« 「市民の歌」もノーですが、人格批判は許しません | トップページ | オールであるより、野田村の思いに沿ったかかわりを »

2012.06.16

大森勝山遺跡、世界文化遺産への第一歩

野田村の皆さんとの楽しいツアー初日を終え、前泊のために目を通していなかった地元紙を見ると1面で大森勝山遺跡が国史跡に指定されたのが大きく報じられていまして、ついつい「やった!」と大声を上げて家族から相変わらずのいぶかしい視線を浴びてしまいました。
この遺跡に関しては、福祉の修業先であった特養三和園に通勤する途上に看板があったので20年前から知っていましたが、2008年の発掘調査で縄文晩期の環状列石という他には見られない遺跡が含まれていることがわかり、私も一般公開の際に見学して以来、国史跡さらには世界文化遺産への登録に向けての動きを一般質問だけでなく予算決算の審議において必ず取り上げてきただけに感慨深いものがあります。

そのせいで担当課である文化財保護課にとってはやっかいな存在だったろうと思っていたのですが、公開の際の課長であった大谷前教育部長からも聞き取りに来た経験のある職員からも、自分たちの仕事に関心を持ってもらっていることへの緊張感と感謝があったという話を聞いたことがあり、質問することの意義を考え直すのにつながったテーマでもあっただけに、日本史学科卒の歴史好きとしても議員という立場にとっても大事な存在でありました。

Img 2445

これから世界文化遺産のリストに加えてもらうのは葛西市長をはじめとする行政サイドの仕事ですが、それを後押しする活動を市民として展開していきたいと思っています。
世界に冠たる自然遺産として白神山地も大事ですが、何といっても津軽の象徴である岩木山麓で1万年も続いた遺跡の持つ意味は大きいものですし、津軽の古代史そして岩木山の原初信仰にかかわる遺跡のことだけに、まずは岩木山を考える会で再会させていただいた母校の恩師の方々に相談し、何ができるか何をすべきか考えたいと思います。

« 「市民の歌」もノーですが、人格批判は許しません | トップページ | オールであるより、野田村の思いに沿ったかかわりを »

思い」カテゴリの記事

歴史・文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/55009508

この記事へのトラックバック一覧です: 大森勝山遺跡、世界文化遺産への第一歩:

« 「市民の歌」もノーですが、人格批判は許しません | トップページ | オールであるより、野田村の思いに沿ったかかわりを »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ