内し、仮設住宅のお父さん方の活動である「だらすこ工房」の作品やパッケージングにアイデアを出してもらいました。

本来は私が送り迎えする立場なのですが、前回おじゃました際に、「ちょうど12日は苫屋の20周年の祝宴があるので、この機会に泊まって、だらすこのお父さん方とも語らってください」という甘い誘いに当然のごとく乗ってしまい、運転が不慣れな冨田先生を見送って再び山道を上りました。
祝宴には約30名の方々が集い、川魚や手料理、地酒などを持ちより、早々に歌が飛び出したりと楽しい雰囲気で続きましたが、お父さん方以外はほとんど知らない方ばかりで、野田村の支援にかれこれ100回近く足を運んでも、まだまだ知らないことばかりであるのを実感しました。
それでも、何はともあれ坂本さんご夫婦のお祝いの輪に加わることができたのは、遠い隣村と思って通っってきたご縁のたまものと、うれしく酔うことができました。

IMG_6086

翌朝、ゆっくりと目を覚ましてヘルシーな朝食をいただき、自家焙煎のコーヒーをおかわりしながらご夫婦と改めて語らっているところに、車を置いて帰った「だらすこ」の大沢さん畑村さんが来たので、さらに話がはずみました。
ご夫婦と話していたのは、前夜の席にも若い人の姿がほとんどなく、これからの野田村を考えた時に若者にこそ夢を持って立ち上がってほしいのに、その兆しが見えないことでしたが、「だらすこ」のお父さん方も自分たちでもがんばっているところを見せて若い人を発奮させたいというのが根底にあるだけに、思いが共鳴し合って、ついつい長い語らいになってしまいました。

そこで提案したのは、野田村でドリプラをやりましょう!ということです。
今年のドリプラ青森大会のプレゼンターに下芋坪之典君=ユッキーがいます。彼とは数年前に八戸で会って以来のつきあいで、昨年の3/31にはじめて野田村に足を踏み入れた際に炊き出しや物資運搬に動いている姿を見つけ、思いがけない場での再会を喜び合ったのですが、先日のプレゼンで彼自身工場が被災していたのを初めて知り、あの時の思いにはじめてふれて驚きと感激で涙が止まりませんでした。
彼は商工会のつながりで同年代の野田村の若手リーダーも知っていますし、12月の世界大会での彼のプレゼンが終わったら、一緒に働きかけようと約束をしています。
その約束と、野田村で知り合った年長者の憂いを受けとめて、そして自分自身が夢にかかわるという貴重な機会をいただくために、ぜひ野田村ドリプラを実現させたいと思っています。

« 48歳、「起行家」宣言! | トップページ | 最高の野田村、最低の総選挙 »

起行」カテゴリの記事

震災支援」カテゴリの記事

コメント

野田村ドリプラを、応援します。ドリプラのWebサイトでも、ご紹介していきたいです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/56117841

この記事へのトラックバック一覧です: 野田村でドリプラを!:

« 48歳、「起行家」宣言! | トップページ | 最高の野田村、最低の総選挙 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ