« 市議会はジョッパル問題を理解していなかった | トップページ | 野馬追で見えてきたもの、見えなかった者 »

2012.09.16

お山参詣は津軽の原点

野田村やPTA活動の調整を重ねた結果、2年続けて相馬有志会での集団登拝に加わることができなくなったため、今年も朔日山に上ることになりました。

零時を期して自宅を出発し、8合目の駐車場で佐藤ぶん太、と登山囃子の仲間、有志会の嶋口会長や後輩の嶋口千速家族4人などで団体割引になる人数でリフトに乗り、標高1470mの9合目から頂上をめざしましたが、3連休のど真ん中なおかつ好天が続いているという絶好の条件が重なったこともあって、渋滞と言えるほどのゆっくりしたスピードになったのは、老体には救いでした。
それでも30分ほど前に登頂して奥宮に参拝し、待ちわびた甲斐あって真っ赤なご来光を拝むことができました。本当にすばらしかったです。
津軽の象徴である岩木山の360度のパノラマからは、白神山地も日本海も津軽平野も見渡すことができ、参詣の行事ばかりでなく岩木山そのものが津軽の原点であるのを再確認できました。

IMG_5749

ところで、今回の一行にはトレンディ俳優として一世を風靡した風間トオルさんが「日本百名山」の特集番組の取材で有志会の集団登拝から参加していたそうで、8合目で名前の入った幟旗を見た時は冗談かと思いましたが、一緒に上っている際の深い関心を示す会話やストイックな行動ぶりには感心するばかりでした。
きっといい取材いい番組になると期待していますし、そこで相馬のよさも伝われば言うことなしです。

IMG_5754

しかし残念なのは、その大事な行事に「ひろさき卍フェスティバル」や「カルチュアロード」がかち合っていたことです。
旧暦8月1日を動かすわけにはいかないわけですから、人為のイベントは次の連休に調整する配慮が市にはほしかったと思いますし、先述の風間さんの番組のことも市では情報をつかんでいなかったようで、何を大事なのかを考えてもらいたいものです。

« 市議会はジョッパル問題を理解していなかった | トップページ | 野馬追で見えてきたもの、見えなかった者 »

イベント・まつり」カテゴリの記事

弘前市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/55684058

この記事へのトラックバック一覧です: お山参詣は津軽の原点:

« 市議会はジョッパル問題を理解していなかった | トップページ | 野馬追で見えてきたもの、見えなかった者 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ